日本の伝統的な暮らしで心おだやかに

nagomeru(なごめる)

お清め

日本7霊山と世界7霊山

投稿日:

日本七霊山

日本七霊山とは、日本古来の山岳信仰や信仰登山の盛んな7つの山を指します。単に「七霊山」は「七霊峰」とも呼ばれることがある。

一般的に、日本三霊山とされる、

富士山(静岡県、山梨県)
立山(富山県)
白山(石川県、岐阜県)
の3つの山に、

大峰山(奈良県)
釈迦ヶ岳(奈良県)
大山(鳥取県)
石鎚山(愛媛県)
の4つの山を加えたものである。

世界7霊山

世界最高峰のエベレスト、日本の富士山、ペルーのマチュピチュ、エジプトのシナイ山、タンザニア・ケニアのキリマンジャロ、アメリカのセドナ、そして、マウント・シャスタが、世界7霊山であると言われている。

ヒマラヤ聖者達の拠点である世界最高峰のエベレストをはじめ、日本を代表する霊山の富士山、古代空中都市ペルーのマチュピチュ、モーゼが十戒を授かったエジプトのシナイ山、タンザニア・ケニアのキリマンジャロ、そして、アメリカのセドナとネイティブアメリカンの部族の聖地であったマウント・シャスタのことです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ma-ko

科学の世界にどっぷりとつかり、企業で研究者の道を進んでいったものの。昔から神様が身近にいたことに気付く。 趣味のお城めぐりと一ノ宮めぐりをするうちに徐々に神話の世界と心の平穏について考えるように。現在はフリーランスのWEBディレクターとして楽しんでいます。

-お清め

Copyright© nagomeru(なごめる) , 2019 All Rights Reserved.