TAG

八百万の神

天児屋根命(あめのこやねのみこと)

天児屋根命(あめのこやねのみこと)とは 天照大御神が天岩戸に隠れてしまったという神話において、天児屋根命は布刀玉命と共に再び天照大御神が姿を表すように祈りを捧げていた神様です。 天児屋根命は祝詞を奏上していた神様。 名前の「コヤネ」は元々は「言綾根」という意味であったとされます。「綾なす」と使用されるこの文字は、美しいとか綺麗であるという意味をあらわします。つまり、「コヤ」の部分で綺麗な言葉を発す […]

八百万の神(やおよろずのかみ)の考え方が意味すること

八百万の神の意味とは 日本の神様は八百万の神という説明を聞いたことがある方は多いはず。 八百万という数は数が多い例えであり、すべてのものに神様が宿っているんだということの例えで使われている表現です。 この八百万という単語は日本最古の歴史書ともされる『古事記』に使われているものです。上巻の「天の岩戸」の段にある「八百万神、天の安の河原に神集ひ集ひて」と記述がされている。類似の語に八十神(やそがみ)、 […]