CATEGORY

日本の神様

同じ名前の神社があるのはなぜなの?八幡神社と稲荷神社が多くなる理由

神社参拝を本格的にはじめると、早い段階で似たような名前の神社がいくつもあるのに気が付きます。 東京を歩いている方なら八幡神社や稲荷神社が多いように感じるでしょう。東海地方の方は浅間神社や愛宕神社、北陸なら白山神社、諏訪神社という感じでしょうか。 このような同じ名前の神社がたくさんあるのは、神様はひとつしかないのに不思議ですよね 同じ名前の神社が存在する理由 同じ神社の名前や神様が各地に存在するのは […]

保食神(うけもちのかみ)は食物と農耕の神様

保食神(うけもちのかみ)は食物の神様。日本神話には、食物の起源と農耕濃の起源の話が多くあり、この中には保食神、大宜都比売おおげつひめ、和久産巣日神わくむすびのかみが登場する。 その中でも保食神のウケと大宜都比売のゲツは、食べ物の意味。この共通点から2神は同一の神様とされることもあります。 保食神の神話について 天照大御神に命じられた月読命がたずねてきた時に、保食神はその能力を使って食べ物をご馳走す […]

大山咋神(おおやまくいのかみ)

大山咋神の信仰について 丹波後は湖の底に沈んでいたといいます。大山咋神はその湖を干上がらせることによって、人が住める土地を作ったとされます。この新しい土地に住むことになった人々が感謝の気持ちを込めて祠を作ったのが大山咋神の信仰の始まりになったそうです。 また、古事記においては、現在の比叡山と京都の松尾に鎮座しており、。古事記には日枝山と記載されているが、これは比叡山全体ではなく里山である八王子山の […]

邇藝速日命(にぎはやひのみこと)

邇藝速日命(にぎはやひのみこと)とは 神武天皇の神武東征において大和地方の豪族である長髄彦ながすねひこが治めていました、その時に登場する神様が邇藝速日命です。邇藝速日命は最初は神として登場します。最初は長髄彦に協力する形で一緒にいたのですが、神武天皇に正当性を見出した邇藝速日命は、長髄彦を亡き者にして神武天皇を主として従うことになったそうです。 ちなみに邇藝速日命は神武天皇が大和へ来る遥か前に高天 […]

天児屋根命(あめのこやねのみこと)

天児屋根命(あめのこやねのみこと)とは 天照大御神が天岩戸に隠れてしまったという神話において、天児屋根命は布刀玉命と共に再び天照大御神が姿を表すように祈りを捧げていた神様です。 天児屋根命は祝詞を奏上していた神様。 名前の「コヤネ」は元々は「言綾根」という意味であったとされます。「綾なす」と使用されるこの文字は、美しいとか綺麗であるという意味をあらわします。つまり、「コヤ」の部分で綺麗な言葉を発す […]

天之御中主神(あめのみなかぬし)

天之御中主神(あめのみなかぬし)とは? 天之御中主神は日本神話における最高神で、宇宙の始まり、もしくは宇宙そのものを象徴する存在だと考えられています。「天」は宇宙、「御中」は真ん中、「主」は主人という意味。つまり天之御中主神は、宇宙の中心に存在し、主人として支配をおこなう神様ということになります。しかし、天之御中主神が登場する神話は、誕生に関してのものだけで、何かをおこなったというエピソードはまっ […]

月読命(つくよみのみこと)

月読命(つくよみのみこと)とは? 月読命は、伊邪那岐命と伊邪那美命の子供で、姉に天照大御神、弟に建速須佐之男命を持つ神様です。 伊邪那岐命は黄泉の国がら帰ってきたとき、穢れを祓うために禊を行ったといいます。禊の最後に顔を洗うと、左目からは天照大御神、右目からは月読命、そして鼻からは建速須佐之男命が誕生。この三姉弟は三貴子と呼ばれ、伊邪那岐命と伊邪那美命の子供たちの中でもっとも尊いとされる神様です。 […]

建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)

建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)とは? 建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)は、伊邪那岐命と伊邪那美命の子供たちの中でもっとも尊いとされる三貴子のうちの一柱です。 伊邪那岐命は三柱の神様それぞれに高天原・夜の食国・青海原を治めるように命じました。 建速須佐之男命は青海原を治めるよう命じられますが、これを拒否。母がいる根の国に行きたいと泣き叫び天地に災いをもたらしたため、伊邪那岐命に […]

少名毘古那神(すくなびこなのかみ)

少名毘古那神(すくなびこなのかみ)とは? 少名毘古那神は一寸法師のモデルだともいわれる、とても小さな神様です。 穀物・医薬・酒造・温泉などの豊富な知識を人々に伝えたことから、広く信仰を集めています。世界が始まったとき、天の国である高天原に造化の三神と呼ばれる神様が出現。少名毘古那神は、その中の一柱である神産巣日神の子どもだとされています。 文献によっては、神産巣日神と同時に現れた高皇産霊尊の子ども […]

建御雷之男神(たけみかづちのおのかみ)

建御雷之男神とは? 建御雷之男神は、伊弉諾尊が使っていた剣の神様である天之尾羽張の子ども、もしくは子孫だとされています。 伊弉諾尊が火之夜芸速男神という火の神様を斬ったときに、天之尾羽張に付いた血からは火・雷・刀にかかわる神様が生まれてきたのだそう。 その内、剣のつばの部分に付いた血が飛び散って生まれたのが、甕速日神・樋速日神・建御雷之男神の三柱。 甕速日神の子どもが樋速日神、さらにその子どもにあ […]