CATEGORY

日本の神様

建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)

建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)とは? 建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)は、伊邪那岐命と伊邪那美命の子供たちの中でもっとも尊いとされる三貴子のうちの一柱です。 伊邪那岐命は三柱の神様それぞれに高天原・夜の食国・青海原を治めるように命じました。 建速須佐之男命は青海原を治めるよう命じられますが、これを拒否。母がいる根の国に行きたいと泣き叫び天地に災いをもたらしたため、伊邪那岐命に […]

少名毘古那神(すくなびこなのかみ)

少名毘古那神(すくなびこなのかみ)とは? 少名毘古那神は一寸法師のモデルだともいわれる、とても小さな神様です。 穀物・医薬・酒造・温泉などの豊富な知識を人々に伝えたことから、広く信仰を集めています。世界が始まったとき、天の国である高天原に造化の三神と呼ばれる神様が出現。少名毘古那神は、その中の一柱である神産巣日神の子どもだとされています。 文献によっては、神産巣日神と同時に現れた高皇産霊尊の子ども […]

建御雷之男神(たけみかづちのおのかみ)

建御雷之男神とは? 建御雷之男神は、伊弉諾尊が使っていた剣の神様である天之尾羽張の子ども、もしくは子孫だとされています。 伊弉諾尊が火之夜芸速男神という火の神様を斬ったときに、天之尾羽張に付いた血からは火・雷・刀にかかわる神様が生まれてきたのだそう。 その内、剣のつばの部分に付いた血が飛び散って生まれたのが、甕速日神・樋速日神・建御雷之男神の三柱。 甕速日神の子どもが樋速日神、さらにその子どもにあ […]

天津神(あまつかみ)と国津神(くにつかみ)はどう違う?

天津神とは 天井にある高天原から遣わされた伊奘諾尊伊奘冉尊の夫婦の神様。最初に国生みと呼ばれる日本の土地をつくることを行いました。その後、数多くの神様を産みます。この系譜の神々を全て天津神と呼びます。また邇邇芸命など天孫降臨する神々も天津神となります。 天津神の代表的な神様 伊邪那岐神・伊邪那美神 天照大御神 天忍穂耳命、邇邇芸命、思金神、建御雷神、天手力男神、天児屋命、天宇受売命、玉屋命、布刀玉 […]

大年神(おおとしのかみ)

大年神(おおとしのかみ)ってどんな神様? 大年神は大国主神の国土運営を助けた穀物の神様です。 父神は須佐之男命、母神は大山津見神の娘である大市比売になります。神様の名前のトシとは穀物という意味で、特に稲のことを表している。須佐之男命から続いている農耕神の系譜になるため、兄弟神して穀物の神様である宇迦御魂神がいる。 大年神は日本各地で「大歳さま」「年神さま」などと呼ばれて祀られています。 正月に迎え […]

玉依姫命(タマヨリビメノミコト)

画像:玉前神社所蔵 タマヨリビメの姉はトヨタマヒメでこの神様は出産の時に本来の姿であるサメに戻ったところを、夫であるヤマサチヒコに見られてしまいます。このことを恥じたトヨタマヒメは海に帰ってしまいました。生まれた子供を養育したのがタマヨリビメ。後にウガヤフキアエズノミコトの妻となり、天皇家の系譜となる初代天皇である神武天皇もうけたとされています。 玉依姫命の玉依は霊依(タマヨリ)で、タマは神霊(タ […]

八百万の神(やおよろずのかみ)の考え方が意味すること

八百万の神の意味とは 日本の神様は八百万の神という説明を聞いたことがある方は多いはず。 八百万という数は数が多い例えであり、すべてのものに神様が宿っているんだということの例えで使われている表現です。 この八百万という単語は日本最古の歴史書ともされる『古事記』に使われているものです。上巻の「天の岩戸」の段にある「八百万神、天の安の河原に神集ひ集ひて」と記述がされている。類似の語に八十神(やそがみ)、 […]

天之忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)

天之忍穂耳命ってどんな神様? 正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみことは、高天原を治めていた天照大御神の息子で、初代天皇の曽祖父だといわれる瓊瓊杵尊の父親でもある神様です。 天照大御神は、弟の須佐之男命に自分が潔白ならば男神が生まれるという誓約(うけい)を提案されました。誓約とはある事柄を宣言してからおこなう占いのようなもの。天照大御神が須佐之男命から受け取った剣 […]

神様のランクがあったって知ってた?神社の由緒をさらに楽しむ方法

神様のランクは神階といいます 日本の神様は多く存在しますが、実は神様にはランクがあったのをご存知でしょうか。 現在は廃止されていますが、古代から明治時代までの長きに渡って神様のランクは存在していました。この神様ランキングは位階という地位や身分の序列を表すもので、通常は役人に対して地位を表すために付けられていました。神様にも同様に身分があると考えられ「神位」とか「神階」という名前でランク付けされてい […]

日本昔話やおとぎ話に関係のある神社|桃太郎・浦島太郎など

日本の歴史をみてもかなり初期の段階から神社や神話は存在して、人々に伝えられてきたこともあり私たちが子供のころによく聞いた昔話のルーツが神社であることもあります。 今回はおとぎ話の元になった、昔話と関係のある神社について紹介します。 桃太郎と関係のある神社は「吉備津神社」 桃太郎と言えばきびだんご。きびだんごが名物の土地は岡山県ですね。 そうなんです。 桃太郎伝説と関わりのある神社は備中国一ノ宮とし […]