日本の伝統的な暮らしで心おだやかに

nagomeru(なごめる)

日本の神様

玉依姫命(タマヨリビメノミコト)

更新日:

画像:玉前神社所蔵

タマヨリビメの姉はトヨタマヒメでこの神様は出産の時に本来の姿であるサメに戻ったところを、夫であるヤマサチヒコに見られてしまいます。このことを恥じたトヨタマヒメは海に帰ってしまいました。生まれた子供を養育したのがタマヨリビメ。後にウガヤフキアエズノミコトの妻となり、天皇家の系譜となる初代天皇である神武天皇もうけたとされています。

玉依姫命の玉依は霊依(タマヨリ)で、タマは神霊(タマ)、ヨリは人間に(憑依する)という意味で、神霊が憑依する女性という意味の名前です。巫女全般のことを指すこともあり、元々は神様の名前ではなく巫女的な霊性一般を指していたとされます。

玉依姫命に関係のある神様

綿津見神(わたつみのかみ):父にあたる神様

トヨタマヒメ:姉にあたる神様

ウガヤフキアエズノミコト:夫にあたる神様

神倭伊波礼毘古命(かむやまといわれびこのみこと):子にあたる神様

別名

玉依日売・玉依日女(たまよりひめ)

ご利益

子宝・安産守護・豊作豊漁・殖産興業・商売繁盛・開運・方位除け・悪病・災難除け

祀られている主要神社

霧島神宮(鹿児島県霧島市)

宮崎神宮(宮崎県宮崎市)

高千穂神社(宮崎県西臼杵郡高千穂町)

賀茂御祖神社(京都府京都市)

吉野水分神社(奈良県吉野郡)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ma-ko

科学の世界にどっぷりとつかり、企業で研究者の道を進んでいったものの。昔から神様が身近にいたことに気付く。 趣味のお城めぐりと一ノ宮めぐりをするうちに徐々に神話の世界と心の平穏について考えるように。現在はフリーランスのWEBディレクターとして楽しんでいます。

-日本の神様
-

Copyright© nagomeru(なごめる) , 2019 All Rights Reserved.