日本の伝統的な暮らしで心おだやかに

nagomeru(なごめる)

日本の神様

思金神(おもいかねのかみ)

更新日:

思金神といえば天の岩戸の場面で活躍する神様として有名です。

最近では学問の上達や入試合格の神様として、あるいは発明の神様として受験生からエンジニアまで幅広い知識を重要とする方々に信仰されています。人間の能力のうち知恵・才能を神格化した神様であり、オモイカネを祀る神社では家運隆盛や出世運などのご利益があるとされます。

神様界の司令塔・賢さで大きな影響力を持つ

天の岩戸神話での活躍が有名なオモイカネ。何をした神様かというと、天の岩戸に隠れた天照大御神を再び表に出てきてもらい、太陽の力を復活させるために策略を立てた神様。いろいろなアイディアを考えて、

岩戸の前で常世の国から来た長鳴鳥ながなきどりを鳴かせ、鍛冶と玉造の神様に鏡や勾玉を作らせて立派な玉串を製作。その後で玉串と祝詞を捧げながら、大神を褒め称える儀式を行いました。最後には天宇受売命の色っぽい踊りで関心をひき、岩戸をアマテラスに開けさせて、手力男神に引っ張りだしてもらうというもの。これが成功したことで、オモイカネはさらなる信頼を得たといいます。

オモイカネと関わりの強い神様

・高御産巣日神(たかみむすびのかみ)(父)

・萬幡豊秋津師比売命(よろづはたとよあきつしひめのみこと)(おば;古事記では高御産巣日神の妹、妹;日本書紀より)

天の岩戸・天孫降臨に関係する神様

①天児屋命(あまのこやねのみこと)、布刀玉命(ふとだまのみこと)、天宇受売命(あめのうずめのみこと)、伊斯許理度売命(いしこりどめのみこと)、玉祖命(たまのおやのみこと)の五伴緒(いつとものお)

②邇邇芸命(ににぎのみこと)、手力男神(あめのたぢからお)、天石門別神(あまのいわとわけのかみ)

別名

八意思兼神(やごころおもいかねのかみ)

天思金神・天思兼神(あめのおもいかねのかみ)

常世思金神(とこよのおもいかねのかみ)

八意思金命(やごころおもいかねのみこと)

御神格

知恵の神
学問の神

ご利益

技術向上・出世開運・入試合格

祀られている主要神社

秩父神社(埼玉県秩父市)

戸隠神社中社(長野県長野市)

天安河原宮(宮崎県高千穂町)

阿智神社(長野県下阿智村)

安布知神社(長野県下阿智村)

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ma-ko

科学の世界にどっぷりとつかり、企業で研究者の道を進んでいったものの。昔から神様が身近にいたことに気付く。 趣味のお城めぐりと一ノ宮めぐりをするうちに徐々に神話の世界と心の平穏について考えるように。現在はフリーランスのWEBディレクターとして楽しんでいます。

-日本の神様
-

Copyright© nagomeru(なごめる) , 2019 All Rights Reserved.