日本の伝統的な暮らしで心おだやかに

nagomeru(なごめる)

日本の神様

大年神(おおとしのかみ)

更新日:

大年神(おおとしのかみ)ってどんな神様?

大年神は大国主神の国土運営を助けた穀物の神様です。

父神は須佐之男命、母神は大山津見神の娘である大市比売になります。神様の名前のトシとは穀物という意味で、特に稲のことを表している。須佐之男命から続いている農耕神の系譜になるため、兄弟神して穀物の神様である宇迦御魂神がいる。

大年神は日本各地で「大歳さま」「年神さま」などと呼ばれて祀られています。

正月に迎える歳神様と同一の神とされ、恵方神とも呼ばれることがあります。歳の変わりめに来てくださり、豊作を約束して家の安泰や反映を見守ってくれる神様です。

大年神の神話や伝説など

大年神は農民たちに牛肉を食べさせた大地主神に怒り、イナゴを田に放ってかれさせてしまいまったそう。大地主神は神意を尋ね、白いイノシシ、白い馬、白い鶏を献上して謝罪をしたそう。大年神はその謝罪を受け入れ、イナゴを除去する方法を教えたそう。

この伝承は「古語拾遺」という伝記に書かれているが、記念祭に大年神をまつる由来となっている。祭祀には白猪、白馬、白鶏が捧げられます。

ご利益

農業・漁業・商業の守護神・商売繁盛・家内安全

祀られている神社

飛騨水無神社(岐阜県高山市)

葛城御歳神社(奈良県御所市)

下谷神社(東京都台東区)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ma-ko

科学の世界にどっぷりとつかり、企業で研究者の道を進んでいったものの。昔から神様が身近にいたことに気付く。 趣味のお城めぐりと一ノ宮めぐりをするうちに徐々に神話の世界と心の平穏について考えるように。現在はフリーランスのWEBディレクターとして楽しんでいます。

-日本の神様

Copyright© nagomeru(なごめる) , 2019 All Rights Reserved.