日本の伝統的な暮らしで心おだやかに

nagomeru(なごめる)

日本の神様

少名毘古那神(すくなびこなのかみ)

投稿日:

少名毘古那神(すくなびこなのかみ)とは?

少名毘古那神は一寸法師のモデルだともいわれる、とても小さな神様です。

穀物・医薬・酒造・温泉などの豊富な知識を人々に伝えたことから、広く信仰を集めています。世界が始まったとき、天の国である高天原に造化の三神と呼ばれる神様が出現。少名毘古那神は、その中の一柱である神産巣日神の子どもだとされています。

文献によっては、神産巣日神と同時に現れた高皇産霊尊の子どもであるとも記されていて、その出生には様々な説があります。

「スクナビコナ」という名前は、共に国づくりをおこなった大国主神の別名「オオナムチ」と「少」「大」で対になった名前。「ナ」には「土地」という意味があります。

少名毘古那神の神話

大国主神が出雲の海岸に居るときに、海の向こうから小さな神様が天之羅摩船というガガイモ実の船に乗って現れました。

大国主神のお供の誰もその神様の名前を知りませんでしたが、多邇具久というヒキガエルの神様が、久延毘古というカカシの神様なら知っているはずだと進言。そこで、久延毘古に小さな神様の正体を尋ねたところ、神産巣日神の子どもの少名毘古那神だということがわかりました。神産巣日神もそのことを認めると、大国主神と少名毘古那神に協力して国づくりをおこなうことを命じたのです。

少名毘古那神は、穀物の栽培方法や穀物を守るおまじない、病気の治療方法、お酒の造り方などを広めて国づくりに貢献しました。

また、この旅の道中で数々の温泉が開かれたといわれています。道後温泉は少名毘古那神の病を癒やすために、大国主神が「速見の湯」を道後に引いてきたもので、元気になった少名毘古那神が踊った足跡が残っているそうです。

その後、少名毘古那神は国づくりの途中で熊野の御崎から海を渡って常世国に帰ってしまったとも、淡嶋で粟の茎に弾かれて常世国まで飛んで行ってしまったともいわれています。

その他のエピソード

少名毘古那神は、神道と仏教が合わさった神仏習合思想において薬師如来と同じ存在として信仰されています。

医薬・酒造・温泉など健康に関する知識を伝えた神様である少名毘古那神と、医薬を与え病気を治してくれる仏様である薬師如来。よく似た役割を持つ二つの存在が、仏教の薬師信仰が広まるにつれて重ね合わされていったようです。

その他に、七福神の一員として有名な恵比寿様と少名毘古那神を同一視する説もあるそう。海から流れ着いた神様だという共通点があることや、大国主神が同じ「ダイコク」の音を持つ大黒様と同一視されたことから、そのように考えられるようになったのでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ma-ko

科学の世界にどっぷりとつかり、企業で研究者の道を進んでいったものの。昔から神様が身近にいたことに気付く。 趣味のお城めぐりと一ノ宮めぐりをするうちに徐々に神話の世界と心の平穏について考えるように。現在はフリーランスのWEBディレクターとして楽しんでいます。

-日本の神様

Copyright© nagomeru(なごめる) , 2019 All Rights Reserved.