日本の伝統的な暮らしで心おだやかに

nagomeru(なごめる)

神社解説

巫女さんになりたい!どんな人が神社で働けるのか条件を調べてみた

更新日:

賑わいのある神社、人気の神社にお参りに行くとそこでは巫女さんがおみくじやお守り、破魔矢などの授与をしていたりする光景を見かけるでしょう。

特別な霊能力や教育を受けた人だけが巫女になれると思いますが、実際はかなり異なるようです。

巫女さんの条件について聞いてみた

巫女さんとして神社で働くための条件について、いくつかの神社に行ったときに聞いてみました。

すると大抵の場合には女子高校生や女子大学生のアルバイトであるそう。

新聞や地域の雑誌などで募集されたり、神社に巫女さん募集のチラシが貼ってあって連絡すると言う場合が多かったです。ただし、神社によっては常に神社で働く巫女さんがいらっしゃる場合もありました。この場合には神事の舞を奉納するというようなより本格的なサポートをする事がほとんどです。

ただし、このような常勤の巫女さんにおいても特別な資格が必要というわけではなく、神職のランクである階位もないのです。宮司さんの神ごとの補助をする存在として巫女さんというお仕事があるという位置づけになっています。

学生が巫女になったときの教育は?

アルバイトで巫女さんとして神社で働くときには、何日間かかけて研修を受けることがあります。そのときにはお守りをお渡しする時に「お守りは合計で1,000円になります」などと一般のお店のような口調ではなく「1,000円をお納めください」などと言い換えることなどの基本的な所作について教えてもらいます。

また、髪型などに特に指定はなくショートカットでも大丈夫です。ただし、髪の毛を派手に染めていたりピアスがついていたりと神社にふさわしくない格好の場合には雇ってもらえない可能性があるので注意しましょう。

巫女さんは神職のお手伝いをしていると認識して、笑顔や美しい言葉遣い、気持ちのいい挨拶など最低限のことができる方であれば一度試してみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、神社によりけりですが基本的には健康で未婚の女性が巫女さんになる条件としている場合もありますので、本気で巫女さんを経験したい方は20代のうちにチャレンジしておきましょう。

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ma-ko

科学の世界にどっぷりとつかり、企業で研究者の道を進んでいったものの。昔から神様が身近にいたことに気付く。 趣味のお城めぐりと一ノ宮めぐりをするうちに徐々に神話の世界と心の平穏について考えるように。現在はフリーランスのWEBディレクターとして楽しんでいます。

-神社解説
-

Copyright© nagomeru(なごめる) , 2019 All Rights Reserved.