日本の伝統的な暮らしで心おだやかに

nagomeru(なごめる)

城郭

岡城|荒城の月のモデルになった瀧廉太郎ゆかりのお城【大分県の日本100名城】

更新日:

またまた九州へ出張です。
今回は珍しく大分県がお仕事先になったので終わった後に観光してきちゃいました。
行くつもりはなかったので今回もスーツで回ってますw

電車で豊後竹田駅まで行き、そこから徒歩で山登りします。
この町は城下町が昔の雰囲気を残しており、とても風情があります。
お城の前にこの雰囲気ですから自然と期待度上がります。

竹田の名産といえばこの「姫だるま」でしょう。途中で入ったうどん屋さんにおいてありました。
水曜どうでしょうの原付の旅でも紹介されてましたね~

実際に岡城に登ってみました。
常に「荒城の月」のメロディーが流れており、瀧廉太郎さんが愛されているのがわかります。
これだけ有名な作曲家がモデルにした曲だからこうなっちゃいますよね♪

石垣がすごく立派で良いお城でした。
天守閣などなくてもだんだん満足できるようになってきたようです。

ただ、行く方に注意したいのは革靴で行くところではないということ。出張ついでだからといって、そのまま行くと結構大変です。疲れるし、かかとは削れるしw
結構山道なので歩きやすい格好をしていきましょうね。

【コメント】
電車の本数が少ないので帰りの時間は確認したほうが良いです。
ただ逃した方も隣に日帰り温泉があるのでそちらでひとっ風呂というのもいいでしょう。
満足度はかなり高くなるお城と思います。

満足度  80/100点
城郭感  ☆☆☆★★
困難度  ☆☆☆☆★

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ma-ko

科学の世界にどっぷりとつかり、企業で研究者の道を進んでいったものの。昔から神様が身近にいたことに気付く。 趣味のお城めぐりと一ノ宮めぐりをするうちに徐々に神話の世界と心の平穏について考えるように。現在はフリーランスのWEBディレクターとして楽しんでいます。

-城郭

Copyright© nagomeru(なごめる) , 2020 All Rights Reserved.