日本の伝統的な暮らしで心おだやかに

nagomeru(なごめる)

お清め

「心頭滅却すれば火もまた涼し」の意味は根性論じゃない話

投稿日:

心頭滅却すれば火もまた涼し

非常に有名な故事成語で、私自身初めて知った学生時代からずっと、

気合を入れれば何とかなる!

我慢すれば意識が変わる!

というような根性論を説明するためのものだと認識していました。

実は、これ全く意味が違うんです。すごく深い意味があったと気づきましたのでシェアさせていただきますね。

 

禅や思考は現実化するをはじめとする成功哲学の考え方と非常に似ているんです。

意識を現在だけにフォーカスすることができれば、熱いものはただ熱い。涼しいというよりも感じなくなるという感覚になります。「涼しい=快適(自然)」と熱い・冷たいに全く注目がされない状態になることができるという真理を教えてくれているんです。

私は生まれが寒い地方の出身なのですが、やはり冬は本当に寒かったんです。肌が痛くて、体が勝手に震えるんですよね。

それで、小学校の時に編み出したのが「力を抜く」という方法。

寒いときに力を抜くと、全く震えなくなるんです。友達や親に教えてあげても、皆怖がって試してくれませんでしたが。「心頭滅却すれば寒波も温い」状態です。

寒いときに震えるのは、凍死する恐れがあるから。昔は確かにそうだったかもしれません。ですが、現代において温かい家があり、街があり、凍えてこの世を離れるということはまずありえないことです。

いまとなっては過剰な防衛ともいえるんですね。ほんの10分程度であれば力を抜いて、むしろ寒さを楽しむくらいで良いのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ma-ko

科学の世界にどっぷりとつかり、企業で研究者の道を進んでいったものの。昔から神様が身近にいたことに気付く。 趣味のお城めぐりと一ノ宮めぐりをするうちに徐々に神話の世界と心の平穏について考えるように。現在はフリーランスのWEBディレクターとして楽しんでいます。

-お清め

Copyright© nagomeru(なごめる) , 2019 All Rights Reserved.