TAG

鵜戸神宮

断崖の岩窟内に社殿のある美しい神社「鵜戸神宮」(宮崎県日南市)

鵜戸神宮(うどじんぐう)は崇神天皇の時代に六柱の神が六所権現として祀られたのが始まりです。 鵜戸神宮には、主祭神である日子波瀲武鸕鷀草葺不合尊の誕生にまつわる神話が残っています。山幸彦(彦火火出見尊)が兄の海幸彦に借りた釣り針をなくし、それを探しに行った竜宮で海神の娘である豊玉姫命と出会います。山幸彦は釣り針を返すため陸へと戻りますが、山幸彦の子を身ごもった豊玉姫命も後を追って鵜戸の地を訪れます。 […]