日本の伝統的な暮らしで心おだやかに

nagomeru(なごめる)

現代の幸福論

心穏やかにいるために大切にしたいこと

投稿日:

当サイトの名前の由来ともなる、心穏やかな状態「和み」はある条件があるとより簡単に維持できるように感じます。

 

性格が穏やかであること

穏やかである条件が穏やかな性格というのも、なにか不思議な感じがしますが性格や気質というのは努力でしっかりと変化するものであると信じています。昔は激しかったなぁなんて思い返すとちょっと恥ずかしい感覚になることはありませんか?

この状態がまさしく気質の変化が発生したために感じられるものです。

性格をより穏やかに変化させておけば、何が起こっても平和に違いないのです。結局この世に起こる事象はすべて主観的なフィルターを通して認識されるので、本人が平和だなぁと感じているのであれば、だれが何と言おうと穏やかに違いない。

そもそも、怒りや不安がなぜ起こるかというと、現実が自分の予想と異なるものになっている、あるいは将来望まない状態になることを予想しているからです。お気づきの方も多いかと思いますが、どちらの場合にも「予想」したからマイナスの感情が生まれてくるんですね。これは人間の防衛本能からくるものですが、予想しないかハードルを下げさえすれば全く影響を受けることがなくなることに気付けます。

自分のマイナスの感情の予想など大抵はずれるものなので、これをあきらめれば自然と性格を穏やかにすることができます。

 

健康であること

健康であるというのは穏やかに生活するための80%以上を占めていることに気付いてますでしょうか。健康な人は幸せになるためにお金をはじめとする富に着目しがちですが、お金をいくら持っていても病院のベッドで寝ることしかできないのではなかなか明るく過ごすのは至難の業でしょう。

(健康であることが奇跡のように貴重なものだと認識している方は、きっとベッドで寝たきりになっても幸せを維持しやすいと思います。)

日に一度は、普通に動けて、普通に食べれて、眠くなり、笑える体力があることに目をやっても損はしません。時間を取って自分の身体に感謝しましょう。

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ma-ko

科学の世界にどっぷりとつかり、企業で研究者の道を進んでいったものの。昔から神様が身近にいたことに気付く。 趣味のお城めぐりと一ノ宮めぐりをするうちに徐々に神話の世界と心の平穏について考えるように。現在はフリーランスのWEBディレクターとして楽しんでいます。

-現代の幸福論

Copyright© nagomeru(なごめる) , 2019 All Rights Reserved.