自分に幸せを呼ぶ口ぐせ『●●』を身につけよう【幸せのワーク8日目】

普通に生活していても、なんとなくタイミングが悪い、気分が上がらないということってありますよね。

今回は自分が運がないタイプと思い始めている方に非常に便利な方法をお伝えします。この方法はラッキーになれる、シンプルで強力なもの。

今回は、実際に習慣に取り入れると良いワークをして、自分は運がいいと感じている状態を維持できるようになりましょう。

幸せを呼ぶ口ぐせは「よかったね」

自分の運を一気にアップさせる方法、それが他人の話に「よかったね」と喜んであげることです。

自分にラッキーを感じることが起こっていないとき、他の人にいいことが先に起こっているのはちょっとツラいと感じませんでしょうか。

誰かが喜んでいる状態をしっかりと祝福してあげることが大切です。

何かいいことがあったという報告を受けて喜んであげていると、その気持ちはめぐりめぐって自分の元へ帰ってくるのです。

「よかったね」と言ってもらえる状況ってどんなでしょうか?

そう、あなたに幸運なことが起こったときに言われるのです。不思議かもしれませんが、世の中は実はそのように出来ているのです。

幸せそうな人を想像してみて

幸せそうな人をイメージした時、その方はどんな性格でどのような表情や口ぐせを持っていそうでしょうか。

そのイメージをしていると、先の「よかったね」と言える人物像と一致する感覚を得られることと思います。

 

今、あなたが「最近いいことないなぁ」と暗い気持ちになっているとしたら、その考え方こそが不運となって現われているのです。

想像の中のうまく行っている人のようになりたいと思っていれば、嫌な気分は自然と少なくなっていくでしょう。

この時に大切なのは、自分がどれほど良くなっているかという証拠探しをしないことです。これによって、いつの間にかふとした時に、そういえば最近ラッキーなことが増えているなと実感できるはずです。

まとめ

今回はツイてないと感じている現状を簡単に打破する方法をお伝えしました。

人のおめでたいことに喜べる豊かな心があれば、自然と自分にも運が回ってきます。

「よかったね」は幸運を呼ぶ呪文。是非、最初は心と言うことがちぐはぐに感じるかもしれませんが、大丈夫。これは間違いなく効果がある方法ですので、安心して試してください。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!