日本の伝統的な暮らしで心おだやかに

nagomeru(なごめる)

現代の幸福論

お金が欲しい人がするべき行動とは?

更新日:

もっと裕福な暮らしをしたい。買いたいものを好きなだけ、遠慮せずに買いたい。

そんな風に感じる方は多いでしょう。

このように感じているとき、人は「買いたいけど買えない」「いつか使うお金を貯めてからでないと買えない」と考えています。お金がすでにある人はこのように考えないのはおわかりでしょうか。

実はお金が現在手元にあるかどうかは、お金を持っている感覚を現在持っているかどうかにかかっているんです。

お金がほしければ、お金持ちになった気分でいようというノウハウも世の中に存在します。この理論は私も賛成ですし、実体験から非常に理解できるのですが最初の一歩を踏み出そうという段階においては非常に難しく感じてしまうでしょう。

「お金がある気分だけど、来月の家賃がはらえるかどうか」「今月もあと数千円で過ごさなきゃだし」など。

このような気分にすぐに戻されてしまうので、裕福な気分など一生かかってもたどり着けないような気分になりますよね。

そんなときに、誰でも簡単にできる行動があるんです。

 

もっとお金がほしい時のやるべき行動

自分を満たすこと、自分が満たされているということを知ることです。

そのためには、ノートを準備して現在自分が手に入れているものについて書いていきましょう。手に入れているものは、どんな小さな物でも良いんです。たとえば、今来ている服。生活している屋根のある家、今このサイトを見ているスマートフォンやパソコンといったものや接続している環境もそうです。

ずっと欠乏感があった裏側には多くの得られているものが合ったことに気付くことができるんです。

コンビニに行って買うジュース一本。自分で作ったら大変な労力がかかりますが清潔な入れ物にいつでも新鮮な飲み物ができるって素晴らしいですよね。

このようなことをしっかりと意識していくのが、お金に入ってくるためのまずやるべき行動になります。

 

簡単でしょ?簡単すぎてこんなことでお金が入ってくるのかと疑いたくなる気持ちもわかります。ですが、今までの疑う気持ちでノートに書けばいいとわかっていても書かずに現状を維持してきたことを考えてください。さっきまでのあなたの思考こそ欠乏感しか見えなくなっている「お金入ってこない症候群」の特徴です。

毎日最低10個、昨日書いたこととかぶっても構いませんので、ノートに得られているものについて書き出してみましょう。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ma-ko

科学の世界にどっぷりとつかり、企業で研究者の道を進んでいったものの。昔から神様が身近にいたことに気付く。 趣味のお城めぐりと一ノ宮めぐりをするうちに徐々に神話の世界と心の平穏について考えるように。現在はフリーランスのWEBディレクターとして楽しんでいます。

-現代の幸福論

Copyright© nagomeru(なごめる) , 2019 All Rights Reserved.