TAG

一ノ宮

【越後國一之宮】彌彦神社は2礼4拍手1礼の参拝方式で知られる歴史ある神社

彌彦神社とは 彌彦神社は越後の国の一宮として知られる神社です。越後の国はもう一つ居多神社が知られますがいずれも一ノ宮的な特徴と性質を持つ神社になります。彌彦神社は霊峰として知られる弥彦山を眺めると言う神社で、富士山の浅間神社、白山比咩神社しらやまひめじんじゃ等と同様に山をご神体とするものです。 彌彦神社はその神宮寺の国上寺とともに越後の国の宗教的な権威があったとされ実質的には強く一宮の特徴を持って […]

【三河国一ノ宮】大己貴命をお祀りする砥鹿神社(愛知県豊川市)

砥鹿神社について 砥鹿とが神社は愛知県の豊川市にある三河国の一ノ宮。砥鹿神社のご祭神である大己貴命は、東三河の本宮山を「止所(とが)の地」と決め、この場所に神霊をとどめたと伝えられています。 文武天皇の時代に、天皇の病気を治す祈願をおこなうため草鹿砥公宣くさかどのぶたかが煙巌山に派遣されました。公宣はその道中の本宮山で道に迷ってしまいます。しかし、本宮山の神様が老翁の姿で現れ道案内をしてくれたため […]

【淡路国一之宮】伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)|国生み神話に関係する日本最古の神社

伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)とは 淡路島に鎮座する伊弉諾神宮は日本最古ともいわれる神社の一つです。「いっくさん」との愛称で呼ばれ親しまれています。御祭神は古事記や日本書紀で国生みの神話に登場する伊弉諾尊と伊邪那美になります。 男神である伊弉諾と女神の伊邪那美は日本の八島を作った神様。さらに伊弉諾は天照大神、月読、スサノヲなど三貴神をはじめ多くの神様を誕生させます。 伊弉諾は最初にできた淡路島の多 […]

【伊勢國一之宮】みちびきの祖神さまが祀られる椿大神社(つばきおおかみやしろ)(三重県鈴鹿市)

椿大神社は、垂仁天皇の時代に倭姫命に下った神託によって猿田彦大神を「道別の大神」として祀ったことに始まる、紀元前から続く神社です。猿田彦大神は瓊瓊杵尊に道案内をしたことから「みちびきの祖神さま」として崇められています。 社名の由来は仁徳天皇の夢に現れた椿だといわれています。中世になると伊勢国の一の宮として発展しました。また、猿田彦大神の末裔である行満大明神は修験道の開祖として役行者を導いたとされ、 […]

【上総国一ノ宮】春分・秋分のレイライン日本東端の神社「玉前神社」(千葉県一宮町)

1200年の歴史があるとされる玉前たまさき神社は、子授け、出産など女性を守る神様を祀る神社。 境内には「子宝・子授けのイチョウ」と呼ばれる三本のイチョウの木があります。雄木、雌木、子供の木の順に触ってお願い事をすると、子宝に恵まれるという言い伝えがあります。 また、玉前神社は春分の日、秋分の日に太陽の通り道となるレイラインを通されている神社。出雲大社、元伊勢、富士山、寒川神社と国内有数のパワースポ […]

【伊予国一ノ宮】山の神様の総本社 大山祇神社へ参拝しよう(愛媛県今治市)

大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)は、自然豊かな瀬戸内海の大三島(おおみしま)にあります。今治港から船やフェリーで渡ることでもいけますし、しまなみ海道という広島県の尾道と愛媛県の今治をつなぐ高速道路でも行くことができます。大三島はかつては、神の島という意味の「御島」と呼ばれ、人々に崇められてきました。 各地の三島神社の総本山であり、日本総鎮守とも呼ばれる神社。 古くから瀬戸内海は海路の要衝で、平安 […]