日本の伝統的な暮らしで心おだやかに

nagomeru(なごめる)

現代の幸福論

新しいことにチャレンジする時の不安の解消方法

更新日:

挑戦のワクワクと不安の関係

新しいことにチャレンジする時、前向きな気持ちやワクワクする気持ちと同時に、押し寄せてくるのが、得体の知れない不安。

こんな風になりたいという憧れがあなたを動かす原動力のはずなのに、その世界を知らないことが大きな不安を感じさせる原因になります。実は、新しいことにチャレンジする時の不安は、あなたが精神的に弱いから起こるという訳ではないのです。

不安が発生する理由

新しいことにチャレンジする時に発生する不安は、自身の過去に原因があります。

新しいチャレンジをするとき、人間は成功する自分と失敗する自分とを想像して、天秤にかけます。いろいろなことを不安に思ってしまうタイプの人は、過去の失敗経験を思い出し、それとこれから来る自分の失敗とを結びつけてしまう傾向があります。

心の中の天秤が、失敗する自分を強くイメージしてしまうため、怖くなって動けなくなってしまうものなのです。

怖がらず積極的に、いろいろなことにチャレンジできているように見える人もいますが、多くの人達はこの得体の知れない不安を経験しています。一見すると無敵のチャレンジャーに見える人だって、最初の一歩を踏み出す時は不安を感じていることでしょう。

不安を取り除くプロセス

チャレンジする気持ちが折れそうになる不安は、何とか解消しておきたいところ。不安を取り除く方法をお伝えしていきます。

①結果への執着を手放す

どうしたら、その失敗のイメージ側に傾いてしまった天秤を、成功のイメージへと傾けることが出来るのか。

実は、

 

無理に成功のイメージを作り上げるなんてことはしなくて良いのです。

 

では何をするかというと頭の中にある成功と失敗を量る天秤を、一度すべて手放してしまうのです。

手放すというのは最初は難しいかもしれませんが、結果の事を考えないということが不安を解消するための最も簡単な方法なのです。

②最初の気持ちを意識する

そして、新しいことにチャレンジしようと思った、最初の気持ちを思い出してみるのです。

どうして、そのチェレンジをしようと思いましたか?

  • 今を変えたい。
  • 違う自分に出会いたい。
  • もっと成長したい。
  • 何かを身に付けたい。
  • 新しい自分の可能性を見つけたい。
  • 人とつながりたい。
  • 自分を見つめ直したい。

いろいろな理由がありますよね。項目として書き出して整理してみましょう。

最初の気持ちだけに注目してみると、成功とか失敗とか、区別のつけられるものなんてほとんどないのです。

なぜ、チャレンジしようと思ったか。まずは行動を開始する前にしっかりと挑戦しようと思った動機にクローズアップしていくことが重要です。

 

例えば、新しいチャレンジを試みて今の自分から大きく変化したと実感できなくても、それは失敗ではありません。
変わっていないように感じる現在は、一歩を踏み出してみたことで、もう以前の自分とは違った自分になっているのです。本当の意味で、挑戦して行動した時点で、すべて成功なのです。

たとえ何かを身に付けたいと思ったチャレンジで、新しい何かを完璧に身に付けることが出来なくても、失敗ではありません。踏み出す勇気が持てたということは、次の新しいチャレンジにも、勇気を持って踏み出せる証拠なのです。

③ポジティブな感情にフォーカスする

もうひとつ大切なプロセスとして必要ものは、単純なときめきにクローズアップすること。

  • 笑顔でいたいな。
  • これをすると、なんとなく楽しい。
  • ただ単純に、好き!
  • 自分にとって、居心地が良さそう。
  • 嫌いなことと、離れられるかも。
  • 今より、楽が出来るかな。

これらの内観した結果は、自分だけが見える場所に書いて貼っておきましょう。また、この書いた内容は無理に他人に公言する必要はありません。

「そんな単純な理由で、新しいチャレンジをするなんて、甘いよ!」
…なんて怒るのは、憧れている世界に対して、思い入れの強い「自分自身」ということはありませんでしょうか?

自分にブレーキをかけて、ときめく世界をのぞく前に自分を不安にするなんてもったいない。

まとめ

あなたを支配していた不安は、自分自身が作り出した実体のないだということを理解してもらえたと思います。

実は、あなた自身も、ホントは解っていたことでしょう。

それでも尚頭の中には、再度天秤が現れて自分を不安にすることもあるでしょう。その度に、プロセス②や③で書きだしたものを眺めては自信の進む方向を思い出し、チャレンジの源がなんだったのかを、再確認すると良いでしょう。

これを繰り返すうちに、自分を邪魔していた不安はどんどん小さくなっていきます。

小さくなった不安はすでに恐れる対象ではありません。きっとあなたは、ひょいっと飛び越えて、さらなる新しいチャレンジに笑顔で踏み出すことができるでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
reiko

reiko

声優・ナレーターとして20年、演技などを人に教える仕事を15年。その経験を生かし、心を整える手法や創造性を高めるためのノウハウを教えており、ライターとしても活躍。表現を志す人に希望を与えるスペシャリスト。

-現代の幸福論
-

Copyright© nagomeru(なごめる) , 2019 All Rights Reserved.