日本の伝統的な暮らしで心おだやかに

nagomeru(なごめる)

神社参拝の方法

厳島神社のおみくじの意味【31~40番】

更新日:

番号によって確認ページを準備しております。知りたい番号をクリックしてください。

厳島神社おみくじ

1番~10番
11番~20番
21番~30番
31番~40番

ネット上に画像や文章があるもののみ記載しております。不足しているものについて知りたい方は、お手数ですがお問い合わせフォームに全文をご記載の上連絡いただければ追加掲載いたします。

厳島神社のおみくじの意味について、わかりやすく調べられるようにしてみました。番号順に並んでいるので「意味を確認するボタン」をクリックして内容を確認してみてください。

厳島神社のおみくじ 31番

日向宮兆 (ひむかのみやのちょう)

『吉』

これは住所を定め家を作るのうらかたにして大いによし、望み事あらばよき人を得て事をはじむべし、朝日ののぼるが如く栄えて、なすことならずということなし

方角 西の方よし
病気 すみやかに治る
旅立 さわりなし
商売 売八ぶ、買十ぶとしるべし
勝負事 必ず勝つ
失物 いづる
待人 来たる
建家 家移り、縁談よし

何事も時節到来せしなれば、思いたちたること励みてなすべし

意味を確認する
このおみくじを引いた方は、これから住む所を決めて家を建てたり購入するのに非常に良い時期にあります。望み後とや願いなどがあるときには、素晴らしいアドバイスをくれる方を見つけてから始めるべきです。まるで朝日が昇るように美しく物事が進み繁栄し、実現できないことはないという状態になります。

・方角は西が良い
・病気はすぐに治ります
・旅立ちは問題ない・商売は買入れの時期と知りましょう。売りは8割、買いは十分に。・勝負事は必ず勝ちます
・失くしたもの出る・待ち人は来る
・家の新築、引越しはまあまあ

何事をするにしても考えていることがあれば時期が来たと考えましょう思い立ったことは頑張って行動に移しましょう。

厳島神社のおみくじ 32番

幸易兆(さちかえのちょう)

『凶』

これはこれまでしきたりし渡世をかたく守りて務るときは心づかいなきを、他の渡世をうらみてしょくかえして、たちまち倖せ悪くなりたるうらかたなり。とうなんを用心しその家業をはげむべし。

方角 南西のほうよし
病気 大いにながびくべし
失物 とうぶんでず、年月すぎてのちに出る
建家、家移り 半吉
勝負事 七ぶの負け
待人 遅く来る
旅立 よろしからず
縁談 あしかるべし
商売 売買いとも損あり

意味を確認する
これは、これまでの一般常識や慣習にもとづいて自分の職業をきちんと務めるときは問題はないですが、他の人の働く姿をうらやんで職を変えると、すぐに運が悪化するという兆しです。盗難には十分注意して、今の自分の職業を一生懸命行いましょう。

・方角は南西が良い
・病気は非常に長くなるでしょう
・失くしたものはしばらく出ない、年月がたてば出てくる
・家の新築、引越しはまあまあ
・勝負事は70%は負ける
・待ち人は遅く来る
・旅立ちは良くはない
・縁談は悪くはない
・商売は売り、買い共に損が出ます。

厳島神社のおみくじ 33番

无間勝間兆(まなしかたまのちょう)

『吉』

これまでは、人の進めにより、よからぬ道にも入りいろいろ心変わりして、憂いありしが、はからず人の助けを得て、よきに向うすえたのもしきうらかたなり、深く考えをめぐらすべし

方角 北西の方よし
失物 いづる
旅立 大いによし
商売 よし、人の力をかりてすべて手広くして利あり
勝負事 半吉
病気 治る
待人 来たる
建家、家移り、縁談よし

何事にもじひをむねとすれば、思いがけなぬ幸い来たる

意味を確認する
今までは仲間などに誘われて、悪いことをしたことがあったでしょうが、心境が変化してきて、心が重たくなっているでしょう。思いがけない助けを得ることができ、良い方向に向かう今後が楽しくなる兆しです。
しっかりと考えて行動しなければなりません。

・方角は北西が良い
・失くしたもの出る
・旅立ちは非常に良い
・商売は良い。他人の力を借りて手広く行えば利益が出ます。
・勝負事はまずまず、半分は勝てるでしょう
・病気は治ります
・待ち人は来る
・家の新築、引越し縁談は良い

どんな事でもやさしい気持ちをもっていれば、思いがけない幸せがやってくるでしょう。

厳島神社のおみくじ 35番

綿積宮兆(わたつみのみやのちょう)

『吉』

これはこれまで色々なんぎのこと、ありといえども、人の助けを得て吉に向かうのうらかたなり。一たん住所をさることあるも帰るときあり、いがいの幸いあり、思わぬ宝手に入るべし。

方角 西の方よし
病気 永びくもおいおい治る時くるべし
待人 すみやかに来る
商売 売り場共によし
建家、家移り、縁談 ともによし
失物 海・川の中にあるべし
旅立 大いによし
勝負事 十分の勝なり

意味を確認する
これは、これまで色々な場面で辛いと感じることや大変な事があったでしょうが、他人からの援助を得てより幸せなほうに向かうという兆しです。一時的に現在住んでいる土地を離れることもあるでしょうが、戻ってくるときはやってきます。意外な幸福がやってきますし、思っても見なかった物が手に入るでしょう。

・方角は西が良い
・病気は長びくが、時間がたって治るでしょう
・待ち人はすぐに来る
・商売は良い。商売を営む場所も良いと知りましょう
・家の新築、引越し縁談は良い
・失くしたものは海や川の中にあるでしょう
・旅立ちは非常に良い
・勝負事は100%勝つことができます

厳島神社のおみくじ 36番

惚苦兆(たしなみのちょう)

『凶』

これは身のおこない正しからずして、人をそこなうこころのうらかたにして、みに災いをうけ、そんもう多くしてひんくにせまるべし、なお心を改め人に従う心なきときは、たちどころなきにいたる、深くおそれつつしむべし

方角 東の方よし
失物 いづる
病気 全快おぼつかなし、神信心のほかなし
商売 大いに悪し
勝負事 大負けなり
旅立 悪し
待人 来る
建家、家移り 悪し
縁談 悪し

意味を確認する
これは精神や行動が正しくなく、人を傷つけるという兆しがあります。これによって自分自身も災いを受け、消耗して自身の中に貧しさや苦しみを生むことになるでしょう。注意しておきたいのは、この心の状態を改めること無く人の忠告に従う気持ちがない場合には、すぐに貧しい状態になります。深く謙虚な気持ちを持つように注意しましょう。

・方角は東が良い
・失くしたもの出る
・病気は全快は難しいかも、神を信じて待ちましょう
・商売は非常に悪いです
・勝負事は大きく負けます
・旅立ちは悪い
・待ち人は来る
・家の新築、引越しは悪い
・縁談は悪い

厳島神社のおみくじ 37番

鵜羽産屋兆(うがやのうぶやのちょう)

『平』

これは心せわしくとりみだしたるさまを人に見らるるのうらかたにしてものにはづる心あり、出世せずといえども、そのおいたちを人にしらるゝかたさなり。慎しみ深ければさしたるあやまちなし。

方角 南東
待人 来たる
病気 治る、女は安産す
建家 家移り、急ぎてよし 遅き時はさまたげあり
失物 いづる
旅立 あしかるべし
縁談 よし
商売 いがいの得分あり
勝負事 勝ちなり

意味を確認する
これは、心せわしく取り乱している様子を人に見られてしまうという占いの結果です。恥じる気持ちがあり、出世しなかったとしても、その生い立ちを人に知られるのには抵抗があるかもしれません。慎み深く生きていれば間違うことはないでしょう。

・方角は南東が良い
・待ち人は来る
・病気は治る、女性の場合には安産です
・家の新築、引越しは急げばよいでしょう、遅いときにはうまく行かないことがあります
・失くしたもの出る
・旅立ちは悪くはない
・縁談は良い
・商売は思いのほか得るものがあります
・勝負事は勝ちます

厳島神社のおみくじ 38番

白玉装兆(しらたまのよそひのちょう)

『平吉』

これは一たん人をうらむことありて、われよりへだつといえども、また恋しくなりて物言うのうらかたなり、人にめでらるるのことあるべし。強きはくだけ、柔らかなるはまつたきことわりをこころえて、容赦あるべし

方角 北の方よし
待人 来たらず
病気 初めおどろくほどのことあるも日のたち次第良きにむかう
商売 売買共に平らなり
建家、家移り よし
失物 いでがたし
旅立 あしかるべし
縁談 半吉
勝負事 負あり勝あり定まらず何事も格別あしからねどまたはかゞゝしからず

意味を確認する
これは一旦は人を恨むようなことがあり、自ら離れてしまうことがあるけれど、また恋しくなって言葉を交わすように再開するという兆しです。人に愛されるようにこころがけましょう。強いものは砕けやすく、やわらかいものはしなやかで壊れないという道理を心得て、優しさと許しをもっていましょう。

・方角は北が良い
・待ち人は来ない
・病気は始めは驚くようなこともあるでしょうが、時間がたって徐々に快方に向かいます
・商売は非常に悪いです
・家の新築、引越しは良い
・失くしたもの出る
・旅立ちは悪くはありません
・縁談はまあまあ
・勝負事は勝ち負けの判断ができない状態です。何事も特別悪いことはないが、思い通りにはいかないでしょう

厳島神社のおみくじ 39番

御和歌兆(おんわかのちょう)

『平』

これはふとした事より中がきのへだたり事起こりて、たゞふみ玉づさをのみかよわすうらかたなり。何事もはかばかしからねどさりとて又深き心使いもなし心を正しく持て静かに時節を待つがよろし。

方角 北東の方よし
待人 来たらず
建家、家移り よし
勝負事 勝ちがたし
失物 でがたし
縁談 おもしろからず
旅立 悪し

何事にもよしあしはわかちがたけれどただ子そんの末々は栄ゆるちょうあり。

意味を確認する
このおみくじを引いた方は、思いがけないことが起こり、相手とのやり取りは対面ではなく手紙で心通わせるという兆しです。何事も思い通りには進まないものの、余り心配することはないでしょう。精神の安定や心の正しさを持っていれば、後はじかんが解決してくれるので大丈夫です。

・方角は北東が良い
・待ち人は来ない
・家の新築、引越しは良い
・勝負事は勝ちにくい
・失くしたものは出にくい
・縁談はまずまずも満足いくものではない
・旅立ちは悪い

何事も良い悪いが判断つきにくい時期ではあるけれど、後に子孫繁栄の可能性があります。

厳島神社のおみくじ 40番


白檮宮兆(かしはらのみやのちょう)

『大吉』

これは末の子に生れても、そうりょうのやくを務むるうらかたにて、上たる人は国を治め、下々の者は家をおさめ、すたれたるを起し、絶えたるをつぎすえずえ栄ゆ、労して功あり、めでたきことも数々

方角 南西の方よし
病気 日ならず治る
縁談 よし
建家、家移り 大吉
商売 十分あわせあり
勝負事 勝つべし

思うこと、願うこと、かなわずと言うことなし、よき種をまきて豊年にあえるがごとし

意味を確認する
これは末っ子に生まれたとしても、総領の役割を務めることになるという占いの結果です。上に立つ者であれば国を治めるような立場になり、一般人であれば家長を務めることになります。

廃れたものでも立て直し、絶えた状態のものも継いで栄えさせるることができます。努力は報われ、めでたい事も数々あります。

・方角は南西が良い
・病気は近いうちに治ります
・縁談は幸せになります
・家の新築、引越しは最高に良い
・商売は幸せになります
・勝負事は勝つでしょう

思いや願い、叶わないことはありません。良い種をまくと豊作になるというようなものです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ma-ko

科学の世界にどっぷりとつかり、企業で研究者の道を進んでいったものの。昔から神様が身近にいたことに気付く。 趣味のお城めぐりと一ノ宮めぐりをするうちに徐々に神話の世界と心の平穏について考えるように。現在はフリーランスのWEBディレクターとして楽しんでいます。

-神社参拝の方法
-,

Copyright© nagomeru(なごめる) , 2019 All Rights Reserved.