清水寺のおみくじの意味の解読・解説【91~100番】

京都を代表するお寺である清水寺は世界中から観光客が来るほど人気があります。お寺へお参りしたら、おみくじを引いてみたけれど、古い言葉が使われていてよくわからない。

そんな方へおみくじ解読させていただいております。

番号によって確認ページを準備しております。知りたい番号をクリックしてください。

清水寺おみくじ

1番~10番
11番~20番
21番~30番
31番~40番
41番~50番
51番~60番
61番~70番
71番~80番
81番~90番
91番~100番

ネット上に画像や文章があるもののみ記載しております。記載のないものについて知りたい方は、お問い合わせフォームよりおみくじ前文の文字が読めるような画像を送付いただければ個別に読ませていただきます。

お問い合わせはこちらからお願いします。

清水寺のおみくじは読みにくい

京都へ行ったらやはり清水寺へいきたいですよね。せっかくの観光ですからおみくじでもひいてみようと思うはず。

ただ清水寺のおみくじは一般的な神社とは文体が違うので非常に読みにくいです。上側は漢文と下側にそれぞれの項目ごとの今後の占い結果が記載されています。少なくとも下側のメッセージだけでも読解したいという方は多いと思います。

また、音羽山清水寺と書かれていますが、これは清水寺の正式名称です。清水寺の開創の起源であり、寺名の由来となった瀧の名前も「音羽の瀧」ですよね。

今回は清水寺のおみくじの意味について解読したものを掲載していきます。

ネット上に画像や文章があるもののみ記載しております。不足しているものについて知りたい方は、お手数ですがお問い合わせフォームに全文をご記載の上連絡いただければ追加掲載いたします。

おみくじに出てくる神仏について

神明:天照大御神、豊受大神の別称(伊勢神宮など神道の神様)

愛宕:防火の神・愛宕権現

観音:仏教の菩薩の一尊。観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)または観自在菩薩(かんじざいぼさつ)ともよばれる。

天道:天道様(おてんとさま)とも呼ばれ太陽の神様。天照大御神。

大黒天:七福神のひとつで、肩に大きな袋を背負い、右手には内出の小槌を持った姿の神様。

清水寺のおみくじの吉凶

清水寺おみくじ91番の意味

第九十一 『吉』

改変前途去
月桂又逢円
雲中乗禄至
凡事可宜先

〇このみくじにあう人は、暗夜より月夜になるかごとく心の憂いとけ去りて喜びにあうなり。ただし、およそ月も満つる時は、やがて欠くるはしなりという事をしめすなり。すべての理はみなかくのごとし。故に今満月の時に急にせよ
〇観音を信じて吉
〇悦び事よし
〇病人本ぷくす。医者かえて吉
〇あらそい事かちなり
〇失せもの急にたずねてよし
〇望み事叶う
〇転居、えんだん、ふしん、就職、商売はじめよろず半吉
〇待人来る
〇売買よし
〇職業は公務員よし

内容を確認する

・このおみくじを引いた人は、闇夜から月夜になるように、心の憂鬱がなくなってうれしいことに遭遇する。ただし、月も満月から次第に欠けるのがきまりのように、世の中も同じことだ。だから、今の絶好調の時に急いで事を運ぶようにしなさい。
・観音を信じて吉
・祝い事は良い
・病人は回復する。医者を変えて良い
・争いごとは勝つ
・紛失物は、急いで問い合わせたほうが良い
・望みごとはかなう
・引越し、縁談、リフォーム、就職、商売等すべては初めはあまり良くない
・待ち人は来る
・商取引は良い
・職業は公務員が良い

清水寺おみくじ95番の意味

第九十五 『吉』

志氣勤修業
禄位未造逢
若聞金鶏語
乗船得便風

○このみくじにあう人は、何にても家業について一芸ある人ならば、その芸によりて名誉をあらわし立身あるべし。もし他の人ならばいまより励みつとめて功を得べし
○神明をまつりてよし
○よろこび事、末にてよし
○病人長引くとも本ぷくす
○待人おそし
○失せ物おそく出る
○あらそい事十に八九勝ちなり
○望み事叶う
○転居、ふしん、えんだんなど、よろずよし
○旅行よろし
○売り買いよく、末ほど利あるべし
○職業はなにゝても、わが好めることよし
○子宝あり

内容を確認する

しきつとめてぎょうをしゅうす
ろくいいまだあうにいたらず
もしきんけいのごをきかば
ふねにじょうじてびんぷうをえん

志を立てて修業をしているが、まだ地位名誉などの成果をえられていない。もし金鶏による天子からの詔勅を受けて聞いたのならば、順風を得た船のように順調に運が開けてゆくでしょう。

清水寺おみくじ96番の意味

第九十六 『大吉』

鶏遂鳳同飛
高林整羽儀
棹舟須済岸
宝貨満船帰

○このみくじにあう人は、人を見くだし、軽んずることなく、万事つゝましやかにして、たとえ地位低き人たりとも大切にして、仕事に勉強すれば、家内の仕合せきわめてよろし
○望み事叶う
○病人次第に本ぷくすべし
○あらそいごと勝ちなり
○失せ物出ること遅し
○転居、ふしん、旅行ゆるゆるしてよし
○えんだん吉
○売買吉
○職業は金、土、木、紙に縁あるものよし
○あきないもよし
○子に賢く出世するものあり、大切に育つべし

内容を確認する

にわとりほうをおうておなじくとぶ
こうりんうさぎをとゝのう
ふねにさおをさしてすべからくきしにわたるべし
ほうかふねにみちてかえらん

清水寺おみくじ97番の意味

第九十七 『凶』

霧罩重楼屋
佳人水上行
白雲帰去路
不見月波澄

○このみくじにあう人は、諸事不幸福にして、また災難あり。世間の思わくも悪しく、何事も新にしはじむること悪し。たゞ身をつゝしみ時節を待たば、吉事にあうなり
○神仏を念じてよし
○望みごとかないがたし。時節を待つべし
○待人来らず
○えんだん吉
○産は安産
○失せ物出がたし
○あらそい事まけなり
○求職してよし
○売り買い共によろしからず
○職業は糸類、道具物、土木建築業などよし
○病気は本ぷくす
○よろず人の後に立ちて決して人の怨みを求むべからず
○家内仲むつまじくすれば子だから多し

内容を確認する

きりはじゅうろうのいえをこむ
かじんすいじょうにゆく
はくうんかえりさるのみち
げっぱのすめるをみずや

清水寺おみくじ98番の意味

第九十八 『凶』

欲理新糸乱
閑愁足是非
只困羅網裡
相見幾人悲

○このみくじにあう人は、魚の網にかゝるがごとく常に憂い悲しみたえざるなり。やゝもすれば身を失うほどの難にもあうべければ、神仏の加護なくては叶いがたし
○天道をいのり観音を信じてよし
○よろこび事すくなし
○病人は本ぷくかないがたし
○失せもの十分たずねずんば出難かるべし
○待人来らず
○望み事叶わず
○あらそい事まけなるべし
○転居、ふしん、えんだん、就職、旅行などよろずよろしからず
○売買悪し
○生死は願い通りにならず
○職業●●●金、木に縁ある職業たるべし

内容を確認する

しんしのみだれをおさめんとほっするに
かんしゅうぜひおおし
たゞらもうのうちにくるしんで
いくにんのかなしみをあいみん

清水寺おみくじ99番の意味

第九十九 『大吉』

紅日当門照
暗月再重円
遇珍須得宝
頗有称心田

○このみくじにあう人は、運勢朝日のゝぼるが如く立身し、これまで苦労ありたる人も闇夜をはなれて月夜に入るが如し。これより思いのまゝになることを得べし
○よろこび事十分なり
○病人本ぷくす
○失せ物おそく出ずべし
○たび立吉
○えんだん吉、産はあんざん
○ふしん、転居吉
○あらそいごと、つゝしむべし
○生死は生く
○職業は土、金、紙、木に縁あることなればよし
○待ち人おそく来たる
○子だから多し
○あらそいごと勝ちなり

内容を確認する

こうじつもんにあたっててらす
あんげつふたゝびちょうえんたり
ちんにあえばすべからくたからをうべし
すこぶるしんでんにかなうあり

朝日が門にあたり光輝き、暗い月も再び円い満月となり輝いている。このような幸運の時にあるので、珍しい宝であっても手に入れる可能性がある。とにかく満足できる良い運勢である。

・このおみくじを引いた方は、運が日が昇るように上昇しています。これまで苦労があった方も、まるでその闇が晴れるように感じるでしょう。これからは思い通りになるような良き運勢です。
・結婚などお祝いごとは非常に良い状態です。
・病気は治る
・失くしたものは遅くなり出て来るでしょう。
・旅は良い
・縁談は良い、出産は安産になる
・家の新築や引越しは良い。
・争いごとは、避けておく方が懸命でしょう
・生死に関わることは生きる
・職業は土、金属、紙、木材などに関わることであると良い
・待ち人は遅くなるが来る
・子供は多く恵まれる
・争いごとは勝ちになるでしょう

清水寺おみくじ100番の意味

第一百 『凶』

禄走白雲間
携琴過遠山
不遇神仙面
空惹意瓓珊

○このみくじにあう人は、花散りて実を結ばんとするが未だ実る時節が来たらぬ象なり。されば物事思うようにはゆかねども、ゆるゆる時節を待ちて仕合せよろしかるべし
○就職、旅行急げば悪し
○あらそいごと負けなり、つゝしむべし
○望み事叶わず
○転居、ふしん、えんだん、秋まで待つべし
○売買いそぐべからず
○職業は農業、商業、建築、鉄工業などよろし。公務員などは性にかなわず
○失せ物おそく出ず
○子だから多し

内容を確認する

ろくははくうんのあいだにはしり
さんをたずさえてえんざんをすぐ
しんせんのおもてにあわずんば
むなしくこゝろをひきてらんさんたらん

 

最新情報をチェックしよう!