清水寺のおみくじの意味の解読・解説【31~40番】

京都を代表するお寺である清水寺は世界中から観光客が来るほど人気があります。お寺へお参りしたら、おみくじを引いてみたけれど、古い言葉が使われていてよくわからない。

そんな方へおみくじ解読させていただいております。

番号によって確認ページを準備しております。知りたい番号をクリックしてください。

清水寺おみくじ

1番~10番
11番~20番
21番~30番
31番~40番
41番~50番
51番~60番
61番~70番
71番~80番
81番~90番
91番~100番

ネット上に画像や文章があるもののみ記載しております。記載のないものについて知りたい方は、お問い合わせフォームよりおみくじ前文の文字が読めるような画像を送付いただければ個別に読ませていただきます。

お問い合わせはこちらからお願いします。

清水寺のおみくじは読みにくい

京都へ行ったらやはり清水寺へいきたいですよね。せっかくの観光ですからおみくじでもひいてみようと思うはず。

ただ清水寺のおみくじは一般的な神社とは文体が違うので非常に読みにくいです。上側は漢文と下側にそれぞれの項目ごとの今後の占い結果が記載されています。少なくとも下側のメッセージだけでも読解したいという方は多いと思います。

また、音羽山清水寺と書かれていますが、これは清水寺の正式名称です。清水寺の開創の起源であり、寺名の由来となった瀧の名前も「音羽の瀧」ですよね。

今回は清水寺のおみくじの意味について解読したものを掲載していきます。

ネット上に画像や文章があるもののみ記載しております。不足しているものについて知りたい方は、お手数ですがお問い合わせフォームに全文をご記載の上連絡いただければ追加掲載いたします。

おみくじに出てくる神仏について

神明:天照大御神、豊受大神の別称(伊勢神宮など神道の神様)

愛宕:防火の神・愛宕権現

観音:仏教の菩薩の一尊。観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)または観自在菩薩(かんじざいぼさつ)ともよばれる。

天道:天道様(おてんとさま)とも呼ばれ太陽の神様。天照大御神。

大黒天:七福神のひとつで、肩に大きな袋を背負い、右手には内出の小槌を持った姿の神様。

清水寺のおみくじの吉凶

清水寺おみくじ33番の意味

第三十三 『半吉』

枯木逢春艷
芳菲再発林
雲間方見月
前遇貴人欽

○このみくじにあう人は、思わぬ方より助けをえて仕合せよし。年神を信じ天道をうやまいてなおよし
○病人本ぷくす
○悦び事よし
○訴訟事叶うとも苦労なり。たっとき人の取りもちあらば心やすかるべし
○失せものは遠く出ずべし。高き所をたずぬべし
○あらそい事かちなり
○待ち人来る
○売り買いともによし。中ごろ心さわりあるべし
○家普請、転居、縁談、求人、旅行万よし
○生死は生くべし。心だて悪しき人は不定なり
○道具は書物、衣類よろし

内容を確認する

こぼくしゅんえんにあう
ほうひとしてふたゝびはやしにおこる
うんかんまさにっきをみる
すゝんできにんのよろこびにあう

清水寺おみくじ35番の意味

第三十五 『吉』

財鹿須乗箭
胡僧引路帰
遇道同仙籍
光華映晩暉

○このみくじにあう人は、物ごと急にすること悪し。よき人にしたがい、そのみ教えを守り、功をつみて後大いに仕合せすべし。少し我意につのり、気みじかく、よこしまな心あらばさんざんに悪しと知るべし
○観音を信じて吉
〇病人本ぷくす
〇悦び事おそし
〇待ち人おそく来る
〇訴訟事叶う。出家医者などたのみてよし
〇あらそい事かつべし。医者出家などの意見にしたごうて吉
〇売り買い共によし
〇屋づくり転居、縁談、旅行よし
〇生死は生きたり

内容を確認する

さいろくうべからくせんにしょうずべし
こそうみちをひいてかえる
どうにおうてせんせきをおなじゅうす
こうかばんきにえいず

このおみくじを引いた方は、何か行動を起こそうとする時に焦ってしまうと良くない。知識ある先生を見つけて、この方の教えをしっかり学びましょう。その教えを実践して、着実に成果を出していればあとになって大きな幸せにつながるでしょう。自分の意見を押し通そうとしたり、短期になったり、人の道をそれたような邪心があると非常に状況が悪くなると認識しましょう。観音菩薩を信じて吉。病人は治ります。嬉しいことは遅い。待ち人は遅く来る。裁判は思い通りになる、特にお坊さんやお医者さんにお願いすると良い。争いごとは勝つでしょう、お医者さんやお坊さんに意見を聞いてその通りにすれば良い。売り買いはどちらも良い。家の新築、引越し、縁談、旅行は良い。生死にかかわることは生きる。

清水寺おみくじ37番の意味

第三十七 『半吉』

陰靉未能通
求名亦未逢
幸然須有変
一箭中双鴻

○このみくじにあう人は、初めは物事思うようにならねど中頃より変じて末は大いに仕合せよし
○天道をいのり観音を信じてよし
○病人本復するも長引くべし
○よろこび事おそし
○待人おそし。後に両方の便りを一時に聞く事あるべし
○失せもの出がたし。程へて出る事あり
○訴訟事急に叶いがたし
○あらそい事初め悪しく後よし
○売り買い見合わせてよし
○新改築、転居、縁談吉。ただし始め悪し、後の相談につくべし
○旅行は苦労あれども行きさきは吉
○生き死には生きたり

内容を確認する

いんあいいまだつうずることあたわず
なをもとめてまたいまだあわず
こうぜんとしてすべからくへんずることあるべし
いっせんそうこうにあたる

雲が暗く垂れこめて太陽の光も射していない状態。名を揚げようとしてもまだ道は開いてはいない。しかし、やがてひょっこり、幸運が舞い込み一本の矢で二羽の鴻を射落とすような、喜び事に出会うでしょう。

清水寺おみくじ38番の意味

第三十八 『半吉』

月照天書静
雲生罩彩霞
久想離庭客
無事惹咨嗟

○このみくじにあう人は、万事つゝしみ深くすべし。災難多く生ずればなり○天道をまつり観音を信じて吉○病人十に六七本ぷくす。ゆだんすれば甚だあやうし〇よろこび事なし○待ち人来らず○訴訟叶いがたし。叶いたりとも後にくやむ事あり〇失せもの出がたし。 あらそい事まけなり〇売り買いともにあしく、見合すべし○新改築、転居は半吉〇旅行、縁談、人をかゝえる事悪し○生き死に十に六七生きたり○道具は家財、形見の品、書きもの大事のものなり

内容を確認する
つきてらしててんしょしずかなり
くもしょうじさいかをこむ
ひさしくおもうりていのかく
ぶじにしてしさをひく

清水寺おみくじ39番の意味

第三十九 『凶』

望用方心腹
家郷被火災
憂危三五度
由損断頭材

○このみくじにあう人は、万事わがたのみに思うものに裏ぎらるゝかたちなり。ゆだんすべからず
○また火事ぬす人の用心すべし
○神明、愛宕を信じて吉
○病人あし。変あるべし、ゆだんすべからず
○よろこび事なし
○待人きたらず
○訴訟事叶うても後にくやむ事あり
○失せもの出がたし
○新改築、転居あしく、火難の気あり
○旅行、縁談あし
○あらそい事まけるべし
○売り買いともに悪し
○生死は要慎に用心すべし

内容を確認する

ぼうようまさにしんぷく
かさようかさいせらる
ゆうきさんごど
なおとうざいそんだんすべし

遠方を望めば、自分の大切な故郷が火災にあった。そんな災難がが何度も降りかかって、大切な財産を失ってしまったようなものである。

清水寺おみくじ40番の意味

第四十 『末小吉』

○このみくじにあう人は、はなはだむずかしき象なれば、やゝもすれば人にたぶらかされて難にあう。また、これを救わんと世話する人もあるべし
○わがために毒となる人と薬となる人とあり。見分け至ってむずかし。よくよく慎むべきなり
○観音を信じて吉
○病人本ぷくす
○悦び事半吉。ただし人によりて吉凶たがいあり
○待人おそし。道にさわりあるべし
○失せ物、人のせわにて出ずべし
○訴訟事あらそい事人により吉凶かわる
○屋作り、転居、縁談、旅行、求人等判断右に同じ
○売買も同じ
○生死、善人は生き悪人は死す

内容を確認する

ちゅうせいまさにどうをじょうす
かんじゃおそらくはあやまちをひかん
こちゅうみょうやくをもる
ひさしからずしてはんせんをさらん

偏らず正しき道を行えば、道は開きます。こうした正しき人はえてして姦邪のひとから邪魔されて、あやまちを起こすことも多い。しかし、壷の中の妙薬を用いれば、遠からずして、苦しみは去るであろう。

・このみくじを引いた人は、非常に難しい状態で、例えば、人に欺されてひどい目にあいます。ただ、この状態のあなたを助けようとする人も現れるでしょう。
・あなたのためにならない人(悪い人)となる人(良い人)がいます。この両者の見分けは非常に難しいです。行動を慎んでおくのが何よりも重要です。
・観世音菩薩の教えを信じていれば良い。
・病気は治る
・嬉しいことが少しあります。ただし、人によっては良いことか悪いことかは分かれるものでしょう。
・あなたの待っている人はなかなか現れません。過程には障害があるでしょう。
・無くした物は、あなた以外の人の協力で見つかるかもしれません。
・訴訟やトラブルは人によっては良くも悪くもなります。
・家の新築・引っ越し・結婚・旅行・求人などもあなたの取りようで良くも悪くもなる。
・品物の売り買いも人によって良くも悪くもなります。
・生死に関わることはあなたが良い行いをしているなら生き、悪いことをしているなら死ぬことになります。

最新情報をチェックしよう!