清水寺のおみくじの意味の解読・解説【1~10番】

京都を代表するお寺である清水寺は世界中から観光客が来るほど人気があります。お寺へお参りしたら、おみくじを引いてみたけれど、古い言葉が使われていてよくわからない。

そんな方へおみくじ解読させていただいております。

番号によって確認ページを準備しております。知りたい番号をクリックしてください。

清水寺おみくじ

1番~10番
11番~20番
21番~30番
31番~40番
41番~50番
51番~60番
61番~70番
71番~80番
81番~90番
91番~100番

ネット上に画像や文章があるもののみ記載しております。記載のないものについて知りたい方は、お問い合わせフォームよりおみくじ前文の文字が読めるような画像を送付いただければ個別に読ませていただきます。

お問い合わせはこちらからお願いします。

清水寺のおみくじは読みにくい

京都へ行ったらやはり清水寺へいきたいですよね。せっかくの観光ですからおみくじでもひいてみようと思うはず。

ただ清水寺のおみくじは一般的な神社とは文体が違うので非常に読みにくいです。上側は漢文と下側にそれぞれの項目ごとの今後の占い結果が記載されています。少なくとも下側のメッセージだけでも読解したいという方は多いと思います。

また、音羽山清水寺と書かれていますが、これは清水寺の正式名称です。清水寺の開創の起源であり、寺名の由来となった瀧の名前も「音羽の瀧」ですよね。

今回は清水寺のおみくじの意味について解読したものを掲載していきます。

ネット上に画像や文章があるもののみ記載しております。不足しているものについて知りたい方は、お手数ですがお問い合わせフォームに全文をご記載の上連絡いただければ追加掲載いたします。

おみくじに出てくる神仏について

神明:天照大御神、豊受大神の別称(伊勢神宮など神道の神様)

愛宕:防火の神・愛宕権現

観音:仏教の菩薩の一尊。観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)または観自在菩薩(かんじざいぼさつ)ともよばれる。

天道:天道様(おてんとさま)とも呼ばれ太陽の神様。天照大御神。

大黒天:七福神のひとつで、肩に大きな袋を背負い、右手には内出の小槌を持った姿の神様。

清水寺のおみくじの吉凶

清水寺おみくじ1番の意味

第一 『大吉』

七宝浮図塔
高峯頂上安
衆人皆仰望
莫作等開看

〇このみくじにあう人は、威勢つよく万人に尊ばるゝなり
○天道を信じ、日待ち月待ち庚申待ちなどしていていよいよよし
○病気は長びけども本ぷくすべし。貴僧をたのみ祈念してよし
○悦びごと十分よし
〇待人来る少しおそかるべし
○訴しょうごと十分叶うべし
〇失せものは急に出がたし。のちにかえるべし
○あらそい事は勝つべし。自分の面目のみにせば危うき理あり
○ 家屋新改築、転居、縁談よろずよし
○買物利あり
○道具は金物類、糸類、やき物、とかくねだん高きものとしるべし
○総じてこのみくじは物事頂上にのぼりたるかたちなれば、その心得あるべし

内容を確認する

しっぽうふとのとう
こうほうちょうじょうにやすんず
しゅうじんみなぎょうぼうす
とうかんのかんをなすことなかれ

・このおみくじを引いた方は、現在非常にエネルギッシュな状態で出会う多くの方に注目され尊ばれる状態になります。
・天地自然の法則を信じて、ご神事である日待ち、月待ち、庚申待ちなどを行うとさらに状態は好ましいものになります。
・病気は長くなりますが回復するでしょう。優れた僧侶によって祈念すると良い。
・お祝い事は十分に良い
・待ち人は少し遅くなるでしょう
・裁判事は思うように落ち着くでしょう
・失くしたものは急には出てきません。時間が経って戻ってくるでしょう。
・争いごとは勝つでしょう。ただし、自分だけが良い状態になればよいと考えてしまうと崩れる可能性があるのは道理です。注意しましょう。
・家の新築・改築、引越し、縁談はすべて良い
・買い物は利益があります
・道具は金物類、糸類、焼き物など何であれ値段は高いものと認識しましょう。
・全体的にこのおみくじは物事の最高の形のひとつです。きっと理解できる形で現実に表れるでしょう。

清水寺おみくじ3番の意味

第三 『凶』

愁悩損忠良
青霄一炷香
雖然防小過
閑慮覚時長

○このみくじにあう人は、賢者も時にあわず志をうしなえるかたちなり。小過を防ぎ身を慎み、静かに思いはかり時節をまちたし
○天道を信じ、八幡をいのりてよし
○病人長引くとも命にさわりなし。医師をかえずして神明に祈りてよし
○悦び事、待ち人おそし
○さきの仕合せ半吉なり
○訴しょう事かないがたし
○失せもの急に出がたし
○応対、あらそい、はじめは悪しく後吉
○新改築、転居、半吉。八幡をまつりてよし
○旅行あし
○売買とも利なし

内容を確認する

しゅうのうちゅうりょうをそんす
せいしょういっしゅのこう
しかりといえどもしょうかをふせぐ
かんりょがくじながし

煩悩に心を乱していると良い心が失われていきます。そのような時には青空に向かって線香を一本焚いてもなんの役に立ちません。しかし、小さな過ちは防げるかも。しばらく我慢して時を待つがよいでしょう。

清水寺おみくじ4番の意味

第四 『吉』

累有興雲志
君恩禄未封
若逢侯手印
好事始忩忩

○このみくじにあう人は、竜の淵にかくれて昇天の時節をまつがごとし。人も立身出世の気ざしあり
○八幡、神明を信じてよし
○病人の本ぷく少々遅かるべし
○悦事おそし。後は十分よし
○待ち人きたるべし
○訴しょう事十分かなう
○失せもの出れども少しおそし
○道具は書物、掛け物、絵の類
○買物よし。ふみこんで買うべし。売り物は半吉
○屋づくり転居十分吉
○生死はかならず生きて、のちのちまでしあわせよし
○旅行よし。道中は万事かんにんすべし。ゆく先にて幸せよし
○争い事、始め悪く後よし

内容を確認する

しきりにこううんのこゝろざしあり
くんおんろくいまだほうぜず
もしこうしゅいんにあわば
こうじはじめてそうそうたり

清水寺おみくじ5番の意味

第五 『凶』

家道未能昌
危危保禍殃
暗雲侵月桂
佳人一炷香

○このみくじにあう人は、

清水寺おみくじ6番の意味

第六 『末吉』

宅墓鬼凶多
人事有爻訛
傷財防損失
祈福始中和

○このみくじにあう人は、たとえば道にふみまよい後本道へ出るがごとし
〇七夜待ち庚申待ち、心経など読みてよし
○病事は心の病なり。経を読み祈持してよし
○失せもの出がたし
○悦び事はじめ悪く後よし
○道具は書画、楽器、楽器類なり
○家普請、転居吉
〇旅行あしゝ
○生き死には十に六七は生きたり
〇訴しょう事さわりありて叶いがたし
○争いごとは負ける事多し。口をつつしみて後は勝ちになるべし
○まち人おそし。さきにてわずらうか、災難にあいたるか、いずれ支障ありて遅しと知るべし

内容を確認する

たくぼにききょうおおし
じんじこうかあり
ざいをいいたんでそんしつをふせぐ
さいわいをいのってはじめてちゅうわす

・このおみくじを引いた方は、まるで一旦道を間違えた後に正しい道に出るように多少の障害があった後にうまくいくようになるような兆しがあります。
・七夜待ち、庚申待ち、般若心経を読むと良いでしょう。
・病気は心の病です。お経を読みお祈りしましょう。
・なくした物は出にくい
・お祝い事ははじめ悪いが後になって良くなる。
・道具は書画、楽器、楽器類です
・家の建築、引越しは良い
・旅行はよくない
・生死に関わることは60~70%は生きる。
・裁判事は問題が発生して思い通りは難しい
・争いごとは負ける確率が高い。離すことに注意していれば後になって勝ちになるでしょう
・待ち人は遅い。病気か災難かは色々ですが、どちらにしても相手に何か起こって遅いのだと認識しましょう。

清水寺おみくじ8番の意味

第八 『大吉』

分別頭中尾
文華須得理
禾刀自偶然
当遇非常喜

〇このみくじにあう人は、順風に帆をあぐるがごとし
〇神明をうやまい、信じていよいよよし
○病人本ぷくすべし。淫乱なれば本ぶくなし
○悦び事心正しき人はよろこびあり
〇待ち人来たる、仕合半吉
〇失せもの思いもよらぬ所より出ずべし
○あらそい我勝ちなり
○旅行よし。道にて油断すべからず
〇買物よきも貪欲なれば後に損すべし
○新改築、転居吉。正直に信心あれば大いによし
○訴しょう事十分かなう。無理なる事は一たん叶うとも後悪し
〇生死は十に八九は生く。悪人ならば死すべし

内容を確認する

とうちゅうびをふんべつして
ぶんかすべからくりをうべし
かとうおのずからぐうぜん
まさにひじょうのよろこびにあうべし

最新情報をチェックしよう!