清水寺のおみくじの意味の解読・解説【41~50番】

京都を代表するお寺である清水寺は世界中から観光客が来るほど人気があります。お寺へお参りしたら、おみくじを引いてみたけれど、古い言葉が使われていてよくわからない。

そんな方へおみくじ解読させていただいております。

番号によって確認ページを準備しております。知りたい番号をクリックしてください。

清水寺おみくじ

1番~10番
11番~20番
21番~30番
31番~40番
41番~50番
51番~60番
61番~70番
71番~80番
81番~90番
91番~100番

ネット上に画像や文章があるもののみ記載しております。記載のないものについて知りたい方は、お問い合わせフォームよりおみくじ前文の文字が読めるような画像を送付いただければ個別に読ませていただきます。

お問い合わせはこちらからお願いします。

清水寺のおみくじは読みにくい

京都へ行ったらやはり清水寺へいきたいですよね。せっかくの観光ですからおみくじでもひいてみようと思うはず。

ただ清水寺のおみくじは一般的な神社とは文体が違うので非常に読みにくいです。上側は漢文と下側にそれぞれの項目ごとの今後の占い結果が記載されています。少なくとも下側のメッセージだけでも読解したいという方は多いと思います。

また、音羽山清水寺と書かれていますが、これは清水寺の正式名称です。清水寺の開創の起源であり、寺名の由来となった瀧の名前も「音羽の瀧」ですよね。

今回は清水寺のおみくじの意味について解読したものを掲載していきます。

ネット上に画像や文章があるもののみ記載しております。不足しているものについて知りたい方は、お手数ですがお問い合わせフォームに全文をご記載の上連絡いただければ追加掲載いたします。

おみくじに出てくる神仏について

神明:天照大御神、豊受大神の別称(伊勢神宮など神道の神様)

愛宕:防火の神・愛宕権現

観音:仏教の菩薩の一尊。観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)または観自在菩薩(かんじざいぼさつ)ともよばれる。

天道:天道様(おてんとさま)とも呼ばれ太陽の神様。天照大御神。

大黒天:七福神のひとつで、肩に大きな袋を背負い、右手には内出の小槌を持った姿の神様。

清水寺のおみくじの吉凶

清水寺おみくじ41番の意味

第四十一 『末吉』

有物不周旋
須防損半辺
家郷烟火裏
祈福始安然

○このみくじにあう人は、物事はじめ思うように用だたず。中頃にいたって苦労多く、後には安堵の思いあれども、前の苦難にくらべて吉なり
○神仏を祈るべし。無信心なれば、たちまちわざわい来る。天道を祈りて吉
○病人長びくべし
○悦び事おそし
○待人来らず
○訴訟事叶いがたし
○あらそい敗けなり
○失せ物出がたし
○売り買いあし
○家普請、転居あし。火難の気あり、つゝしむべし
○結婚、雇用あし
○旅行は悪し
○生死は十に五は生くべし○道具は金物類きずあるべし

内容を確認する

ものあれどしゅうせんせず
すべからくはんぺんをそんすることをふせぐべし
かきょうえんかのうち
ふくをいのってはじめてあんぜんたり

清水寺おみくじ42番の意味

第四十二 『吉』

桂華春将到
雲天好進程
貴人相遇処
暗月再分明

内容を確認する

桂の木の花も春には香が漂うように、あなたにも運が開けて来る時期となりましょう。
人にも運が巡ってくれば、高い地位や栄誉を得るチャンスがあります。
観音菩薩や有力者のお導きがあるでしょう。
曇れる月も晴れてくるように、ますます良いことが起こるでしょう。

清水寺おみくじ46番の意味

第四十六 『凶』

雷発震天昏
佳人独掩門
交加文書上
無事也迍邅

○このみくじにあう人は、賢人も世にあわざるかたちなり。我才智をもって世に交わらんとすれば反って世間より憎しみをうけ、わざわいを生ずべし
○天道をいのり観音を信じてよし
○病人本ぷくすれども、あやうき事さいさいあり
○悦び事なし
○まち人来らず
○訴しょう事悪しく、見あわすべし
○新改築、転居、縁談、人をやとう、旅行等、総じて事をおこす事皆悪し
○生死は十に八九いきたり

内容を確認する

らいはっしててんにふるいてくらし
かじんひとりもんをおおう
もんじょのうえにこうかす
ぶじにしてまたちゅんてん

突然雷鳴が起こって、空が暗くなってきた。美女が独り門を閉じている。文書上のことで、思わざる厄介なできごとが起きて、今まで何ごともなく無事だったのに、大きな悩みができてしまった。

最新情報をチェックしよう!