神社境内にある建物の役割を知りたい!意外と知らない神社の基礎知識

神社に参拝すると、鳥居、手水舎、参拝する建物があるのは誰しもが認識していることと思います。しかし、よくよく観察すると参拝する建物は奥にもう一つ屋根のついた建物があったりと良く分からない建造物であふれていることに気付くでしょう。 今回は神社にある建物とその役割について解説していきたいと思います。 神社にある建造物について 多くの神社は鎮守の森という木々に守られる構造をしています。鳥居をくぐり神社の境 […]

鏡開きっていつ行うの?「おしるこ」がお清め効果が高くオススメの食べ方

お正月になるとおもちを2段重ねて作った鏡餅。 お正月の間は神仏にお供えして床の間などに飾る鏡餅は、鏡開きの日に小さく割っておしるこにして食べる伝統があります。 この鏡開きは古くは、1月20日に行われていました。最近では鏡開きは1月11日に行われるのが最も一般的になっています。 鏡開きでおしるこを食べるのは神社で神様へのお供えをいただく直会なおらいの意味があります。 鏡餅の意味 鏡餅には、その年の年 […]

川崎大師のおみくじの意味の解読・解説【41~50番】

川崎大師のおみくじは字も読めないし意味も難しい 川崎大師のおみくじも漢文で書かれている部分が非常に読みにくいおみくじとして有名です。   しかも、「凶」が多いと評判のおみくじ。 パッと出会ってしまって凶のおみくじだけでも心にダメージを受けてしまっても良い場面。そこで、仏様からのメッセージを受け取れないのではもったいないですよね。 また、一般的な神社ではあまりみない、末小吉や半凶や末凶など […]

川崎大師のおみくじの意味の解読・解説【31~40番】

川崎大師のおみくじは字も読めないし意味も難しい 川崎大師のおみくじも漢文で書かれている部分が非常に読みにくいおみくじとして有名です。   しかも、「凶」が多いと評判のおみくじ。 パッと出会ってしまって凶のおみくじだけでも心にダメージを受けてしまっても良い場面。そこで、仏様からのメッセージを受け取れないのではもったいないですよね。 また、一般的な神社ではあまりみない、末小吉や半凶や末凶など […]

川崎大師のおみくじの意味の解読・解説【21~30番】

川崎大師のおみくじは字も読めないし意味も難しい 川崎大師のおみくじも漢文で書かれている部分が非常に読みにくいおみくじとして有名です。   しかも、「凶」が多いと評判のおみくじ。 パッと出会ってしまって凶のおみくじだけでも心にダメージを受けてしまっても良い場面。そこで、仏様からのメッセージを受け取れないのではもったいないですよね。 また、一般的な神社ではあまりみない、末小吉や半凶や末凶など […]

食べ物は身体だけでなく心を作る|マルモの有機味噌はいい感じ

最近身体の調子がダルいなぁとか、なんとなくイライラしていて気分が優れないときありますよね。 そんな時に瞑想したり、お掃除をしたりと心を整えるための精神的な対策をするがオススメです。しかし、いつもなら気分がスッキリするのにいまひとつ実感が少ない時。 食べ物が偏っている この可能性を考えたみてもよいでしょう。 食べ物と心の関係について 食べ物が手や足といった肉体を作るために重要であったりするのは、科学 […]

川崎大師のおみくじの意味の解読・解説【〇番】

川崎大師のおみくじは字も読めないし意味も難しい 川崎大師のおみくじも漢文で書かれている部分が非常に読みにくいおみくじとして有名です。   しかも、「凶」が多いと評判のおみくじ。 パッと出会ってしまって凶のおみくじだけでも心にダメージを受けてしまっても良い場面。そこで、仏様からのメッセージを受け取れないのではもったいないですよね。 また、一般的な神社ではあまりみない、末小吉や半凶や末凶など […]

御神水をいただける有名神社|パワーチャージできるお水について

  御神水がいただける有名神社一覧 貴船神社のご神水 貴船神社は、貴船山と鞍馬山とに挟まれた谷合の地に鎮座する神社であり、古来より特に霊験が高いとされる「名神大社」の内の一社です。本宮・結社・奥宮の3つの御社からなり、本宮と奥宮のご祭神は、タカオカミノカミであり、水を司る龍神です。結社は、縁結びの神である、イワナガヒメノミコトが祀られています。 また、貴船神社で大人気なのが、「水占みくじ […]

保食神(うけもちのかみ)は食物と農耕の神様

保食神(うけもちのかみ)は食物の神様。日本神話には、食物の起源と農耕濃の起源の話が多くあり、この中には保食神、大宜都比売おおげつひめ、和久産巣日神わくむすびのかみが登場する。 その中でも保食神のウケと大宜都比売のゲツは、食べ物の意味。この共通点から2神は同一の神様とされることもあります。 保食神の神話について 天照大御神に命じられた月読命がたずねてきた時に、保食神はその能力を使って食べ物をご馳走す […]

【お正月の風習】三社参り(三社詣)の由来とご利益について

三社詣(三社参り)とは、決められた三つの神社を参拝するということ。 とりわけお正月の時期に、福岡県や佐賀県、山口県など九州地方・中国地方の一部で風習となっている参拝の方式になります。 特に九州・四国の参拝の場合には「一日のうちに三社すべて参拝しなければならない」「正月三が日に三社を参拝する」というものもありますが、これらはルールという訳ではありません。 三社参りの由来とは 三社参り(三社詣)の由来 […]