日本の伝統的な暮らしで心おだやかに

nagomeru(なごめる)

お清め

盛り塩のお清め効果は絶大!正しいやり方解説

更新日:

商売を営んでいるお店の入り口や、歌舞伎俳優など伝統芸能に関連する方々などの映像などで塩を持っているのを見たことがある人はいらっしゃるでしょう。日本でお清めとイメージしたとき、火・水・塩は非常に身近にあるものと言えると思います。

ただ、実際に自分でいざやってみようと思うと意外とどのように行えばいいのかわからないものです。今回はより効果の出やすい盛り塩の方法について解説していきます。

 

盛り塩の由来

簡単に盛り塩の歴史についてお話しますと、意外と古くすでに平安時代にはこの風習があったといいます。当時は人々は非常に貴重なものでした。このように玄関先に置いておくことによって高貴な方が牛車の牛が舐めるために立ち止まることがあったそう。貴族などが家に立ち寄るのは縁起が良いとされていました。

大切で神聖な塩を家の敷地に置くことで、塩のパワーが住む人へ波及すると考えていたことでしょう。

 

盛り塩の効果

塩にはすべてのバランスを整えるという効果があります。厄を祓い清めるという効果、新しい力を生み出す作用があるとされます。

神事であった相撲でも塩を使って土俵を清めるのを見たことがあるでしょう。あれは清めるのと同時に力士に力を発揮させるように行っているものです。

使う用途としては悪い方位に引越しをした、家がなんだか落ち着かない、悪いことが続くなどの時に盛り塩をすると厄祓いになります。また、パワーが落ちている場所に盛塩をすることで新しい力が宿るともされます。

お塩は大地の恵みです。建物に感謝する気持ちで盛塩をすれば元気と幸運がやってくるでしょう。

 

盛塩を置く場所と意味

玄関

盛塩の効果として期待されているのは、厄払いと開運であるとされます。玄関は幸運の入り口とされ、外から持ち帰ったエネルギーを整える効果を期待します。特にマイナスのエネルギーは塩によって厄を落として家の中に持ち込まないようにしています。

玄関に盛塩をすることで家全体に幸運の気が流れます。玄関の扉の外でも良いですし、中においても良いでしょう。下駄箱の上などの見えない場所においておいても効果はあります。

トイレ

トイレは健康に大きな影響を与える場所です。盛塩をすることで体調が良くなったり、病気になっている場合にはそのダメージが小さくなるなどの効果が期待できます。

また、トイレはどの方角であっても運気に影響が大きいですので、日々掃除をしっかり行い清潔に保つようにしましょう。

台所

水と火を扱う台所は、食事による健康づくりの基本となります。家族が食べる食事を作るため、奥さんをはじめ家族の運勢に影響があります。また、水と火の反発する力を浄化するという役割があります。

料理屋さんを営む方の場合にはお客さんがいらっしゃる玄関とキッチンの両方に置いておくと、お客様に気持ち良く召し上がっていただけると思います。

洗面所

水場に発生しやすいマイナスのエネルギーが溜まりやすい場所のひとつ。洗面所の蛇口や洗濯機の付近など直接水を扱う場所の近くに置いてあげると良いでしょう。洗濯機の近くに置いた場合には、衣類についてしまった厄を落とす効果もあるので効果が持続しやすいです。

盛塩は感謝とともに

使い終わった盛塩は、決して口にしないでください。吸収したマイナスを再び体に入れるのは避けましょう。また、トイレにお塩を流すのもNG。綺麗な川に流すか、キッチンの排水溝から感謝の気持ちを持って送り出してください。

以上、昔から伝わっている盛塩についてまとめてみました。実際に行ってみると空気が変わったと感じる方もいらっしゃるでしょう。また、よくわからない方でも安心してください。感謝の気持ちをもって、家を清らかにしようとした気持ちは十分な価値があります。それだけで気持ちいいでしょう。使っている家に改めてありがたさを感じるためのルーティンとして取り入れても良いかもしれませんよ。

効果を感じられる盛塩セット

熊本県の阿蘇白蛇神社(阿蘇白水龍神權現)にて財運祈願のご祈祷を受けている本気の盛塩セットが綺麗でオススメです。

このセットについている塩の形を整える道具を使うと、円すい型に塩を盛ることになります。円すいや三角すい、八角すいなどがありますが、初めて盛り塩をするのであれば基本となる円すい型が良いです。山のように先をしっかりと尖らせることで崎に良い気が集まり浄化の効果を感じられると思います。

ご祈祷された上質の盛塩セットなのにも関わらず、かなりお手ごろなので最初の1セットに使いやすいです。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ma-ko

科学の世界にどっぷりとつかり、企業で研究者の道を進んでいったものの。昔から神様が身近にいたことに気付く。 趣味のお城めぐりと一ノ宮めぐりをするうちに徐々に神話の世界と心の平穏について考えるように。現在はフリーランスのWEBディレクターとして楽しんでいます。

-お清め
-,

Copyright© nagomeru(なごめる) , 2019 All Rights Reserved.