日本の伝統的な暮らしで心おだやかに

nagomeru(なごめる)

現代の幸福論

【心を整える方法】毎日のラジオ体操は体も心も効果を実感できるエクササイズ

投稿日:

子供の頃から誰もが親しみのあるラジオ体操。大人になるにつれ、ラジオ体操をする機会は減りますが、音楽が聞こえてくると自然と体が動き出します。

ラジオ体操は子供からお年寄りまで無理なく全身運動ができて広く知られた運動ですが。実は負荷が強すぎず、深い呼吸で自律神経も整えてくれるので、朝の目覚めや日中のリフレッシュに最適なのです。

朝のエクササイズですっきりとした一日のはじまりに

気持よく動き出すための良いトコ取りプランを実践して、ふとんから起き上がり、温かいドリンクで体を起こす習慣ができてきたら、ちょうど良い全身運動「ラジオ体操」で、体も心も活性化するのをオススメします。

お手軽にラジオ体操をとり入れるなら「テレビ体操」が良い!

ラジオ体操が、毎日、「テレビ体操」として、テレビ放送されているのをご存知ですか?地上波では1日3回放送。曜日によって違う内容の5分バージョンと10分バージョンがあります。

とくに毎日実践するのにオススメなのが、毎朝Eテレで放送されている10分バージョン。10分バージョンのテレビ体操は、ラジオ体操だけでなく、生のピアノの演奏に合わせておこなう気持ちのいい運動も組み込まれていて、健康効果の高いプログラムです。

毎日にとり入れる方法は、3ステップ。

  1. 毎日、放送を予約録画
  2. 1日1回、録画を見ながら一緒に体操
  3. 体操が終わったら、その日の録画を消去

放送時間に合わせて起きることはむずかしくても、1日に1度、体操をすることができるので録画はオススメです。ノルマをこなしたら録画を消していく作業も、生活にリズムとはり合いをつくってくれます。

運動しなくちゃ…と思いながらも、ウォーキングやジョギングは、なかなか継続できないというタイプの人には特にオススメです。体のためにちょっとでも良いことをしているという満足感がえられ、気持ちが明るくなります。

そして、毎日実践することで達成感や充実感も得られます。省スペースで、パジャマのまま家のなかでできるので気楽にはじめられますよ。

テレビ体操がオススメの理由

オススメの理由はとてもシンプル

テレビ体操がおすすめの理由とは?
・体操が簡単である
・飽きのこない仕組み
・習慣化ができ、継続できる

まず、体操自体がとても簡単で運動が苦手な人でもむずかしくない。

朝のテレビ体操は、365日、毎日放送されるので、家の録画機材で、簡単に設定できる「毎日録画」で予約すればOKです。これで、1日1回のテレビ体操の準備完了。

また、Eテレのテレビ体操は、3カ月に1回(年に4回)内容がリニューアルされるので飽きることがありません。同じプログラムに慣れてくるのが3カ月。このちょうどいいタイミングで、曜日の担当の顔ぶれや内容がちょっと変わるので面白いんです。

季節に合わせて、オープンニングのアニメや体操の衣装もチェンジ。リニューアルの月頭は、ちょっとした楽しみになります。体操を指導してくれる先生やピアノ伴奏者、見本で体操してくれるメンバーが入れ替わるのも、飽きずに取り組める理由のひとつです。

さらに元旦、1月1日には「新春テレビ体操」として、この日だけの特別な演奏やプログラムの体操が放送され、1年間つづけてきた喜びを感じることができる工夫もあるんですよ。年のはじめということで新しいことにチャレンジしたいと思っている方は、来年からスタートしてみるのも良いでしょう。

放送を見ること自体が楽しみになってくれば、運動をつづけなければという気負いも消えて、気軽に楽しく体に良いことを続ける習慣ができるというわけです。

テレビ体操の放送時間と簡単な内容紹介

興味のわいてきた方に、放送時間と簡単な内容をご紹介。長年放送されている中で、少し時間帯が変わったり、リニューアルのサイクルが変わったりすることがありますが、近年はだいたい同じ放送時間。

2019年・夏時点のプログラムをご紹介しておきます。

放送時間 6:25~6:35 9:55~10:00 14:55~15:00
みんなの体操
ラジオ体操第1
みんなの体操
(副音声解説あり)
ラジオ体操第1
オリジナルの体操
ラジオ体操第2
みんなの体操
みんなの体操
ラジオ体操第1
ラジオ体操第2
オリジナルの体操
ラジオ体操第2
オリジナルの体操
みんなの体操
ラジオ体操第1
リズム体操
みんなの体操
ラジオ体操第2
放送なし
ラジオ体操第1
ラジオ体操第2

 

内容の主軸は、子供の頃に教わった「ラジオ体操第1」「ラジオ体操第2」、そして、ゆったりと動く「みんなの体操」です。

ラジオ体操第1・第2は、誰もが知っているお馴染みの体操ですが、「みんなの体操」は、ご存じない方も多いでしょう。高齢者や体の不自由な人にもできる体操として、国連の「国際高齢者年」にちなんで1999年に公募によってつくられたのが「みんなの体操」。ゆっくりとした動きで、座ったままでも筋力アップやストレッチができるやさしい体操です。

ラジオ体操は5分弱、みんなの体操は約5分となっています。10分以内でエクササイズできるという手軽さは本当にありがたいです。

意外と知られていない「リズム体操」の面白さ

このほかに、約5分の音楽に合わせて踊る感覚の「リズム体操」があり、1年に1~2度、音楽と内容が変わります。

テンポが速く、弾むようなちょっと複雑な動きが特徴で、マスターした頃合いで内容が変わるのも魅力です。朝のテレビ体操にもプログラムに組み込まれていた時期もありますが、現在は、午後の放送でしか確認できないので、興味がある方は、ぜひ、午後の放送も録画してみて下さい。

テーマ別なら「オリジナルの体操」

オリジナルの体操は、ラジオ体操やみんなの体操とともに実施される、3カ月に1度かわる簡単な運動で、肩まわりをほぐしたり、ふくらはぎの筋力アップを試みたりと、テーマが毎回ちがいます。

解りやすい解説と見本の動きで確認しながら、ピアノの生演奏とともに体を動かしていく形になります。ピアノの選曲も季節感があり、短い時間ながら、音楽鑑賞の楽しみもあるのが、オリジナルの体操です。

まとめ

なつかしいラジオ体操を、毎日の全身運動としてちょっとプラスすることで、体にも心にも効果のある方法をご紹介しました。

生活のリズムに組み込んで達成感や満足感をえるために、テレビ放送の毎日録画予約を見ながら実践する方法をオススメしていますが、動画でも、すべての体操を確認することができます。

空いた時間に、軽い全身運動を実践したい方は、動画でもOK。今は放送されていないリズム体操の内容なども確認できるので、お気に入りの体操をみつけて、毎日、くりかえして実践するのも良いですね。

音楽が聞こえてくると自然と体が動き出すラジオ体操。結構、覚えているものです。ぜひ、一度、テレビ体操を見てみて下さい。きっと動きたくなりますよ!

ラジオ体操第1

ラジオ体操第2

みんなの体操

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
reiko

reiko

声優・ナレーターとして20年、演技などを人に教える仕事を15年。その経験を生かし、心を整える手法や創造性を高めるためのノウハウを教えており、ライターとしても活躍。表現を志す人に希望を与えるスペシャリスト。

-現代の幸福論

Copyright© nagomeru(なごめる) , 2019 All Rights Reserved.