新幹線の車窓から眺める日本100名城|城好きには幸せすぎる景色

今日は出張で三重県に行ってきました。
電車での長距離移動は正直苦手なのですが、百名城ライフを堪能する時間にしています。

考え方次第で気持ちよくなるものですね。

まずは小田原駅のホームから望む小田原城です。
新幹線13番ホームから撮影しました。
実は窓に新幹線を入れて撮影してみたのですがわかりますでしょうか。

小田原駅から名古屋駅へ向かって出発!

これはまたもiphone撮影なのでなかなか完璧には取れませんでしたが。
東海道新幹線で東京~大阪間を移動する場合には、お勧めするは北側の席です。

まずは世界遺産になった流行の富士山。

これも北側です。天気が悪くて裾野しか見えませんが。三島駅を過ぎたあたりから見ていると綺麗に見えると思いますよ☆

 

また、北側には日本100名城のひとつ掛川城も見えてきます。お城好きには溜まりませんね。

 

ほんの一瞬ですがちょっと得した気分になることが出来るでしょう。

こだまでしたら、後ろの車両に乗ると良いです。

掛川城は駅に入る直前に見えます。ブレーキがかかってゆっくりと見ることができるのは進行方向の後ろの車両です。落ち着いてお城を写真が撮影できます。

 

三重への乗り換えの間に名古屋のご当地グルメ

もちろん名古屋駅新幹線ホーム住吉のきしめん。ご当地グルメを駅から出ずに、しかも370円から食べられるというのは素敵過ぎますよね。

鰹節が乗っているのでお出汁の香りが強くて、太目の麺とちょうど良い相性です。注文して2分以内に提供してくれるので15分時間に余裕があれば食べ終えることができますよ。

 

このまま関西本線で三重県にいどうしたのですが、この日は台風26号が接近中ということでお天気は悪かったです。
本当はおいしいご飯でも食べにいきたかったのですが今回はおあずけ。

三重県の松阪牛は確かに美味しくて現地で是非食べたいのですが、今回も時間なく断念。結局お取り寄せが一番落ち着いて楽しめるという。

 

最新情報をチェックしよう!