ステンレスのフライパン特集|おしゃれで使いやすい調理器具紹介

スタイリッシュで銀色の輝きがおしゃれなステンレスのフライパン。プロっぽい見た目もステンレスのフライパンの魅力の一つですよね。

ステンレスのフライパンはイタリアンや洋食のキッチンで使っているイメージが強いのではないでしょうか。

家庭で使ってみたくてもなんだか難しそうと、思っている方も少なくないでしょう。ただ、家庭で使うのに良い、選び方があるのです。

ここでは、おしゃれで使いやすいステンレスのフライパンを紹介していきます。

ステンレス製フライパンが選ばれる理由

ステンレス製のフライパンは、作っている時に色が美しく見えるという見た目も魅力。

ですが、実は機能的にも優れているのです。

特に耐久性の高さと保温性の高さが大きなメリットとなります。具体的に見ていきましょう。

耐久性が高い

ステンレスのフライパンは、耐久性に優れています。

素材の特性から、鉄だけでできているフライパンと比較すると錆びにくいのが特徴。

テフロンコーティングされているフライパンが一般家庭用として誰でも簡単に扱うことができますが、コーティングが剥がれたら買い替えが必要になりますよね。その点、ステンレス製のフライパンは、きちんと手入れを続けていけば半永久的に使うことも可能な調理器具なのです。

保温性が高い

保温性が高いステンレス。

ステンレス製のフライパンは、煮込み料理にも最適です。ソースを作っても冷めにくく、温かい状態を保てます。

コンロの数が他のお料理で使われていても、ある程度温度を保てるというのは魅力的です。

ステンレス製のフライパンのNGの使い方

ステンレスという金属は、耐久性があり錆びには強いのですが、一点注意があります。

それは、酸で腐食しやすく焦げ付きやすいところがあるということ。

適切に使わなければ、綺麗な状態を保つことが難しくなるという点だけは知っておくと良いでしょう。

酸性の食品を長時間入れたままにしない

焦げ付きやすいのが玉に傷ですが、酢をつけたスポンジでこすると、汚れや焦げ付きを綺麗に落とすことができます。

しかし、注意しなくてはいけないのが、強い酸が変色の原因になるということ。フライパンのなかに、酸性の食品を長時間入れたままにしないようにしましょう。

おすすめステンレスフライパンはコレ!

耐久性の高さなどステンレスの良さを活かすには、テフロン加工をしてないオールステンレスにこだわる必要があります。

ステンレス単体では熱伝導が悪いため、オールステンレスのフライパンを選ぶときには間にアルミを挟んだ多層構造を選ぶのがおすすめです。

以下は、特にフライパンとしての特性が高いものとなりますので、迷っている方は以下から選ぶと良いと思います。

Fissler(フィスラー) / プロコレクション

フィスラーのプロコレクションシリーズは、素早くこんがり焼き色を付けたいお肉料理に最適。ハンドルも熱くなりにくく、安心して使うことができます。無水調理もできるので、幅広い用途で使用することができますよ。家庭のメインフライパンとして取り入れてみてはいかがでしょうか?

Vita Craft Pro(ビタクラフト プロ) / プロフライパン

ビタクラフトのなかでも、高い耐久性が必要な業務用を想定して作られたのがビタクラフトプロシリーズです。

全面5層構造で、ステンレスとアルミの良いところを合わせ、熱しやすく冷めにくいを実現しています。さらに食材の油分をだけを使い、余分な油を使わずに使える優れもの。健康が気になる方はぜひ試してみてくださいね。

created by Rinker
Vita Craft(ビタクラフト)
¥16,499 (2021/10/28 19:19:50時点 Amazon調べ-詳細)

ジオ・プロダクト / ソテーパン

引用:宮崎製作所

日本製にこだわりたい方におすすめなのが、ジオ・プロダクト。

金物の町として知られる新潟県燕市にある宮崎製作所のオリジナルブランドです。開発には服部学園の理事長でもある服部幸應先生を招き、家庭での使いやすさを追求した逸品。

全面7層構造がなんとも贅沢な作りですよ。

created by Rinker
宮崎製作所(Miyazaki Seisakusho)
¥10,426 (2021/10/28 19:19:50時点 Amazon調べ-詳細)

All‐Clad(オールクラッド) / ステンレスシリーズ

オールクラッドは、アメリカで大変人気の高い有名ブランド。日本では18/8のステンレス製品が多いなか、18/10ステンレスを使用しており、焦げ付きにくく使いやすいのが特徴です。

アメリカではプロの料理人から家庭の主婦まで、幅広い層が使用しています。

日本では大手通販サイトなどで購入することができるので、気になる方はネットショッピングで手に入れてみてください。

Demeyere(デメイエレ) / ジョンポーソン

ベルギーの高級ブランドであるデメイエレからは、ジョンポーソンシリーズのご紹介です。

ジョンポーソンシリーズは、イギリスの建築家であるジョンポーソン氏がデザインしたもので、とても美しくスタイリッシュ。造りも7層構造の本格派なんです。

プロも使用しているので、かっこよくて本格的なステンレス製のフライパンが欲しいという方はぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ

ステンレス製のフライパンは、使いこなすのが難しく敬遠されがちですが、多層構造のものを選ぶなど工夫をすることでグッと使いやすくなります。

実は焦げ付いたとしても、重曹を入れたお湯にしばらくつけておくだけで剥ぐこともできるので意外と簡単です。

ステンレスならではの綺麗でおしゃれな見た目は、ほかには代えがたいもの。使う前に諦めずにぜひチャレンジしてみて下さいね。

 

最新情報をチェックしよう!