CATEGORY

神社解説

【下総国一ノ宮】開運のご利益のあるパワースポット香取神宮(千葉県香取市)

香取神宮は神武天皇の時代に創建された神社で、ご祭神は経津主大神です。 日本神話では、経津主大神は武甕槌大神と共に国譲りの交渉を行うため出雲の大国主神のもとへ赴き、日本の建国に貢献したとされています。 武甕槌大神は鹿島神宮のご祭神として祀られ、香取神宮と鹿島神宮とは一対の関係。両神宮とも中臣氏を通じて朝廷とのかかわりを深め、篤く信仰されました。奈良時代には中臣氏の子孫である藤原氏の氏神になります。中 […]

【常陸國一之宮】格式高いパワースポット鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)は関東最古の神社

鹿島神宮は、神武天皇が武甕槌大神の布都御魂剣(ふつみたまのつるぎ 通称「韴霊剣」)によって窮地を脱したことから創建された神社です。 武甕槌大神は、天照大御神の命を受けて大国主神と日本建国の際の国譲りの交渉を行ったことで有名な神様。その武甕槌大神と共に交渉に向かったのが、香取神宮のご祭神である経津主大神です。鹿島神宮と香取神宮は一対の存在とされ、朝廷との深いかかわりを持ち東国支配の拠点としての役割を […]

相模湾に浮かぶ江島神社(神奈川県藤沢市)|洞窟の奥には龍神さんがいるらしい

相模湾に浮かぶ江の島に鎮座する江島神社。江島大神と総称される三姉妹の神様が祀られています。 奥津宮に多紀理比賣命 、中津宮に市寸島比賣命 、辺津宮に田寸津比賣命を祀っており、中でも中津宮は美をもたらすとされる授与品があり多くの女性から人気。 江島神社の御由緒 神様からのメッセージを受け取った当時の欽明天皇が江ノ島にある洞窟の中にお宮を建てるようにと指示をしたのが始まりとされます。文武天皇の時代には […]

戸隠神社は日本最高レベルのパワースポット!五社巡りの順番と参拝時間について

日本神話では、天照大神が閉じこもった天の岩戸を開くために神事が行われたとされています。戸隠神社には、その神事にかかわりのある神々がご祭神として祀られています。神事の際に天手力雄命が投げた天の岩戸が飛来して戸隠山になったといわれています。 戸隠神社は、奥社・中社・宝光社の戸隠三社と九頭龍社・火之御子社を合わせた五社からなる神社です。現在の奥社は平安時代初期に修験僧の学問行者が発見したのが起源だとされ […]

断崖の岩窟内に社殿のある美しい神社「鵜戸神宮」(宮崎県日南市)

鵜戸神宮(うどじんぐう)は崇神天皇の時代に六柱の神が六所権現として祀られたのが始まりです。 鵜戸神宮には、主祭神である日子波瀲武鸕鷀草葺不合尊の誕生にまつわる神話が残っています。山幸彦(彦火火出見尊)が兄の海幸彦に借りた釣り針をなくし、それを探しに行った竜宮で海神の娘である豊玉姫命と出会います。山幸彦は釣り針を返すため陸へと戻りますが、山幸彦の子を身ごもった豊玉姫命も後を追って鵜戸の地を訪れます。 […]

主な神社の系統が知りたい!○○信仰の本社や関連神社を紹介します

神社には祭られている神様によって信仰の系統があるのをご存知でしょうか。 今回は有名な神社信仰を系統ごとにまとめてみます。 伊勢信仰(神明信仰) 天照大御神を主祭神とするのが伊勢信仰 ご利益 国家安泰・所願成就 本社 伊勢神宮・内宮(皇大神宮) 主な伊勢信仰の神社 山上大神宮(北海道函館市) 開成山大神宮(福島県郡山市) 意富比神社(千葉県船橋市) 東京大神宮(東京都千代田区) 芝大神宮(東京都港区 […]

【淡路国一之宮】伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)|国生み神話に関係する日本最古の神社

伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)とは 淡路島に鎮座する伊弉諾神宮は日本最古ともいわれる神社の一つです。「いっくさん」との愛称で呼ばれ親しまれています。御祭神は古事記や日本書紀で国生みの神話に登場する伊弉諾尊と伊邪那美になります。 男神である伊弉諾と女神の伊邪那美は日本の八島を作った神様。さらに伊弉諾は天照大神、月読、スサノヲなど三貴神をはじめ多くの神様を誕生させます。 伊弉諾は最初にできた淡路島の多 […]

【伊豆國一之宮】三嶋大社(静岡県三島市)

三嶋大社の創建時期は不詳で社名の由来も諸説ありますが、奈良時代の古書に記録が残っていることから、その歴史の長さがうかがえます。 源頼朝が篤く信仰し旗揚げの際に戦勝祈願を行ったことで有名で、境内には頼朝や妻の政子が休息したといわれる腰掛け石など頼朝ゆかりの場所が残されています。 頼朝以降の鎌倉幕府の将軍も代々参詣し、その後も争乱の際には数多くの武将が祈願に訪れました。さらに三島が宿場町として栄えたた […]

【伊勢國一之宮】みちびきの祖神さまが祀られる椿大神社(つばきおおかみやしろ)(三重県鈴鹿市)

椿大神社は、垂仁天皇の時代に倭姫命に下った神託によって猿田彦大神を「道別の大神」として祀ったことに始まる、紀元前から続く神社です。猿田彦大神は瓊瓊杵尊に道案内をしたことから「みちびきの祖神さま」として崇められています。 社名の由来は仁徳天皇の夢に現れた椿だといわれています。中世になると伊勢国の一の宮として発展しました。また、猿田彦大神の末裔である行満大明神は修験道の開祖として役行者を導いたとされ、 […]

【上総国一ノ宮】春分・秋分のレイライン日本東端の神社「玉前神社」(千葉県一宮町)

1200年の歴史があるとされる玉前たまさき神社は、子授け、出産など女性を守る神様を祀る神社。 境内には「子宝・子授けのイチョウ」と呼ばれる三本のイチョウの木があります。雄木、雌木、子供の木の順に触ってお願い事をすると、子宝に恵まれるという言い伝えがあります。 また、玉前神社は春分の日、秋分の日に太陽の通り道となるレイラインを通されている神社。出雲大社、元伊勢、富士山、寒川神社と国内有数のパワースポ […]