日本の伝統的な暮らしで心おだやかに

nagomeru(なごめる)

神社参拝の方法

富士五湖の龍神?名前と実際に挨拶に行った感想について

投稿日:

富士山のが霊峰富士とよばれ、古くから信仰の対象だったことはご存知でしょう。その歴史的な価値がみとめられ富士山は世界文化遺産に選ばれました。

この富士山ですが、周りに富士五湖と呼ばれる湖がありここには龍神が住んでいるとされています。この龍神にはそれぞれ名前が付いています。

富士五湖の龍神とその名称

  • 河口湖 水口龍神(みずぐちりゅうじん)
  • 本栖湖 古根龍神(ふるねりゅうじん)
  • 精進湖 出生龍神
  • 西湖 青木龍神(あおきりゅうじん)
  • 山中湖 作薬龍神

また、神様と日本の歴史について書かれた古事記や日本書紀といった書物の前の古代文書とされる「ホツマツタエ」には富士には五湖の湖だけではなく、富士八湖であったとされています。大正時代の終わりまでは「富士八海」と呼ぶのが一般的だったそうです。

現代の富士五湖の他には「泉津湖」「明見湖」「四尾連湖」の3つの湖があったとされ、いずれも富士山周辺にあったということです。

それぞれの湖に住む龍神の名前は

  • 泉津湖 仙水龍神(御手洗龍神)
  • 明見湖 明見龍神(清氏龍神)
  • 四尾連湖 尾崎龍神

富士五湖の参拝の方法

富士五湖の龍神さんに挨拶する時には、神社などで参拝するの?などどこからお参りすればいいのかわからないでしょう。

まずは湖のお水に直接触れるということで良いと思います。

河口湖

どこから龍神さんに挨拶するかですが、私は河口湖大橋の東側「大池公園」からにしました。

お水に触れられる場所であれば良いと思います。この公園の隣には北原ミュージアムや不動茶屋など見所も多いですし、観光にもおすすめです。

 

本栖湖

本栖湖湖畔駐車場に車を泊めて湖まで歩いていきました。

上の写真で左の山に雲がかかっているのが分かるかと思いますが、この山は「竜ヶ岳」という名前がつけられているんです。

 

現在2つの湖しか挨拶できていませんが、近々また他の湖にもいきたいと思います。どこから参拝するかなどの情報を更新していきます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ma-ko

科学の世界にどっぷりとつかり、企業で研究者の道を進んでいったものの。昔から神様が身近にいたことに気付く。 趣味のお城めぐりと一ノ宮めぐりをするうちに徐々に神話の世界と心の平穏について考えるように。現在はフリーランスのWEBディレクターとして楽しんでいます。

-神社参拝の方法

Copyright© nagomeru(なごめる) , 2019 All Rights Reserved.