日本の伝統的な暮らしで心おだやかに

nagomeru(なごめる)

神社解説

伊勢神宮は一度は行っておくべき日本の大切な神社(三重県伊勢市)

投稿日:

言わずと知れた日本で唯一となる神社の「本宗ほんそう」、全国に8万社以上あるといわれる神社の中のトップの神社という位置づけの存在です。

かつては一生に一度は行きたいと皆が望んでいた、憧れの土地です。

ちなみに伊勢神宮というのは通称なんです、正式な名称は「神宮」の2文字。非常に特別であることがわかりますね。

神宮には日本の最高神である天照大御神が祀られる内宮(皇大神宮)と五穀豊穣の神様である豊受大御神を祀る外宮(豊受大神宮)をはじめ、摂社や末社など含めて125社もの神社が存在していているんです。

伊勢神宮ってどんな神社なの?

内宮(正宮)

主祭神 天照大御神

神宮の内宮ではお参りできたことの感謝をする場所と考えましょう。

大きな杉の木が立ち並ぶなか、階段を登って参拝します。天照大御神を守るために非常にたくさんの御垣がめぐらされているのがわかります。一般の参拝は外から2番目の前からのご挨拶になります。御幌(みとばり)と呼ばれる白い布が風でなびくと縁起が良いという話も有りますが、もし奥が見えなくても大丈夫。しっかりと感謝をすれば神様にはちゃんと伝わります。

お参りする前には五十鈴川の御手洗場で手を清めてからお参りしましょう。

内宮別宮(荒祭宮)

別宮は正宮についで格式の高いお宮のことをいいます。伊勢神宮の内宮にある荒祭宮では天照大御神の荒御魂が祀られています。

こちらでは感謝だけでなく、個人的なお願い事と自分の決意についてお話すると良いです。

荒祭宮に行く途中も大きな杉の木が立っており、中には明らかに階段側に突き出たものもあります。これは神様のご神域ということで木を切らずに残されたもので、非常にパワーを感じられる存在です。もし力強い木があれば両手をかざして、パワーをいただくのも良いと思います。

 

外宮と内宮はどちらを先にお参りするの?

伊勢神宮は昔からまずは外宮をお参りし、その後で内宮にお参りするの習わしになっています。実際に伊勢神宮でお祭りが行われるときにも先に外宮から始まる「外宮先祭」がなされます。参拝される方は少なくとも外宮と内宮の両方を順序を守ってお参りしましょう。

 

神社情報

名前:神宮

社格:式内社

住所:三重県伊勢市宇治館町1

電話番号:0596-24-1111

駐車場:あり

公式HP:http://www.isejingu.or.jp/


地図

近くのオススメスポット

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ma-ko

科学の世界にどっぷりとつかり、企業で研究者の道を進んでいったものの。昔から神様が身近にいたことに気付く。 趣味のお城めぐりと一ノ宮めぐりをするうちに徐々に神話の世界と心の平穏について考えるように。現在はフリーランスのWEBディレクターとして楽しんでいます。

-神社解説

Copyright© nagomeru(なごめる) , 2019 All Rights Reserved.