日本の伝統的な暮らしで心おだやかに

nagomeru(なごめる)

神社解説

神社の社格の順位について~神宮・大社・宮の違いとランクについて~

更新日:

神社の参拝をしていると、○○神社というものが一般的である一方で大きな神社や有名な神社になると○○大社とか、○○宮とか名前が同じではないですよね。

なんとなく感じるこの神社の名前の最後につく部分は「社号」といいます。

現在使用されているものは「神宮」「大社」「ぐう」「大神宮」「神社」などの社号が一般に用いられている。今回はそれぞれの社号やちょっと変わった社号など解説していきます。

社号と社格は同じではない点に注意

神宮や大社などの名前がついた神社は格式が高そうであるのは間違いないですし、歴史的に見てもそのような傾向があります。しかし、社格という制度時代は第二次世界大戦の終わりのときにGHQによって神社と国の分離をすることになっており、現在社格制度は廃止されている状態にあります。

そのため、現在で社格の参考にされているのは、平安時代に作られた「延喜式」に記載されているかどうか(式内社という)や、明治時代に制定された「官社」などを「旧官幣社」「旧国幣社」などと昔の社格が使われている。実際に神社にお参りすると神社の名前が入った石が置かれていると思いますが、ここに昔の社格が彫られていることがあります。是非ごらんになってください。

神社の社号について

神社の名称に使われている社号について、昔の社格などを参考にしながら特徴をまとめていきます。

神宮

社号の神宮は非常に特別で、この名前がついた神社は特に歴代の天皇や皇室とのかかわりが強い神社につけられる社号です。日本の中心となる神様のルーツとなるため、格式が高い神社につけられています。神宮号を付けられている神社の例としては以下があります。

神宮号の神社
  • 鹿島神宮
  • 香取神宮
  • 熱田神宮
  • 気比神宮
  • 橿原神宮
  • 明治神宮
  • 平安神宮
  • 白峯神宮
  • 水無瀬神宮
  • 石上神宮
  • 伊弉諾神宮
  • 赤間神宮
  • 鵜戸神宮
  • 霧島神宮
  • 北海道神宮

大社

大社とは戦前までは出雲大社にだけ使われていた社号。現在では全国に信仰の広がる総本社やそれに並ぶ影響力の大きな神社に使われていることが多い。明治時代の社各制度で「官幣大社」「国幣大社」の社格が与えられていた神社が、戦後に大社と名前を変更するケースが多い。

大社号の神社
  • 出雲大社
  • 諏訪大社
  • 春日大社
  • 松尾大社
  • 伏見稲荷大社
  • 梅宮大社
  • 建部大社
  • 多賀大社
  • 三嶋大社
  • 住吉大社
  • 熊野本宮大社
  • 熊野速玉大社
  • 熊野那智大社
  • 南宮大社
  • 多度大社
  • 高良大社

宮(ぐう・みや)

社号の「宮」は神宮と同じ意味で用いられており、天皇や親王などの皇族を祀る神社に付けられている。また、皇族以外でも天満宮など皇族でなくとも政権に関わった数少ない神様にも宮の社号が付けられている。菅原道真を祀る天満宮と徳川家康の東照宮が有名。

宮号の神社
  • 香椎宮
  • 石清水八幡宮
  • 風日祈宮
  • 風宮
  • 月読宮
  • 伊雑宮
  • 日光東照宮
  • 久能山東照宮
  • 井伊谷宮
  • 鎌倉宮
  • 金比羅宮
  • 波上宮
  • 水天宮
  • 高津宮
  • 風浪宮
  • 筥崎宮(はこざきぐう)

旧社格について

現在は廃止されているとはいえ、昔から神社の格は大切にされてきたものですので現在でも神社の規模を考える上で有用になります。

官幣社と国幣社は、官幣社の方が国幣社よりも格が上であると考えて良いでしょう。また、それぞれに大・中・小と分けられるのですが、格は大がもっとも高く、次いで中となります。これらと神道辞典を参考に考えると

官幣大社>国幣大社≧官幣中社>国幣中社>官幣小社>国幣小社>別格官幣社

の順と考えるのが良さそうです。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ma-ko

科学の世界にどっぷりとつかり、企業で研究者の道を進んでいったものの。昔から神様が身近にいたことに気付く。 趣味のお城めぐりと一ノ宮めぐりをするうちに徐々に神話の世界と心の平穏について考えるように。現在はフリーランスのWEBディレクターとして楽しんでいます。

-神社解説
-

Copyright© nagomeru(なごめる) , 2019 All Rights Reserved.