日本の伝統的な暮らしで心おだやかに

nagomeru(なごめる)

神社解説

猿田彦神社本社 おかげ横丁の入り口の神社

更新日:

みちひらきの大神とされる猿田彦大神をお祀りする神社。伊勢神宮の内宮へ向かう時に交差点の近くに「猿田彦神社」という立派な神社が目に止まった方は多いでしょう。この猿田彦大神はものごとの最初に現れ、すべてを良い方向へ導く力があるとされる神様です。天照大御神の孫である邇邇芸命が天孫降臨するときに高千穂の峰に案内した神様として有名です。

猿田彦神社について

猿田彦大神は天孫降臨の時、天之八衢 (あめのやちまた)に待ち迎えて、みちひらきをされ、天孫邇邇芸命を高千穂へと導いた神様。その後天宇受売命に送られて、伊勢の五十鈴の川上に来られ、伊勢神宮の近くを中心に広く国土を開拓指導された地主の神になります。

ご本殿は二重破風の妻入造りです。手前の祝詞殿は平安時代を感じさせる寝殿造りで非常に豪華な印象を受けます。神紋は五瓜梅鉢。

猿田彦神社の御祭神

主祭神:猿田彦大神(さるたひこおおかみ)

相殿:大田命(おおたのみこと)

主なご利益は?

建築・方除け・災難除け・開運・事業発展・五穀豊穣・大漁満足

 

神社の見所とパワースポット

いたるところに八角形のモチーフが入っていることに気付きます。鳥居の柱も八角形ですが、台座に使われている石も角が落とされています。こちらもしっかり八角形。こだわってますねぇ。

方位石

拝殿の正面にある八角形の方角が示された石。元々は昔の社殿があった場所に設置されている。みちひらきの力があるとして、パワースポットとしても人気があります。

上の写真左下にあるのが方位石です。

子宝池

鳥居をくぐって左側にある池は子宝池としてご利益があります。池畔には神世から継承し続けている宇治土公家の産霊神が祀られています。

佐瑠女神社

御祭神を天宇受売命(アメノウズメノミコト)とする神社。天照大御神が洞窟に籠ったときに、神楽を舞って世界に再び平和をもたらした神として有名。また、天孫降臨の時に地上にいた猿田彦大神と最初に対面した神です。その後猿田彦大神と天宇受売命は夫婦となっており、猿田彦神社の境内に摂社として祀られています。

神楽、芸能の神様であり信仰を集めています。本殿はやはり八角形で色鮮やかで美しいです。

 

神社情報

名前:猿田彦神社

社格:別表神社

住所:三重県伊勢市宇治浦田2-1-10

電話番号:0596-22-2554

駐車場:あり(参拝者は入庫30分無料)

公式HP:http://www.sarutahikojinja.or.jp/

 

地図

近くのオススメスポット

食べておきたいグルメ

おかげ横丁にある赤福の本店は是非立ち寄りたい。

また、伊勢神宮への参拝同様に伊勢うどんはココでしか食べられないので味わっておきたい逸品です。

近くの観光地

伊勢神宮内宮

おかげ横丁

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ma-ko

科学の世界にどっぷりとつかり、企業で研究者の道を進んでいったものの。昔から神様が身近にいたことに気付く。 趣味のお城めぐりと一ノ宮めぐりをするうちに徐々に神話の世界と心の平穏について考えるように。現在はフリーランスのWEBディレクターとして楽しんでいます。

-神社解説

Copyright© nagomeru(なごめる) , 2019 All Rights Reserved.