CATEGORY

神社解説

白山神社(新潟県新潟市)|境内裏の末社が異次元に行ったように感じるパワースポット

白山神社はどんな神社? 新潟県新潟市に鎮座する白山神社は、霊峰・白山を御神体とする山岳信仰の神社です。 古くから「越のしらやま」として親しまれた白山は、雪解け水を川に流し、流域の田畑を豊かに実らせるとして人々の信仰を集めてきました。 新潟の総鎮守、氏神様として、日本海側の地方都市を反映してきた神社となります。 白山神社の御祭神 白山神社の主祭神は、菊理媛命(ククリヒメノミコト)と伊邪那岐尊(イザナ […]

霧島東神社(宮崎県高原町)|国産みと天孫降臨の神話に関する神社

霧島東神社はどんな神社? 宮崎県西諸県郡、高千穂峰の中腹・500メートルの高台に鎮座する霧島東神社は、国産みと天孫降臨の神話の舞台となった神社です。 国産みは、伊邪那岐尊(イザナギノミコト)と伊耶那美命(イザナミノミコト)が、天逆鉾(アメノサカホコ)で大地をかき混ぜ、日本列島を産み出した神話。 高千穂峰の頂上には、天孫降臨にまつわる天逆鉾(アメノサカホコ)が祀られています。神話の時代からの歴史をも […]

佐久奈度神社(滋賀県大津市)|神道の基礎の神様の総本宮

佐久奈度神社とは? 滋賀県大津市に鎮座する佐久奈度神社は、祓戸大神(はらいどのおおかみ)の総本宮。 天智天皇8年(669年)、勅命を受けた中臣金(なかとみのかね)が祓戸の神を祀って創建したとされる歴史ある神社。意外と知られていない神社になりますが、実は神道にとって大切な神社なのです。 今回は佐久奈度神社の歴史や見所など紹介していきます。 佐久奈度神社の御祭神 佐久奈度神社の御祭神は4柱の祓戸(はら […]

【一覧表】富士山の世界遺産の構成資産の浅間神社はどこ?

霊峰富士山の信仰から浅間大神こと木花之佐久夜毘売命を主祭神とする浅間神社は、全国に1300社あるとされています。2013年に富士山が世界文化遺産に認定された時に、一部の浅間神社についても構成資産であるとして登録されています。 静岡県には特に富士山への信仰があったため、大きな浅間神社もたくさんあります。 世界遺産へいきたくても、登録されていない浅間神社へ行ってしまったと言うことが内容に、一覧表を作成 […]

河口浅間神社(かわぐちあさまじんじゃ)

河口浅間神社の御祭神 木花之佐久夜毘売命(コノハナサクヤビメノミコト)   主なご利益は? 恋愛成就、家庭円満、安産成就、水難除去 神社の見所とパワースポット 美麗石(ヒイラ石) 『日本三代実録』に記されているという古代から信仰されてきている神社の元の形がわかる石です。 天然記念物の七本の巨木杉 手水舎 摂社・末社 摂社・山神社 父神になる大山津見神(おおやまつみのかみ)を祀るお社です。 […]

【上野国一ノ宮】貫前神社は珍しい「下り宮」があるパワースポット

貫前神社とは 群馬県にある上野国一ノ宮である「貫前神社」。読み方が分かりにくいかもしれませんが「ぬきさき神社」と読みます。 貫前神社は古くから朝廷に崇拝されてきた歴史ある神社です。中世以降になると武家からも篤い信仰をうけて、広く心のよりどころになってきました。 境内は社殿が鳥居よりも低い位置にある「下り宮」のある珍しい構造を持つ神社としてもしられます。 総門をくぐってから石の階段を下っていくのです […]

【越後國一之宮】彌彦神社は2礼4拍手1礼の参拝方式で知られる歴史ある神社

彌彦神社とは 彌彦神社は越後の国の一宮として知られる神社です。越後の国はもう一つ居多神社が知られますがいずれも一ノ宮的な特徴と性質を持つ神社になります。彌彦神社は霊峰として知られる弥彦山を眺めると言う神社で、富士山の浅間神社、白山比咩神社しらやまひめじんじゃ等と同様に山をご神体とするものです。 彌彦神社はその神宮寺の国上寺とともに越後の国の宗教的な権威があったとされ実質的には強く一宮の特徴を持って […]

伊勢神宮「月讀宮」(三重県伊勢市)|神様とつながりやすいパワースポット

月讀宮とは 三重県の4市2郡にわたって、125社もの宮社が存在する伊勢神宮。天照大御神を祀る皇大神宮と、豊受大御神を祀る豊受大神宮という二つの正宮から成り、皇大神宮は内宮、豊受大神宮は外宮と呼ばれています。内宮の別宮である月讀宮は、月讀尊を祀る宮社です。 月讀尊は夜を統べる月の神様で、月とかかわりの深い暦や海を司る神様だとも考えられています。月讀尊が天照大御神の弟であることから、月讀宮は天照大御神 […]

室生龍穴神社(奈良県宇陀市)|水と木の力強さを感じるパワースポット

室生龍穴神社神社とは 室生はその土地が火山活動によって形成されたため、洞穴の多い地形をしています。古くから洞穴は龍神の棲む龍穴だとされ、神聖な場所として崇められていたのだそう。後の桓武天皇である山部親王が病気になったとき、室生山の龍穴で病気平癒の祈祷がおこなわれました。無事病気が治った山部親王の命によって、室生龍穴神社を管理する神宮寺となる室生寺が建立されます。このときに祈祷がおこなわれた龍穴が、 […]

丹生川上神社下社(奈良県下市町)|闇龗神が鎮座する強力なパワースポット

丹生川上神社にうかわかみじんじゃは天武天皇の時代に創建され、雨乞い・雨止めの神様として篤く朝廷の崇敬を受けてきた神社ですが、中世以降に衰退し一度歴史が途絶えてしまったため、その由緒ははっきりとわかっていません。土地の古くからの言い伝えでは、上流から流れ着いた鳥居を拾って、ご神体として祀ったのが始まりだとされているそう。 江戸時代に、元の所在地についての考証が盛んにおこなわれるようになると、丹生大明 […]