日本の伝統的な暮らしで心おだやかに

nagomeru(なごめる)

日本の神様

伊耶那美命(いざなみのみこと)

更新日:

伊耶那岐命は伊耶那岐命(イザナギノミコト)とともに、日本列島や多くの神を生み出した存在。火の神を生んだときに火傷を負ってしまい、これが原因で死んでしまう。その後黄泉の国の住人となったが、迎えに来たイザナギに自分の姿を見られて激怒する。イザナギに向かって「あなたの国の人間を1日千人殺します」という宣言をする。死に関わる神となる。よって伊邪那美神は黄泉大神とも呼ばれている。

伊邪那岐命と伊邪那美命の2柱で生んだ神の代表的なもの

水蛭子(ヒルコ)

大事忍男神(オオコトオシオノカミ)

大綿津見神(オオワタツミノカミ)

速秋津比古神(ハヤアキツヒコノカミ)

速秋津比売神(ハヤアキツヒメノカミ)

志那都比古神(シナツヒコノカミ)

大山津見神(オオヤマツミノカミ)

火之迦具土神(ヒノカグツチノカミ)

伊邪那岐命のみで生んだ神

金山毘古神(かなやまびこのかみ、イザナミの吐瀉物から生まれる)

金山毘売神(かなやまびめのかみ、イザナミの吐瀉物から生まれる)

波邇夜須毘古神(はにやすびこのかみ、イザナミの大便から生まれる)

波邇夜須毘売神(はにやすびめのかみ、イザナミの大便から生まれる)

彌都波能売神(みつはのめのかみ、イザナミの尿から生まれる)

和久産巣日神(わくむすひのかみ、イザナミの尿から生まれる)

別称

伊耶那美神(いざなみのかみ)
伊弉冉尊・伊弉奈弥命・伊佐奈美命

御神格

国生み神・神生みの創造神、万物を生みだす女神、大地母神

ご利益

夫婦円満、縁結び、安産子育て、豊作、豊漁、商売繁盛、無病息災・病気平癒、厄除け、延命長寿

祀られている主要神社

花窟(はなのいわや)神社(三重県熊野市有馬町)
波上宮(沖縄県那覇市)
伊弉諾神宮(兵庫県淡路市)
多賀大社(滋賀県犬上郡)
江田神社(宮崎県宮崎市)
筑波山神社(茨城県つくば市)
佐太神社( 島根県松江市)
三峯神社(埼玉県秩父市)
英彦山神宮(福岡県田川郡添田町)
白山比め神社(石川県白山市)
玉置神社(奈良県吉野郡)
丹生川上神社(中社) (奈良県吉野郡)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ma-ko

科学の世界にどっぷりとつかり、企業で研究者の道を進んでいったものの。昔から神様が身近にいたことに気付く。 趣味のお城めぐりと一ノ宮めぐりをするうちに徐々に神話の世界と心の平穏について考えるように。現在はフリーランスのWEBディレクターとして楽しんでいます。

-日本の神様
-

Copyright© nagomeru(なごめる) , 2019 All Rights Reserved.