神様の名前の「○○のみこと」|「命」と「尊」の違いについて

神社参拝をすると、神社ごとにお祀りされている神様がいます。

その名前を確認すると「○○のみこと」という名前の神様が多いことがわかりますが、漢字を確認すると「命」で「みこと」と読むパーターンと、「尊」を「みこと」と読むものの2種類があることがわかります。

この違いについて解説していきます。

「みこと」って何?

みことという名前の呼び方は、一般的に神様や身分の高い人、目上の方に使うものです。名前の最後に「のみこと」をつけて使用します。

みことの語源は接頭語である「み」を使って「御事」であるという説が有力です。

他にも「御言」とするものや「御子」などの色々な説があるそうです。「御言」は神様や天皇のおっしゃるお言葉のことを指します。「御子」は高貴な方のお子様を示す敬意の表現単語です。

いずれにしても「みこと」は高い身分の方に対して使われるものであるということです。

神様の名前の「命」「尊」について

神様の名前の「みこと」については日本書紀の神代巻の冒頭に「至りて導きを尊といい、自余そのほかを命という。みな美挙等みことむ」と書かれています。さらに同じく日本書紀には以下の神様が「尊」の文字が使われています。

  • 国常立尊(クニノトコタチノミコト)
  • 伊弉諾尊(イザナギノミコト)
  • 伊弉冉尊(イザナミノミコト)
  • 素戔嗚尊(スサノオノミコト)
  • 月読尊(ツクヨミノミコト)
  • 瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)

これらの神々以外には「命」が使われています。また、古事記にはこのような文字の使い分けはなされていません。

最新情報をチェックしよう!