日本の伝統的な暮らしで心おだやかに

nagomeru(なごめる)

日本の神様

菊理媛神(くくりひめのかみ)

更新日:

菊理媛神(くくりひめのかみ)は日本神話ではほとんど活躍していない神様でありながら、日本三霊山の霊峰・白山をご神体とする白山比咩しらやまひめ神社の主祭神として崇拝されている神様になります。白山比咩大神とも呼ばれており、子孫を繁栄させる産霊むすびの神様として結婚、安産、命名などのご祈祷がされています。

菊理媛神は神話上どんな神様なの?


画像:http://www.shirayama.or.jp/

菊理媛神は日本書紀においてたった一度だけ登場したという出番の少ない神様。これによると、黄泉の国から逃げ出そうとする伊邪那岐神(イザナギノミコト)を追ってきた妻である伊邪那美命(イザナミノミコト)が黄泉平坂というところでケンカをしたとき、菊理媛神が泉守道者と一緒に出てきてケンカを収めたといいます。これによってイザナギノミコトは無事にこの世に戻ってくることができたとされます。

出番は少ないものの、国生みの一柱であるイザナギノミコトを守ることができたという意味で非常に重要な役割があったということになります。

黄泉の国に行ってしまったイザナミノミコトは死者の国の代表、一方でこの世にいるイザナギノミコトは生きる者の代表として考えられる。この意味で両方の調和を図ったということから、ククリヒメは神様と人間の間を仲介する巫女のような役割を連想させます。このことから、ククリヒメはイタコの先祖のような霊能力をもつ方の信仰が厚いことでも知られます。

また、夫婦喧嘩を仲裁したという神話から男女の仲をとりもつ神話の神さまであることで縁結びの神様としても人気が高い。名称も「くくりひめ」の「くくり」とは、「紐でくくる」や「荷をくくる」というように物事をまとめる・結ぶという意味にも通じていますね。

関係深い神様

①伊邪那岐命

②伊邪那美命

別名

菊理姫神・菊理比咩神・菊理比売神(くくりひめのかみ)

白山比咩神・白山比売神(しらやまひめのかみ)

白山神(はくさんのかみ)

ご利益

五穀豊穣・縁結び・安産・育児・命名・生業繁栄・家内安全

祀られている主要神社

白山比咩神社(石川県白山市)

白山神社(新潟県新潟市)

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ma-ko

科学の世界にどっぷりとつかり、企業で研究者の道を進んでいったものの。昔から神様が身近にいたことに気付く。 趣味のお城めぐりと一ノ宮めぐりをするうちに徐々に神話の世界と心の平穏について考えるように。現在はフリーランスのWEBディレクターとして楽しんでいます。

-日本の神様
-

Copyright© nagomeru(なごめる) , 2019 All Rights Reserved.