淤加美神(おかみのかみ)

古事記では淤加美神、日本書紀では龗神と表記される神様。

生まれたのはイザナミが火之神日野カグツチを生み死んでしまった時イザナギは端を私に追いやったカグツチを拳で切り殺しましたその時に鍵の束に付着したカグツチの力生まれたのが貴神古事記ではこの時に生まれたのは倉神としています。タカオカミノカミとクラオカミノカミの違いは高は高い山を表し、クラは深い谷を表しているのだそう。

オカミと言うのは龍の別の呼び方でつまりタカオカミノカミは山の龍神ということが名前からもお分かりいただけるだろう。

一説にはタカオカミノカミとくらおかみのかみは同一神ともされており、両者を1つの神様と考えてオカミノカミと呼ぶこともあります。

オカミノカミの娘に日河比売(ヒカワヒメ)がおり、ヒカワヒメがスサノオの孫と結婚し大国主が生まれた。

別名

高龗神 たかおかみのかみ

闇龗神 くらおかみのかみ

闇淤加美神 くらおかみのかみ

淤加美神・袁加美神・意加美神 おかみのかみ

龍神 りゅうじん

ご利益

祈雨・祈晴

農水安全

商売繁昌

夫婦和合

祀られている主要神社

貴船神社(京都府京都市)

丹生川上神社上社(奈良県吉野郡川上村)

丹生川上神社下社(奈良県吉野郡下市町)

室生龍穴神社(奈良県宇陀市)

 

最新情報をチェックしよう!