日本の伝統的な暮らしで心おだやかに

nagomeru(なごめる)

神社参拝の方法

天河大弁財天社のおみくじの意味【51~60番】

更新日:

天河神社のおみくじについて

天河弁財天社のおみくじは、古代言霊御託宣というもので、古代と書かれていることもあり、古文のように難解な文章と崩し字で読みにくいといわれるおみくじの一つです。で書かれているのが特徴的です。
普段から昔の言葉を読みなれていないと、吉凶の判断くらいしかできない方も多いと思います。それでも崩し字はわからないものも存在します。

もし意味が分からないと思ったときには、年末年始などは混雑していて難しいかもしれませんが、天河神社の社務所で意味について聞くようにしてください。このページでは既にネット上に上がっている写真や実際に私が参拝したときにひいたおみくじを解読してまとめたものです。お役に立てば嬉しいです。

番号によって確認ページを準備しております。知りたい番号をクリックしてください。

天河神社神占

1番~10番
11番~20番
21番~30番
31番~40番
41番~50番
51番~60番
61番~70番
71番~80番

ネット上に画像や文章があるもののみ記載しております。不足しているものについて知りたい方は、お手数ですがお問い合わせフォームに全文をご記載の上連絡いただければ追加掲載いたします。

詩の部分の説明と今後のアドバイスが重要

「これハ~」から始まる右下部分は、神様からの特に重要なメッセージが書かれています。漢文で書かれた場面から読み取れることと占いの結果は対応しており、あなたの現在の状況からどのように今後振舞うのが良いのかが具体的に書かれている場所です。

心の状態について穏やかであるようにと教えているものが多く「慎みが大切」や「他人の助言を素直にきくように」、などが書かれています。大吉や吉などの吉凶の表記だけをみて満足しがちですが、大切な部分は右下。
しっかりと読み込み、今日から実践していくことをおすすめします。

各項目ごとの良し悪しの説明

「此れは~」以降の部分は、一般的なおみくじにも書かれる健康や商売、結婚などの個別事項に関してひとつずつ回答してくれる形で進みます。特におみくじを引く段階でアドバイスが欲しいと思った項目について参考にするのが良いでしょう。また、信仰すると良い神様についても具体的な名称を教えてくれます。現時点でご縁の強い神様である可能性は十分にありますので今後の神社めぐりの参考にされるのがおすすめ。

 

天河神社おみくじ51番の意味

第五十一番

『吉』

日大神高木神(ヒノオオカミタカギノ)
皇孫天降坐(カミノスベミマツアマクダシマス)
御議波為津(ミハカリハシツ)

これは願ひのぞみありといへどもよういになりかだきの兆なり(がたきの誤字)
人の意見をきゝて心永く事をはかるべし いそぐ時ハかならず仕そんずる事あるべし ゆくすへハ吉を得て何事も心のまゝに行とゞくこともありとしるべし

▲此みくじにあふ人ハ天照す大御神高木の神をしんじんすべし
▲病事ハながびくといへどもほんぷくすべし
▲ほうがくハみなみのかたよし
▲うせものハ後に出べし
▲待人おそくきたる
▲たび立千里の道をゆくともあやまちなし
▲よめとりむことり家づくりわたまし人をかかえまた奉公に出るもよし
▲くじそしやう事ハ始めくろうのち大によし
▲商ひうりさきかひこみともによし
▲生死十に九ついきる
▲しようぶ事十分の勝なり
▲願ひのぞみおもふままにじやうじゆする時いたれり

意味を確認する
このおみくじは願いや望みがあるけれども、簡単には進まないという兆しである。人の意見を聞いて辛抱強く時間をかけて物事を計画しましょう。急いで行えば必ず失敗があるでしょう。時間がたてば吉を得て、全て心のままに行くようになるものだと知りましょう

・この神籤に合う人は天照大神、高木神を信心すべし

高木の神とは高御産巣日神(たかみむすびのかみ)になります。サムハラ神社・大塚神社・小松神社(星田妙見宮)・東京大神宮が有名です。

・病事は長引くといっても本復するでしょう
・方角は南の方よし
・失せ物は後になって出るでしょう
・待人遅く来る
・旅立ち遠いところに行ってもいいことがあるでしょう
・嫁取り婿取り家造り渡座し(新築引越し)人を雇う、また仕事に就くもすべてよし
・籤、訴訟事は始め苦労する。後に大いによし
・商い、売り先買い込み共によい
・生死は十に九つ生きる
・勝負事十分に勝つでしょう
・願い望み思うままに成就する時に至るでしょう

天河神社おみくじ52番の意味

第五十二番

『吉』

思兼神命令(オモヒカネカミノミコトニオモハ)
思弖萬乃事(シメテヨロヅノコト)
毛量給岐(モハカリタマヒキ)

『吉』

これハ萬事思慮ふかく人に用ゐらるゝさいはひあるものうらかたなり 人のためにつねづねつかハるゝ事ありて身にくろうあるべし ずいぶんこゝろをせめてことをなすときハじやうじゆすべし とほく思ひはかりて幸福を求むべし

▲此みくじにあふ人は日の神をひとすじにしんじんすべし
▲病事ハそバ目にハあやうくみゆるほどの事もたんせいの功によりてのちハほんぷくうたがひなしとしるべし
▲方がくハ東のかたよし
▲まち人おそく来る
▲たび立ハみあハすべし
▲家づくりわたましげんぶくむことりよめとり人をかゝえ主取によし
▲あきなひ始に利をみずのちのちハ大によし
▲うせもの出る
▲くじそしよう事ハこのむべからず
▲何事もしづかに事をはかるべし なるたけこゝろを尽してのちハ功あり

意味を確認する
このおみくじを引いた方は、どんな事でもしっかりと考えをめぐらし、他人のお役に立つことによって幸せや成功を得られるという兆しです。しかし、人のために日々頼まれごとを受けており、それに奔走することになるので身に苦労があるでしょう。しっかりと努力して行動していれば、必ず成功するでしょう。先の先まで考えて幸福を求めるようにしましょう。

このおみくじを引いた方は天照大御神を一筋に信仰しましょう。

・病気は外見には危く見えるようなことでも、真心をこめた治療によって、後になって完治は間違いないと知りましょう。
・方角は東の方がよい。
・待ち人は遅く来る。
・旅立ちは見合わせるべきである。
・新築、引越し、嫁取り・婿取り、人の採用、又就職は良い。
・商売ははじめのうちは利益がないが、後々に大いに良くなる。
・失い物は出てくる。
・訴訟事は争わない方がよいでしょう。
・何事も騒ぎ立てず、焦らずに計画的に行動しましょう。可能な限り真剣に取り組むことで後に成功があります。

天河神社おみくじ53番の意味

第五十三番

『末吉』

忠誠厚有物(マメココロアツカラザレバ)
新玉年三季(アラタマノトシノミトセニ)
複命世自(カヘリコトセジ)

これハものごととゞこほりありて早速にはなりがたきのうらかたなり すみあかになすべきことありともなすべからず いそく時ハかへりてやぶるゝ事あるべし ばんじさしひかゆれバうたがひをうくるともさしたるとがハあらず たのむことにハ用ゐがたし

▲此みくじにあふ人ハ天つ神をしんじんすべし
▲やまひ事ハいたつてながしおどろくべからず
▲ほうがくハたつみの方よし
▲うせ物いでがたし
▲まち人きたらず
▲くじそしよう事ハ十にして八ツまでハ叶ハず
▲家づくりあたましよろしからず
▲よめとりむことりいそぐ時ハととのいず
▲人をかゝゆる奉公ありつきあしかるべし
▲たび立かへりの程しれず
▲しようぶ事ハまけなり
▲生死ハ六七分ハいきる
▲あきなひハはかばかしからず末にハすこしよし
▲何事もはかばかしからず 身の行ひによりてよろしきこともあるべし

意味を確認する
このおみくじは物事が上手くすすまず、悩みごとがすぐに解消されることはないという兆しです。速やかにやらなければならないこともあるでしょうが、すべての事を一度控えておくことで、疑いは受けることがあっても、責められることはなくなるのでよい。向こうもこれによって重要なことを頼みにくくなります。

このおみくじを引いた方は天津神を信心しましょう。

・病気は、長くなる。焦ったり不安になりすぎたりしなければ、時間によって全快に向かいます。
・方角は東南が良い。
・失せ物はなかなか出てこない。
・待人は来ない
・訴訟ごとは控えましょう
・家の新築・引越しは要注意
・嫁とり、婿とりなど婚姻関係は熟慮が必要
・人を雇っての事業はよく注意しましょう
・旅行は注意しましょう
・生死に関することは60~70%は生きられる
・商いはあまりよくない 将来は良いほうになる。今は何事も上手くいかないことが多いが心に忠誠を持って幸せを臨む事。

天河神社おみくじ55番の意味

第五十五番

『凶』

音啼悪天探(ネヲアシトアマノサグ)
女告口射被殺(メガツゲクチニイコロサニタル)
雉子名兂女(キギシナナキメ)

これハ人のさかしらによりてみに災ひを引うくるの兆なり おそれ慎むべし第一たちつるぎ弓矢のなんをふせぐべし何事も労して功なし あさるきぐすのつまごひにという哥を思ひあハすべしかえすがへすも旅立他こくへ行事をいむべし

▲此みくじにあふ人ハ武三熊の神をひたすら信心すべし
▲病事ハほんぷくしがたしきずやいばなどにてくろうあるのかたち
▲方がくハうしとらの方よし
▲まち人来らず
▲うせ物出るといへどもそんもうのがれがたし
▲家づくりわたましげんぷく人をかゝゆるにわろしわけて主とりハ大凶なり
▲しようぶ事すべからず
▲生死しぬる
▲あきなひ売買共に利なし
▲くじそしようハ利ありとも■になりかつ事なしおもひとゞまるべし
▲何事もたゞ人に時ありてわがみにときなきことをしりてひかへめにすべし

意味を確認する

このおみくじを引いた方は、わかったふりをして出過ぎた振舞をすることで災いを受ける兆候があります。でしゃばり過ぎないように慎みましょう。まずは、刃物など武器による災いを防ぐようにしましょう(現代の場合には包丁などの調理器具やエアーガンなどでしょうか)。どんな事をするにも苦労はあっても成果が得られない状況になります。「あさるきぐすのつまごひに」という和歌を思い出しましょう。くれぐれも旅立ちには注意、他の国へ行くことを避けましょう。

このおみくじを引いた方は武三熊之大人(たけみくまのうし)を熱心に信心しましょう。武三熊之大人は天穂日命(あまのほひのみこと)の子にあたる神様。国譲りの交渉にいった天夷鳥命(あめのひなとりのみこと)と同じ神様と考えられています。馬見岡綿向神社、防府天満宮などに祀られています。

▲病気は回復しにくい、傷もしくは手術跡で苦労するかもしれません
▲方角は北東が良い
▲待ち人は来ない
▲なくした物は出るのですが、傷ついたり損をすることは間違いないです。
▲家の新築、引越し、人の雇用は悪いです。仕事の掛け持ちは大凶です。
▲勝負事はしてはいけません
▲商売は売りも買いも利益はありません。
▲訴訟事は一見利益があるように見えるが、結果勝つことはない状態になります。やめましょう。
▲何事も良い時期とそうでない時期があります。今のあなたは時期にないだけであると思ってしばらく大人しくしていましょう。

天河神社おみくじ57番の意味

第五十七番

『吉』

石根樹根草(イハネキネクサノ)
片葉噤安国成(カキハモコトヤメテヤスクニナセル)
建布都之神(タケフツノカミ)

『吉』

これは千しん万苦してその功をたてたるのうらかたなり 心を貞正にしてなす時ハ万事とげずという事なし ふるき腰のものによりて事あるべし 上にたつ人によしでも下にふさハしからず病又ハわざハひによりて危き事あり心つくべし

▲此みくじにあふ人ハ不津ぬしの命をしんじんすべし
▲方角ハいぬゐのかたよし
▲待人おそし
▲うせもの出る
▲家づくりわたましげんぶくよめとりむことり人をかゝへ奉公に出るによし
▲くじそいよう事叶ふべし
▲勝負事十度して十たび勝べし
▲あきなひ買かた半吉売かた十分としるべし
▲生死十に九ついきる
▲旅たち至てよし
▲何事も水にいて水におぼれず火によれどもやけどせぬ心なり くわふくハみの行ひにありとしるべし

意味を確認する
このおみくじは、多くの辛抱や苦労を経験して成功を収めるという兆しになります。心を正しく節操を保てば、何をしても全て成し遂げられない事ということはありません。古い刀によって、何ごとかトラブルが起きるかもしれません。上に立つ人はよいが、部下として属する方には釣り合わないということはあります。病気や災難によって危険な事はおこります。しっかりと注意しておきましょう。

・このおみくじを引いた方は経津主神(ふつぬしのかみ)を信心しましょう。有名な神社では香取神宮、春日大社などに祀られています。

・方向は西北の方が縁起が良い
・待つ人は来るのは遅い
・無くしたものは出る
・家の新築や引越し・独立・嫁取り婿取り・人を雇うこと・就職は良い
・訴訟は主張が通るでしょう
・勝負事は十回行って十回とも勝つでしょう
・商売をするのに、物を買うのは半吉、売るのには将来性十分です
・生死は十に九つ生きるだろう
・旅行は非常に良い
・何事も、水の中では水に溺れずない、火に近づいてもやけどをしない心が重要です。危うきに近寄らず、平常心を保ちましょう。幸福は自分自身の行いから生じると心得ておきなさい。

 

天河神社おみくじ59番の意味

第五十九番

『吉』

幽冥事顕露(カミゴトトアラワニゴトト)
事々替八十隈(コトカヘテヤソノクマ)
手隠給比奴(デニカクレタマヒキ)

これハ功なり名とげて後代をゆづるの兆なれバ あらハにゆきとどきがたき事のかぎりかげみにそひてたすけわが手がらをも手がらとせず わがほまれをもほまれとせずして家国の治りをたのしむ時は何事もあしきことなし

▲此みくじにあふ人ハ大名持の命をしんじんすべし
▲やまひ事はほんぷくすべし
▲ほうがくハみなみのかたよし
▲うせ物 出る
▲まち人来る
▲旅だちよし
▲やづくりわたましげんぶくよめとりむことり人をかゝゆるによし ただし主取(誰かに仕えること)はすべからず
▲あきなひかたくしてしぜんのしあハせをまつべし
▲くじそしようおもいのまゝに叶う
▲生死十に九つ生る
▲しやうぶ事すゝむときはまけしりぞく時は勝べし
▲何事も平らかなる事を図り荒々しき事は好むべからずとしるべし

意味を確認する
これは名を上げ成功した後にその地位を譲る兆しです。その努力が明らかにならず人知れぬ時であっても影のように連れ添い助け、その成果も名誉も己のものとせず治めること自体を望んで行う時は吉となるでありましょう。

この御籤を引いた方は大国主を信心しましょう

・病気は完治します
・方角は南が良い
・失くし物は出る
・待ち人は来る
・旅立ちは良い
・家の新築や引越し、嫁とり婿取り、人を雇うことは良い。ただし就職してはいけません。
・商売は手堅く行って、自然の状態で幸せを待ちましょう
・訴訟事は思うとおりにかなう
・生死にかかわることは90%は生きる
・勝負事は進むと負け、退くと勝てるでしょう
・何事も平和であるように計らって、かりにも乱暴なことや無謀なことは好んではいけません。良い事があっても、かえって具合が悪くなることもあるから注意しなさい。

天河神社おみくじ60番の意味

第六十番

『吉』

御船青柴垣(ミフネヲバアヲフシガキニ)
打成御孫命(ウチナシテミマノミコト)
仁國奉来(ニクニマツリケリ)

これハ上にしたがひ父にそむかずにミを安穏たもつの兆しなり 万事しあハせよき方におもむき家内むつましく世をたのしみおもしろき月日をおくるなるべしもの取りきわめ事に用ひてよろし みに過たる望みをおこすべからず

▲此みくじにあふ人ハ事しろ主の神をしんじんすべし
▲病事は十に九つほんぷくすべし
▲うせ物いづる
▲方角ハ東のかたよし
▲まち人来る
▲たびだちには用ひがたし出先にて足などなやむ事あり
▲家づくりわたましげんぶく人をかかえよめとりむことりよしただし主とり(誰かに仕えること)奉公はわろし
▲くじそしよう事叶ふ
▲生死ハ十に七八は生る
▲あきなひハ買い八分売さき十二ぶんなりみくじ八十ばんのうちこれに過たるハなし
▲しようぶごとハすべからず

意味を確認する
目上の方の言う事、父親のいうことをよく聞き、安穏に過ごしましょう。万事よい方向に進み、家族は仲良く楽しく過ごせるでしょう。物事は決まり事をうまく使えばすべてうまくいきます。身の丈以上の望みをしないこと。

このおみくじを引いた方は事代主の神様を信心しましょう。

・病気は90%は回復する
・失くし物はでます
・方角は東が良い
・待ち人きます
・旅は良くない、出先で足を怪我する可能性に注意
・新築、引越し、雇用は良い
・訴訟事も願いが通るものの悪いことには使えません。
・生死にかかわることは70~80%は生きる
・商売は買うのは8分、売りは十二分の利益、戸隠神社の80番ある御籤の中にこれ以上の物はない。
・勝負事はさけるように

さいごに

天河神社のおみくじはインターネット上にあまり出ていないので、意味の解読をお手伝いしたくてもなかなか思うように進みませんね。

もし、おみくじの画像をおくっていただければ、解読してアップさせていただきます。ご協力いただけると嬉しいです。

また、天河神社のおみくじは戸隠神社との共通点が多いです。信仰する神様についてのアドバイスは別である可能性もありますが、内容については参考になると思います。以下に戸隠神社のおみくじのリストを掲載しましたので、近い番号のものを選んでいただき確認してみてください。

戸隠神社も情報がないものが多い点ご容赦いただけると助かります。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ma-ko

科学の世界にどっぷりとつかり、企業で研究者の道を進んでいったものの。昔から神様が身近にいたことに気付く。 趣味のお城めぐりと一ノ宮めぐりをするうちに徐々に神話の世界と心の平穏について考えるように。現在はフリーランスのWEBディレクターとして楽しんでいます。

-神社参拝の方法
-,

Copyright© nagomeru(なごめる) , 2019 All Rights Reserved.