日本の伝統的な暮らしで心おだやかに

nagomeru(なごめる)

日本の神様

戸隠神社のおみくじの解読【1~10番】

更新日:

戸隠神社のおみくじと言えば、大人向けのおみくじということで非常に書かれていることが分かりにくいです。

今後必要になる生活の指針や信仰のアドバイスなどせっかくなので、メッセージをより正しく受け取りたいものです。今回は既にわかっているおみくじについて解読・解説などしていきたいと思います。

番号によって確認ページを準備しております。知りたい番号をクリックしてください。

戸隠神社御神籤文

1番~10番
11番~20番
21番~30番
31番~40番
41番~50番
51番~60番
61番~70番
71番~80番

ネット上に画像や文章があるもののみ記載しております。不足しているものについて知りたい方は、お手数ですがお問い合わせフォームに全文をご記載の上連絡いただければ追加掲載いたします。

お問い合わせはこちらからお願いします。

戸隠神社のおみくじの構成

戸隠神社の構成は一般的なおみくじとは異なっています。

①「○○の兆」と書かれたタイトルと漢文

ここで書かれている「兆」とは、読み方が「うらかた」とか「ちょう」となっており占いの結果という意味があります。内容は古事記や日本書紀などの日本の歴史書などに書かれている場面についての説明がなされます。実は古事記は宇宙誕生から国が作られていく様を表されているのですが、その場面を漢文で紹介する形がほとんどです。

②吉凶の記載

戸隠神社のおみくじは、日本全国神社仏閣は多々あれどあまり見かけないタイプの吉凶の順番になります。大吉・吉・小吉・末吉・平吉の他に珍しい「たいら」「向吉」という結果が出る珍しいものです。向吉は「きちにむかう」という読みで現在は良くないが徐々に良くなるという意味です。

「平」については末吉と凶の間などとも説明されており、内容を見てもそれほど目立って嬉しい内容ではないかもしれない。ただし、元々戸隠山が仏教の聖地であったことや、神道の考え方を心に留め置くと吉でも凶でもないという状態はニュートラルな状態であるとも考えられ、好ましい状態とも受け取れる。受け取り方次第ですが、レアなおみくじということもありラッキーと思うのも良い。

③漢文の場面の説明と今後のアドバイス

「是は~」から始まる部分は、特に重要なメッセージが書かれています。漢文で書かれた場面から読み取れることと占いの結果は対応しており、あなたの現在の状況からどのように今後振舞うのが良いのかというアドバイスが対になって書かれています。「心穏やかに」や「人の言うことをききましょう」、「願いは叶うから安心して」などの内容が書かれているものが多いです。吉凶の表記だけでなくこちらの部分をしっかりと読み込み、今日から実践していくことをおすすめします。

④各項目ごとの良し悪しの説明

「○此れは~」以降の部分は、一般的なおみくじにも書かれる健康や商売、結婚などの個別事項に関してひとつずつ回答してくれる形で進みます。特におみくじを引く段階でアドバイスが欲しいと思った項目について参考にするのが良いでしょう。また、信心するべき神様についても紹介してくれます。今後の神社めぐりの参考にされるのが良いでしょう。

構成についてわかったところでようやく本番です。番号順に意味を解説していきますのでご確認ください。

戸隠神社おみくじ 2番

第二番 天先成兆(あめまづなるのうらかた)

『吉』

是は人の上たる人によろしく、天の如くあふぎ尊まるることあるべし。下にはあたらず諸人のそねみをうくることあり、ものごとよく心すべし。萬事すすむこころあり、善事には用ひてよし、但し縁談はよく注意すべし。

○此は皇産霊神(むすびのかみ)を信心すべし。病事は日を追ひてよき方に向ふべし・東南の方よし・待人そのうち来る・商・売りさきよし・買ひさきあし・失物出でがたし・旅立は行先にしあはせごとあり、家造家移りみあはすべし・訴訟ごとおもひのままにかなふ・生死は危うきことあり。

内容を確認する
もしあなたが人の上に立つ立場であるなら、人々から尊敬を集めるような良いことがあるでしょう。
もし人を従える立場にはない場合には、周囲の人から悪い評価を受けることになるので注意しましょう。
たいていの事柄は進行させてよく、特に良いこと・めでたいことは話を進めてよい。ただし、縁談には注意しなさい。

信心すべき神様は皇産霊神。「神産巣日神(カミムスビノカミ)」「高御産巣日神(タカミムスビノカミ)」。

・体調を崩している場合には徐々に良くなります。
・方角は東南の方がよい。
・待人そのうち来る
・商売は売りは良く、買ひは悪いでしょう。
・失物出にくいでしょう。
・旅立は行先に良いことがあります。
・家造家移りは一度見合わせた方が良い
・訴訟は思い通りに叶います。
・生死は危うきことあり。

 

 

戸隠神社おみくじ 3番

第三番 地後定兆(つちのちにさだまるうらかた)

重而濁物者舎根(おもくしてにごれるものはあらかねの)
土登曾后夵定来(つちとぞのちにさだまりにける)

『平』

是は地のちにさだまるの兆なれば、ものごとひかえめにしてとかく人に従ひ、こゝろを柔和にもてば吉にむかふべし。一ぶんにて人に先だつときは、さまたげありてとげがたかるべし、つゝしみ第一なり。

〇此は皇産霊神(むすびのかみ)を常に信心すべし・病事はよき医者のたすけによりて本服すべし・方は南の方よし・いひぶん争事は十ぶん利をもちてかつ事なし・上たる人のをしへを待つべし・縁談おとこにはよし女には再度考ふべし、勝負事・訴訟事先に利をとらるとしるべし、待人おそし・家つくり旅立ひかへてよし・物ごとひかへめにすべし。

 

内容を確認する
これは「大地が後にできた」という占いが出たのであるから、万事ひかえめにして、なにかと人に従って、心を柔和にしていれば、運勢が上向くだろう。自分一人の考えで、人より先に何かしようとする時は、障害があって成就できないだろう。慎重が第一である。

信心すべき神様は皇産霊神。「神産巣日神(カミムスビノカミ)」「高御産巣日神(タカミムスビノカミ)」。

・病気はよい医者の治療によって回復するだろう。
・方角は南の方がよい。
・けんか口論は、十分の利を得てしても勝つ事はない。
・目上の人の指導を待ちなさい。
・縁談は、あなたが男ならよいが、女なら考えなおしなさい。
・勝負事や訴訟事では、相手に先に利益を取られるものと覚悟しなさい。
・待ち人が来るのは遅い。
・家を建てることや、旅立ちは、やめたほうがいい。
・物ごとをひかえめにしなさい。

 

戸隠神社おみくじ 4番

第四番 葺牙兆(あしかびのうらかた)

葦牙如萌騰物依(あしかびなしもえあがりしものにより)
彦舅神會成坐来(ひこぢのかみぞなりませりける)

『小吉』

是は天なり地さだまりて後人主生ましたまふの兆なれば萬事成就すべし。しかれども地いまだわかくしてただよふときなれば、やすき事なし。何事もこころながくしてよしとしるべし。

◯此は天津神を信心して良し・病事すみやかに全快すべし・方は東のかたよし・うせものいづ、待人来る・家造引こしいづれもよし・生死十に九つまで生くとしるべし・縁談・職を定むるによし・旅立遠く役はあし・近くはよし・商売買ともによし・勝負訴訟事大方よし。

内容を確認する
この御神籤は天地が定まりその後に神がお生まれになったという兆しです。これによれば全てのことが成就するであろう。しかし土は出来たばかりで未だしっかりとしていない、漂う時期です。その為簡単な道とはならないであろう。何事にも辛抱強く、長い目で見る方が良い。

・天津神を信心してしましょう。

・病気は速やかに治るでしょう
・方角は東が良い
・失せ物はでるでしょう
・待ち人来る
・家造り、引越しいずれも良い
・生死にかかわることは90%は生きる
・縁談、定職に就くのは良い
・旅は遠くに用事があって行くのは悪い、近くは良い
・商いは売りでも買いでも良い
・勝負事は大抵良い

 

戸隠神社おみくじ 6番

第六番 自基呂嶋兆 (おのごろしまのうらかた)

瓠葛天御矛歴曾(ひさかたのあめのみほこのしたたりぞ)
己登凝弖嶋成来(おのれとこりてしまはなりける)

『吉』

是は万事目うえの人にしたがひ、教えをうけて事をなすときはとげずというふ事なし。女は懐妊のこころあり。他へ出て事をなすによろし。よろず相談事魚と水とのごとくなるべし。

○此は皇産霊(むすび)の神くまのの御神を信心すべし・病事速やかに平癒べし・失物出づべし・旅立ちよし・縁談よし・よろず相談事整うべし・生死は十に六つ七つは生く・いひぶんあらそい事すべて口をつつしむべし・かならずかつ・待ち人おそし・先にてよろこび事あり・商い半吉・元手を損することなし・このみくじは住所を定むるによし。

 

内容を確認する
何事も目上の人に聞いてしっかりと教えを受けるのであれば成功出来ない事はありません。女性は懐妊を覚えがあるとあるでしょう。外出・ 嫁ぐなどに出て活動するのは良い。すべての相談事は魚と水との相性が良いように協力するようにするのがよい。

信心すべき神様は皇産霊神である「神産巣日神(カミムスビノカミ)」「高御産巣日神(タカミムスビノカミ)」、熊野権現(熊野大神)の神々。

・病気は速やかに平癒する。
・失くしたものや忘れてものは出てくるでしょう
・旅立ちはよい。
・縁談はよい。
・色々な相談事は整う。
・生死の問題は6~7割方助かる。
・言いたいことがあったり争いごとがあったりしても口を慎めば、かならず勝つ。
・待ち人はなかなか現れない。
・少し時間がたてば喜びことがある。
・商売はまあまあよい、元手を損することはない。
・夜は家に帰るのがよいでしょう。

 

 

戸隠神社おみくじ 7番

第七番 麻具波比兆(まぐはひのうらかた)

日刺方天真柱行巡(ひさかたのあめのみはしらゆきめぐり)
婚媾坐津女男両神(まぐはひましつめをのふたはしら)

是は男女ありて、はじめて逢ふのかたちなれば、よろこぶ事あるの兆なり。何事も人にかけあひ談合することよし。縁談はかならずととのふとしるべし。ものごと手はじめには思ひよらざる幸ありとしるべし。

○皇産霊の神くまのの御神をまつるべし、病は十に七八もぜんくわいあるべし、方は東北の方よし、待人来る、家造り引越しよし、旅立ちよし、訴訟事十ぶんかなふ、失せ物でづべし、勝負事平、願事上たる人の教えをうけて時を待つべし、いひぶんはかぐしらず、商はさばけおそくとも十ぶん利を得としるべし。

 

内容を確認する
このおみくじの示すところは、付き合い始めた男女が初めて結ばれるようなことがあれば、それは慶事の予兆です。何事も人に相談して決めていくとよいです。縁談は必ず成立します。手始めには予想もしなかった幸福があることでしょう。

信心すべき神様は皇産霊神である「神産巣日神(カミムスビノカミ)」「高御産巣日神(タカミムスビノカミ)」、熊野権現(熊野大神)の神々。

・病気は7・8割は回復するでしょうし、全快もあり得ます。
・方角は北東が良いでしょう。
・会いたい人は来ます。
・家の建築、引っ越しは良いでしょう。
・旅行もよし。
・裁判は勝ちます。
・無くした物は出てきます。
・勝負は引き分け・願い事は先輩・上司の教えを受けて時を待ちなさい。
・言い分は通りにくいでしょう
・ 商売は売れ行きは遅いけれども十分に利益がある。

 

戸隠神社おみくじ 8番

第八番 鶺鴒兆(まなばしらのうらかた)

首尾乎動鳥爾学
媾合術者得給来

『吉』

是は何事によらず、わかざる業も、思ひの外(ほか)人のたすけを得てたやすくなしうるの心あり、子孫栄ゆべし。
但し夫婦の道正しきに随はざれば身に災ひをうくべし。

此は皇産霊の神をしんずべし・病事は平癒べし、信心ゆだんすべからず・方は東北の方よし・待人来る・さきよりさたあるべし・勝負事よし・家造家移りよし・よめとりむことりよし・旅立ちよし・みちにてゆだんすべからず・失者おもひよらぬ所より出づべし・生死はいく・もつとも信心すべし・訴訟事いひぶんよくかなふべし。

内容を確認する
このおみくじの示すところは、どんな状況やいかなる事柄においても、全く分からない事でも、予想外の人のたすけを得て簡単に成し遂げるという意味であり、子孫も栄えるでしょう。
但し夫婦の道は正しい道に随わないと身に災いをうけるでしょう。

皇産霊の神を信じましょう。高御産巣日神(たかみむすびのかみ)、神産巣日神(たかみむすびのかみ)を信仰しましょうの意味と考えます。

・病気は平癒するでしょう、信心は油断してはいけません
・方角は東北の方角がよい
・待っている人は来るでしょう
・先方からは連絡があるでしょう
・勝負事はよい・新築・引っ越しもよい・嫁取り婿取りもよい
・旅行もよい
・途中では油断してはいけません
・無くした物は思いもよらない所から出てくるでしょう
・生死の境は助かります
・熱心に信心しましょう
・訴訟事は主張がよく通るでしょう。

 

戸隠神社おみくじ 10番

第十番 改事兆(のりあらたむるのうらかた) 

過呼言改吉事従産成賜大八州国(あやまちをのりあらためしよごとよりうみなしたまふおほやしまのくに)

是は先にあやまち、後にあらためて吉を得たるの兆なれば何事によらず、あやまちありとおもわばかみたる人にしたがひ、教(おしえ)をうけて、すみやかに心を改め、行をただすべし。しからば順道を得て幸(さいわひ)あるべし。

○比は伊邪那岐伊邪那美(いざなぎいざなみ)の神を朝夕怠らずしんずべし・病事速(すみやか)に平癒(いゆ)べし・よろこび事十分待人来る殊(こと)に仕合(しあはせ)あり・方角は西よし・失物いづ・旅立・よめとりむことりよし・家造引越よし・生死は十のもの八九いく・うりかひ売さき買さきよし・訴訟事よし・勝負事いひぶんつ々しむときは利あらずといふ事なしとしるべし。

内容を確認する
最初は間違うかも知れないが、しっかりと反省して改善することで良い兆候がみられるようになる。そのために自身で間違いに気付いたら、先輩などその道の先にいる方から教えを受けて、しっかりと心を改め行動を正しくすべきです。これによって順を得て幸せにつながります。

信心すべき神様は「伊邪那岐神」「伊邪那美神」を朝晩しっかりと拝みましょう。

・病気は速やかに治癒する。
・喜びごとがあり、待人もくるし特別にめぐり合わせが良い。
・方角は西が良いでしょう。
・失くし物は出る
・旅行、嫁取り、婿取りもよし。
・家の新築・引越し良い。
・生死に関わる場合には80~90%は生きる。
・売り買いは売りが先でも買いが先でも良い
・訴訟ごと良い
・勝負事はつつしみを持てば利がある。認識しましょう。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ma-ko

科学の世界にどっぷりとつかり、企業で研究者の道を進んでいったものの。昔から神様が身近にいたことに気付く。 趣味のお城めぐりと一ノ宮めぐりをするうちに徐々に神話の世界と心の平穏について考えるように。現在はフリーランスのWEBディレクターとして楽しんでいます。

-日本の神様
-,

Copyright© nagomeru(なごめる) , 2019 All Rights Reserved.