日本の伝統的な暮らしで心おだやかに

nagomeru(なごめる)

神社参拝の方法

天河大弁財天社のおみくじの意味【71~80番】

更新日:

天河神社のおみくじについて

天河弁財天社のおみくじは、古代言霊御託宣というもので、古代と書かれていることもあり、古文のように難解な文章と崩し字で読みにくいといわれるおみくじの一つです。で書かれているのが特徴的です。
普段から昔の言葉を読みなれていないと、吉凶の判断くらいしかできない方も多いと思います。それでも崩し字はわからないものも存在します。

もし意味が分からないと思ったときには、年末年始などは混雑していて難しいかもしれませんが、天河神社の社務所で意味について聞くようにしてください。このページでは既にネット上に上がっている写真や実際に私が参拝したときにひいたおみくじを解読してまとめたものです。お役に立てば嬉しいです。

番号によって確認ページを準備しております。知りたい番号をクリックしてください。

天河神社神占

1番~10番
11番~20番
21番~30番
31番~40番
41番~50番
51番~60番
61番~70番
71番~80番

ネット上に画像や文章があるもののみ記載しております。不足しているものについて知りたい方は、お手数ですがお問い合わせフォームに全文をご記載の上連絡いただければ追加掲載いたします。

詩の部分の説明と今後のアドバイスが重要

「これハ~」から始まる右下部分は、神様からの特に重要なメッセージが書かれています。漢文で書かれた場面から読み取れることと占いの結果は対応しており、あなたの現在の状況からどのように今後振舞うのが良いのかが具体的に書かれている場所です。

心の状態について穏やかであるようにと教えているものが多く「慎みが大切」や「他人の助言を素直にきくように」、などが書かれています。大吉や吉などの吉凶の表記だけをみて満足しがちですが、大切な部分は右下。
しっかりと読み込み、今日から実践していくことをおすすめします。

各項目ごとの良し悪しの説明

「此れは~」以降の部分は、一般的なおみくじにも書かれる健康や商売、結婚などの個別事項に関してひとつずつ回答してくれる形で進みます。特におみくじを引く段階でアドバイスが欲しいと思った項目について参考にするのが良いでしょう。また、信仰すると良い神様についても具体的な名称を教えてくれます。現時点でご縁の強い神様である可能性は十分にありますので今後の神社めぐりの参考にされるのがおすすめ。

 

天河神社おみくじ71番の意味

第七十一番

『吉』

奥藻邉雖寄(ヲキツモハヘニハヨレドモ)
真寝床阿夛波(サネドコノアタハ)
奴妹歎給伎(ヌイモトナゲキタマヒキ)

▲此みくじにあふ人ハ 豊玉姫の命を信心すべし
▲病事ハながし神のちからを得て全快すべし
▲方角ハ 丑寅のかたよし
▲待ち人来らず
▲たび立わろし
▲家づくりわたまし元服人をかかへむことり みな末吉
▲失せ物出がたし
▲商ひ売り買ひともに利なし
▲縁談はほんもんのごとしみききをつくしてのち吉を得べし
▲くじ訴訟はかばかしからず
▲生死生る
▲しょうぶ事三分かち七分まけ
▲何事もよくよく慎みて過ちなし

内容を確認する
この御籤に逢う人はトヨタマヒメノミコトを信ずるべし(ワタツミの神の娘で海神国の姫だが山幸彦と結婚する。関西より西、特に九州に多く祀られる)
・病事は長くかかる、神の力により全快するでしょう
・方角は北東が吉
・待ち人は来ない
・旅立ち旅行などは悪い
・家を建てたり引越し、元服や婚礼、または人を雇うこと全て末吉
・失せ物、出にくい
・商売は利がない
・縁談はよくよく見極めた後に吉を得るでしょう
・訴訟事は思い通りではないでしょう
・生き死にに関わることは生きるでしょう
・勝負ごとは30%は勝ち、70%は負け
・何事もよくよく慎んでいればまちがいない

天河神社おみくじ72番の意味

第七十二番

『凶』

海山其幸々(ウミヤマノソノサチサチ)
易従各不夔(フカヘシヨリオノオノエズ)
弖鉤副失(テチサヘウセニキ)

これハ何事もこれまで仕来りし渡世をかたくまもりてつとむる時ハ心づかひなきうらかたなり その業をかへ他の事をうらやむ時ハたちまち仕合あしくなり行べし 商人ハもと手を失ふに至る恐れ慎みて心動かす事なかれ盗なんを防くべし

▲此みくじにあふ人ハほおりの命をしんじんすべし
▲病事ハながびくべし
▲方角はひつじさるの方よし
▲うせ物当分出ず年月すぎてのちに出る
▲まち人おそく来る
▲旅立わろし
▲家づくりわたましげんぷく人をかゝへ主とり半吉
▲えんだんわろし
▲くじそしようさまざまのしんく出来る終にハ拒前をはなるゝ程の事あるべし
▲生死十に七ツはいきる
▲勝負事は七分まけ三分かつべし
▲何事もひかへめにしてよし金ぎんによらずやりとりの事はかばかしからずとしるべし

天河神社おみくじ73番の意味

第七十三番

『吉』

鹽土老翁量(シホヅチノヲヂガハカリテ)
浪路旡間勝(ナミヂユクマナシカク)
間波造芹来(マハツクラセリケリ)

これハ是迄 人のすゝめによりよからぬみちにも入るのうらかたなり 心転変してうれひありといへどもおもひの外正しき人の助を得て吉に向べし 渡りに舟の幸ひも有りて末々たのもしきみくじなれバ深く思慮をめぐらすべし

▲此みくじにあふ人は塩土の老翁をしんじんすべし
▲病事ハほんぷうすべし
▲ほうがくハいぬゐの方よし
▲うせ物は出る
▲待人来る
▲たび立大によし
▲家づくりわたましげんぶく人をかゝへ奉公にでるによし
▲あきなひハ人の力をかりてすべし金主などもとめて手びろにして仕合よし
▲くじそしようすべからずそんもうあるべし
▲生死四分死六分生る
▲勝負事ハはん吉
▲何事も慎み深く仁を心に忘れざる時ハおもはざる幸い来るべし

意味を確認する
これは今までは他人の勧められるがままに良くない道(犯罪など後ろめたい行動をしていた)に入っているという兆しがある。精神的に不安定となって心配事などが出ているかもしれませんが、思わぬ正しい人、真面目な人の助けをもらって吉に向かうでしょう。望んでいることが準備されているというような好都合の事もおこります。のちのちに嬉しいことが起こるというおみくじですが、きちんと先を考えながら行動しましょう。

このおみくじを引いた方は塩椎神(しおつちのかみ)を信心しましょう。最も有名な塩椎神が祀られている神社は宮城県の志波彦神社・鹽竈神社(しわひこじんじゃ・しおがまじんじゃ)です。

・病気は完治する
・方角は北西がよい
・失くした物は出るでしょう
・待ち人は来る
・旅は非常に良い
・家の新築、引越し、人を雇う、就職は良い
・商売はよい、人の力を借りて行うこと。お金のある人とつながり広く行えば幸せになる。
・訴訟事は避けるように、消耗します。
・生死にかかわることは60%は生き、40%は死ぬ。
・勝負事は半々でしょう。
・どんなことにも謙虚さ慈悲の心さえ忘れなければ、思わぬ時に思わぬ幸運があるものです。

天河神社おみくじ75番の意味

第七十五番

『吉』

綿積神能量(ワタツミノカミノハカリテ)
鉤母潮満乾(ウリバリモシホノミチヒノ)
玉母令得(タマモエマシツ)

これハこれまで様々難渋の事ありといへども人のたすけを得て吉にむこうの兆なり 一たんハ住所をさるほどの事ありといへども帰るべきの時あり 縁だんとゝのひうせ物出るとしるべし 何事もおもひの外幸あり みに過ぎたる宝など手に入る事あるべし

▲此みくじにあふ人ハ豊玉彦の命をしんじんすべし
▲やまひ事ハながしといへどもおひおひほんぷくのとき至るべし
▲方角ハ西のかたよし
▲うせ物海かハの中にあるべし
▲待人来る
▲旅立大によし
▲あきなひハ売り買ひこみともによしやる手引く手に利じゆんあるべし
▲家づくりわたましげんぶく人をかかへ奉公に出るによし
▲くじそしよう事十分叶ふ
▲生死ハいきる
▲しょうぶ事十ぶんの勝なり
▲何事も思ひ立事すみやかにしてよしとしるべし

意味を確認する
今まで困難なことがあったけど、他者の援助を得て良い方向へ向かいます。現在の住まいを出て行くことがあるかも知れませんが、帰るべき時期が来ます。縁談はまとまり、失ったモノも出てくるでしょう。何事も想像以上に幸せがあります。また、身分不相応な貴重な物が手に入ることもあるでしょう。

このおみくじを引いた方は豊玉彦命を信心しましょう。豊玉彦命は大海津見神(おおわたつみのかみ)とも呼ばれる海の神様です。

・病気は長引くかも知れませんが必ず治ります。
・方角は西の方が良いでしょう。
・なくした物は海や川の中にあるでしょう。
・待っている人がいればすぐに来てくれるでしょう。
・旅行はとても良いでしょう。
・商売は売るのも買うのも良好で、行うことに利益が上がります。
・家の新築や引っ越しは、人を使って仕事としても良いでしょう。
・生死に関わることは100%生きる
・勝負事も十分に勝機があります。
・いつでも思い立ったことをすぐに実行すると良いと知りましょう。

天河神社おみくじ76番の意味

第七十六番

『凶』

佃旱魃水填(タツクレバヒデリミヅマシ)
潮溺惚若果(シホニヲボレタシナミハテ)
仁随尓来(ニマツロヒニケリ)

これハみの行ひ正しからずして人を挍ひ破るのうらかたにして身に災ひを引きうけおもひの外そんもう多くして負にせまるのかたち猜心を改めずして公の掟をそむき人にしたがふ心無時ハ立事なきに至むるべしふかくおそれつゝしむべし

▲此みくじにあふ人ハほでりの命をしんじんすべし
▲やまひ事ながし神々をふかくいのらバほんぷくすべし
▲方角ハ東しのかたよし
▲うせ物出る
▲まち人来る
▲たび立わろし
▲あきなひもと手をうしのふ事あるべし
▲家づくりわたましげんぶくよめとりむことりひとをかかえ主とりいづれもわるし
▲生死半死はんしやう
▲くじそしよう叶ひがたし
▲しやぶ事ハまけなるべし
▲何事もつゝしむの外すべしなしとしるべし

意味を確認する
このおみくじは普段の行動や考え方に誤りがあり、人間関係に問題が生じて身に災いが起こるという兆しです。想像よりもダメージがあります。他人を疑ったり社会の決まりに背いて、他人の言うことを聞くことができない時には良くないことが起こるでしょう。しっかりと自分を律して慎み深く行動しましょう。

このおみくじを引いた方は火照命(ホデリノミコト)を信心しましょう。ホデリノミコトは宮崎県の青島神社などに祀られています。

・病気は長くなります。神様を深く信心すれば回復もあるでしょう。
・方角は東が良い
・うせ物は出る
・待ち人は来る
・旅立ちは悪い
・商売は元手を失うこともあるでしょう
・家の新築、引越し、独立、嫁取り、婿取り、雇用、就職はどれも悪い
・生死にかかわることは50%は死に50%は生きる(生:しょう)
・裁判などは思う通りには行きにくいでしょう
・勝負事は負けます
・何事も行動をつつしむことが大切です

天河神社おみくじ77番の意味

第七十七番

『吉』

潮時急成弖(しおときもはげしくなりて)
島鳥鶺鵜羽(しまつとりつつのはも)
未葺合間(いまだふきあへぬまに)

これは心せわしく取乱したる様を人に見らるるの兆にして、ものに恥じるの心あり。あるいは出世してときめくといへどもその生い立ちを人に知らるるの形。氏なくして玉の輿に乗るというが如し、慎み深ければさしたる過ちあるべからずと知るべし

▲此の神籤に逢う人はあわかの大神を信心すべし
▲病事は本復すべし 女は安産するなり
▲方角は辰巳(南東)の方よし
▲失せ物 出る
▲待ち人 来る
▲旅立ち 悪ろし
▲商い 思いのほかに得分あるべし(思ってもみない利益が出るでしょう)
▲家造り渡坐(新築引越し) 急ぎてすべし。遅き時はさまたげあり
▲嫁取り婿取り 元服 人を抱え 主取り 奉公に出るによし
▲籤訴訟 時を待てば悪しき事なし
▲生き死に 十に八九は生きる
▲勝負事 勝つべきなり
▲何事も控えめにする時は成就すること疑いなし

 

意味を確認する
これは心落ちつかず取り乱す様子を人に見られてしまう兆しである。何かに対し恥ずかしいことに陥るでありましょう。出世して時の流れに乗って持てはやされる場合にも、その生い立ちなど余り知られたくないことを人に知られることが起きるかもしれません。女性は特に家柄がよくなくてもその器量のみで高い地位へと登れる如く、慎み深く謙虚に暮らしていけば大した過ちにあうことは無いでしょう。

あわかの大神を信心しましょう

あわかの大神は播磨(現在の兵庫県)を「国占め(その一帯を支配する)」した神とされる伊和大神の妻(妹)「阿和加比売命(あわかひめのみこと)」、播磨国一宮伊和神社の祭神のことかと思われます。

婚礼・冠礼・人を雇う・働き先を得る、全てよし

天河神社おみくじ78番の意味

第七十八番

『小吉』

赤壁御歌詠(アカダマノミウタヨマシテ)
白玉君我御(シラタマノキミガミヨ)
儀稱誉坒(ソヒトナヘホメマス)

これハ一たん心をうらむる事ありてわれよりへだつといへどもまた恋しきことありていひかいすの兆なり

あるひハまた人にめでらるることもあるべしつよきものハくだけやすく和らかなるものハまつたきことをこころへて用心すべし

▲此みくじにあふ人ハ豊玉姫の命をしんじんすべし
▲病ゐハはじめおどろく程の事ありとも日のたつにしたがひよきかたにむかふべし
▲方角ハ北のかたよし
▲うせ物出がたし
▲まち人来らず
▲たび立わろし
▲商ひハうり買ともにたいらなり
▲家づくりわたまし人をかかへ奉公に出るよし
▲えんだん半吉
▲くじそしょう叶ひがたし
▲勝負事まけかち定まらず
▲生死十に七八はいきる
▲何事もはかばかしき事なし心ながくするときハよしとしるべし

天河神社おみくじ79番の意味

第七十九番

『小吉』

奥津鳥鴨著(オキツトリカモツヲ)
嶌帰妹不忘(シマハカヘリ)
登御哥賜(トミカミカコヒノ)

これハいさゝかの事によりてあかねなかといへどもへだゝりありて思ふみ玉華のみ通ハすの兆にて何事もはかばかしからずされば潔き心をひねなしみに貞心をさしづかにおくるべしのちにハよき~あるべしよのおに用いて幸むべし

(※画像不明瞭につき解読できておりません)

▲此のみくじにあふ人ハ豊玉彦の神をしんじんすべし
▲病地ハはかばかしならずといへどもいのちにさわりなし
▲ほうがくハ丑寅のかたよし
▲うせ物でがたし
▲まち人来る
▲たび立わろし
▲商ひハかひいれはよしうりはそんもうおほし
▲家づくりわたましげんぷく人とかく奉公に出るによし
▲生死は三分死七分生る
▲くじそしよう事月かかりてよきさたなし
▲勝負事~~
▲何事もよしあしわかちがたしといへども子孫の末ハ華ゆく事あるの兆なり

 

天河神社おみくじ80番の意味

第八十番

『大吉』

白檮原宮初(カシハラノミヤニハツ)
國知食天皇乃(シロシメススメラミコトノ)
御世波萬代(ミヨハヨロヅヨ)

これハ末の子に生れても惣領の役をつとむべし 上たる人ハよく国家を治め下賤ハその家を治めすたれたるを起し たえたるをつぎ行末ますます栄え労して功あるの兆なり 猶も子孫はんじょうし目出度き事の数々限りあるべからず

▲此みくじにあふ人ハ天津神地津神をたふとみまつるべし
▲病事ハ日ならずしてほんぷくすべし
▲方角ハひつじさるかたよし
▲あきなひかひこみ十ぶん売先十二分の仕合わせあるべし
▲家づくりわたまし至てよし
▲縁談よめとりむことり人をひとをかゝへるによし
▲生死ハいきる
▲くじそしやう事叶ふ
▲勝負事かつべし
▲何事もたもふ事とげずと云事なく願事叶ハずといふ事なし よき種をまきおきてほうねんを見るがごとし万事吉兆と知るべし

意味を確認する
たとえ末子として生まれても、長子の役割をつとめるのが良い。
身分や地位の上である人は立派に国家を治め、下である人は自分の家を治め、
家のすたれたのを復興し、血筋の絶えたのを後継し、将来はどんどん栄え、
はたらきも多く手柄を立てるという兆しである。
ますます子孫は繁栄してめでたいことが数々際限なく起こるだろう。
天津神地津神(あまつくにつかみ)を尊敬しお祀りしなさい。

・病気は長引かずに治るだろう。
・方角は南西の方面は良い。
・商売は、買う方が10なら売れる方は12というような儲かる幸せがあるだろう。
・新築や引っ越しは、たいへん良い。
・嫁取り・婿取りをしたいのなら紹介者を替えるとうまくいく。
・生きるか死ぬかの(手術など)一大事は、生き延びる方になる。
・裁判はあなたにとってうまくいく。
・勝負事は勝つだろう。
・なんでも思い通りになり、願い事は全てかなう。
・今まで善根を施してきたから、それを収穫するように豊かな実りがあるだろう。
・何事も幸運の前触れと知りましょう。

さいごに

天河神社のおみくじはインターネット上にあまり出ていないので、意味の解読をお手伝いしたくてもなかなか思うように進みませんね。

もし、おみくじの画像をおくっていただければ、解読してアップさせていただきます。ご協力いただけると嬉しいです。

また、天河神社のおみくじは戸隠神社との共通点が多いです。信仰する神様についてのアドバイスは別である可能性もありますが、内容については参考になると思います。以下に戸隠神社のおみくじのリストを掲載しましたので、近い番号のものを選んでいただき確認してみてください。

戸隠神社も情報がないものが多い点ご容赦いただけると助かります。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ma-ko

科学の世界にどっぷりとつかり、企業で研究者の道を進んでいったものの。昔から神様が身近にいたことに気付く。 趣味のお城めぐりと一ノ宮めぐりをするうちに徐々に神話の世界と心の平穏について考えるように。現在はフリーランスのWEBディレクターとして楽しんでいます。

-神社参拝の方法
-,

Copyright© nagomeru(なごめる) , 2019 All Rights Reserved.