川崎大師のおみくじの意味の解読・解説【81~90番】

川崎大師のおみくじは字も読めないし意味も難しい

川崎大師のおみくじも漢文で書かれている部分が非常に読みにくいおみくじとして有名です。

しかも、「凶」が多いと評判のおみくじ。

パッと出会ってしまって凶のおみくじだけでも心にダメージを受けてしまっても良い場面。そこで、仏様からのメッセージを受け取れないのではもったいないですよね。

また、一般的な神社ではあまりみない、末小吉や半凶や末凶など凶の種類が豊富であることなど珍しい点も特徴です。

川崎大師のおみくじの順番

川崎大師は全部で12種類の吉兆の表記、100種類のおみくじからなります。

  • 大吉
  • 中吉
  • 小吉
  • 半吉
  • 末吉
  • 末小吉
  • 小凶
  • 半凶
  • 末凶
  • 大凶

川崎大師のおみくじの構成

川崎大師のおみくじは「元三大師みくじ」を使って作られている実は日本でも多く使われているおみくじなのです。

元三大師とは、912~985年に生きた天台宗の最高の位の僧になります。直接この僧侶が作ったわけではないですが、後の天台宗の僧が元三大師から夢枕でのお告げを受けて作ったとされる伝説のあるおみくじになります。

構成は、

  1. おみくじ番号と吉凶
  2. 漢文
  3. 漢文から読み取れる御託宣
  4. 詳細項目について

という大きく4部構成になっています。

特に漢文の部分からメッセージを読みやすくしてくれている御託宣部分も漢字が多かったり、現代語とはちょっと違う言い方をしているので難しいとされます。

nagomeruでは送っていただいたおみくじの画像からこの部分を特にわかりやすい現代の日本語に直して読み解いていきたいと考えています。

番号によって確認ページを準備しております。知りたい番号をクリックしてください。

川崎大師おみくじ

1番~10番
11番~20番
21番~30番
31番~40番
41番~50番
51番~60番
61番~70番
71番~80番
81番~90番
91番~100番

ネット上に画像や文章があるもののみ記載しております。
不足しているものについて知りたい方は、お手数ですがお問い合わせフォームに全文もしくは画像を添付の上ご連絡いただければ解読させていただきます。

川崎大師のおみくじの意味解説・解読

個別の解説に「走り人」というものがあります。病気や旅行などの項目と比べると、珍しいのでなれない方にはわかりにくい。

走り人とは

「走人・走り人」とは『はしりびと』と読み、自分の元から離れていった人のことを指します。疎遠になった人、いなくなった人、失踪した人のなかで気になる人物を考えれば良い。

川崎大師おみくじ81番

第八十一番

『吉』

道合須成合
先憂事更多
所求財宝盛
更変得中和

 

道合(かな)わば須(すべから)らく成合すべし
先に憂う、事の更に多きを
求る所の財宝盛んにして
更に変じて中和を得ん

 

川崎大師おみくじ82番

第八十二番

『凶』

火発応連天
新愁惹旧兼
欲求千里外
要渡更無船

火発して応に天に連なるべし
新愁、旧(きゅう)けんを惹く
千里の外を求めんと欲せば
渡りを要(もと)めて更に舟無し

 

川崎大師おみくじ83番

第八十三番

『凶』

挙歩出雲端
高枝未可攀
昻頭看皎月
猶在黒雲間

歩を挙げて雲端に出ず
高枝未だ攀(お)るべからず
頭を昻(あ)げて皎月を見れば
猶(なお)黒雲の間に在り

 

川崎大師おみくじ84番

第八十四番

『凶』

否極方無泰
花開値晩秋
人情不調備
財宝鬼来偸

否極まりて方に泰無し
花開いて晩秋に値(あ)う
人情調備せず
財宝、鬼来りて偸む

川崎大師おみくじ85番

第八十五番

『大吉』

望用何愁晩
求名漸得寧
雲梯終有望
帰路入蓬瀛

 

望用何ぞおそきをうれえん
名を求めて、漸くやすきを得たり
雲梯終に望み有つて
帰路、蓬瀛ほうえいに入る

 

川崎大師おみくじ86番

第八十六番

『大吉』

花発応陽台
車行進宝財
執文朝帝殿
走馬听声雷

智徳を現はし才幹を発揮する好機に会し充分に伸展して栄位財宝を得んとなり若し驕慢なれば顚落てんらくの憂目あるのみ益々智徳を磨き大師を念じて怠る勿れ幸福愈々加はらん

願望 徳あれば叶ふ才幹に応ずべし
悦び事 十分にあり
交友 友の大いなる援助を得べし
恋愛 自重する所に深き愛を得べし
婚姻 調ひて先行大いに幸福なり
出生 至極安らかなり
職業 知才共に発揮して充分の成果揚る驕る勿れ
住居 よろし
造作 さわりなし
旅行 出でゆく先もよし
方角 西の方よし
訴訟 名声揚るに従つて解決は容易なり
勝負 勝越し
売買 共に有利なり大いに売買してよし
貸借 融資に充分役立つべし
待ち人 来る
失せ物 出る
走り人 尋ねずとも帰るべし
疾病 本復すべし

ひらきて陽台に応じ
車行きて宝財を進む
文をり、帝殿に朝し
馬をせ、声雷を

川崎大師おみくじ87番

第八十七番

『大吉』

鑿石方逢玉
淘沙始見金
青霄終有路
只恐不堅心

成功の陰には必ずや苦心研鑽骨身を削るものあらん難事を遂ぐる之又堅忍不抜の信念を要す一心もつて大師を念ずれば大願成就の時将に至るべし

願望 苦心の賜なればその大小に従って叶うべし
悦び事 稍遅きもあり
交友 金玉の如き友を得て己も磨かるべし
恋愛 支障の如きは相手が堅実の為めなり進みてよし
婚姻 調ふ婚後は忍苦する程幸福大なり
出生 かるし
職業 精勤なれば成功すべし
住居 さわりなし
造作 よろし
旅行 よし
方角 東北の間よろし
訴訟 堅き信念を以てすれば遂に大勝利あり
勝負 勝越し
売買 初め試買ひよし後売買共に大いに有利のなるべし
貸借 金融面に資する大なり
待ち人 来るべし
失せ物 出づべし
走り人 手間取るも帰るべし
疾病 本復すべし

 

意味を確認する

石をうがちてまさに玉に逢い
すないで始めて金を見る
青霄ついに路あるも
只恐らくは堅心ならざるを

成功するためには、多少困難や大変だと感じる難しいミッションに立ち向かうだけの心の強さが必要です。しっかりと大師様を念じれば、その願いは実現するでしょう。

 

川崎大師おみくじ90番

第九十番

『大吉』

一信向天飛
秦川舟自帰
前途成好事
応得貴人推

信念を以て一度困難を突破すれば財宝自ら懐に入るべし大師を念じ堅実に進めば前途の多幸を加護せらるべし

願望 一飛躍する信念あれば大いに叶ふ
悦び事 十分にあり
交友 戦友の援助大なり
恋愛 相愛に幸福来るべし
婚姻 調ひて先幸又大によし
出生 至極かるし
職業 熟達の人は成功の機会到る
住居 さわりなし
造作 よろし
旅行 先幸をうくべし
方角 西の方よし
訴訟 有力なる援けあり思はぬ勝味なり
勝負 勝越し
売買 こゝ一番踏切り肝甚なり後は利分大なり
貸借 融資面調ひて好都合なり
待ち人 来る
失せ物 労すれど出づべし
走り人 かへるべし
疾病 重く見ゆるも本復すべし

最新情報をチェックしよう!