川崎大師のおみくじの意味の解読・解説【31~40番】

川崎大師のおみくじは字も読めないし意味も難しい

川崎大師のおみくじも漢文で書かれている部分が非常に読みにくいおみくじとして有名です。

 

しかも、「凶」が多いと評判のおみくじ。

パッと出会ってしまって凶のおみくじだけでも心にダメージを受けてしまっても良い場面。そこで、仏様からのメッセージを受け取れないのではもったいないですよね。

また、一般的な神社ではあまりみない、末小吉や半凶や末凶など凶の種類が豊富であることなど珍しい点も特徴です。

川崎大師のおみくじの順番

川崎大師は全部で12種類の吉兆の表記、100種類のおみくじからなります。

  • 大吉
  • 中吉
  • 小吉
  • 半吉
  • 末吉
  • 末小吉
  • 小凶
  • 半凶
  • 末凶
  • 大凶

川崎大師のおみくじの構成

川崎大師のおみくじは「元三大師みくじ」を使って作られている実は日本でも多く使われているおみくじなのです。

元三大師とは、912~985年に生きた天台宗の最高の位の僧になります。直接この僧侶が作ったわけではないですが、後の天台宗の僧が元三大師から夢枕でのお告げを受けて作ったとされる伝説のあるおみくじになります。

構成は、

  1. おみくじ番号と吉凶
  2. 漢文
  3. 漢文から読み取れる御託宣
  4. 詳細項目について

という大きく4部構成になっています。

特に漢文の部分からメッセージを読みやすくしてくれている御託宣部分も漢字が多かったり、現代語とはちょっと違う言い方をしているので難しいとされます。

nagomeruでは送っていただいたおみくじの画像からこの部分を特にわかりやすい現代の日本語に直して読み解いていきたいと考えています。

川崎大師のおみくじの意味解説・解読

川崎大師おみくじ31番

第三十一番

『末吉』

鯤鯨未変時
且守碧潭淇
風雲興巨浪
一息過天池

未だ好機にあらず焦るべからず先の飛躍に備へて実力を蓄ふべし一心に大師を念じて時を待つべし幸を加護せらるべし

願望 時を気水に待つべし分に応じて達すべし
悦び事 遅く後少しく来る
交友 今は平凡な友と思へど後に有力なる助力を得ん
恋愛 今焦るは不可なり喜を願はゞ時をまつ外なし
婚姻 らちあかず心配すれど後まとまるべし
出生 手間とりて重し
職業 不遇をかこつもやがて徳望により功なるべし
住居 さはりなし
造作 工作よろし
旅行 出てさわりなし
方角 東北の間よし
訴訟 始めおくれ立ちて敗色あるも実力にて勝つべし
勝負 漸くにして勝つ
売買 急ぐべからず過慾なれば損失大なり
貸借 焦れば解決困難にしてこげつき貸となる
待ち人 おそし
失せ物 でるもおそし
走り人 便りはあるべし帰るは遅し
疾病 長びくも生命はとりとむべし

意味を確認する

鯤鯨こんげい未だ変ぜざるの時
しばら碧潭へきたんふちを守れ
風雲、巨浪を興さば
一息天池を過ぎん

北の果てにいるという巨大な魚もまだ大鵬という大きな鳥に変身していない。あなたも時の来るまでは、しばらく深い水の淵に身を潜めて力をためる時期。時が来て風雲が巻き起こったならば一気に天の果てまで飛んでいくことができるでしょう。

川崎大師おみくじ32番

第三十二番

『吉』

似玉蔵深石
休将故眼看
一朝良匠別
方見宝光寒

才幹あるもの陰徳をなす者は何時か顕はるゝるなり正しき苦難はまた醐ゐらるべし大師の信仰深ければやがては光栄に輝くべし

願望 焦らず時の熟するを待てば大いに叶ふべし
悦び事 予て思ふたるより悦事大いなり
交友 友情の篤きに感激すべし
恋愛 お互ひの情は不言の中に深し
婚姻 調ひすべて幸なり
出生 幸運なるよき子を得べし
職業 御加護によりて大いに成果を結ぶべし
住居 さわりなし
造作 手なをしよし
旅行 出先またよし
方角 南西の間とりてよし
訴訟 正しきは必ず長びくとも勝訴なり
勝負 勝み多し
売買 共に有利に運ぶべし
貸借 時を貸して親切なればよき解決を得べし
待ち人 遅くとも来る
失せ物 思ひ設ける所より出づべし
走り人 見出すべし
疾病 長びくべししかし本復すべし

意味を確認する

玉の深石にかくるるに似たり
故眼こがんって看るを休めよ
一朝、良匠別ち
まさに宝光の寒きを見ん

川崎大師おみくじ34番

第三十四番

『吉』

臘木春将至
芳菲喜再新
鯤鯨興巨浪
挙鈎禄為真

 

意味を確認する

臘木ろうぼくまさに至らんとし
芳菲ほうひ、喜び再び新たなり
鯤鯨こんげい巨浪を興し
つりばりを挙ぐれば禄まことたり

川崎大師おみくじ35番

第三十五番

『吉』

射鹿須乗箭
胡僧引路帰
遇道同仙籍
光華映晩暉

意味を確認する

鹿を射るはすべからく箭に乗ずべし
胡僧、路を引いて帰る
道に遇う、仙籍を同じうするに
光華、晩暉に映ず

川崎大師おみくじ36番

第三十六番

『末吉』

先損後有益
如月之剥蝕
玉兎待重生
光華当満室

意味を確認する

先に損じ、後に益有り
月の蝕を剥ぐが如し
玉兎ぎょくとの重ねて生ずるを待て
光華まさに室に満つべし

川崎大師おみくじ37番

第三十七番

『末吉』

陰靉いんあい未だ通ずるあたわず
名を求めて亦未だ逢わず
幸然すべからず変有るべし
一箭双鴻そうこうあた

[/su_spoiler]

川崎大師おみくじ38番

第三十八番

『半吉』

月照天書静
雲生霧彩霞
久想離庭客
無事惹咨嗟

意味を確認する

月は照りて店書静かなり
雲は生じ、霧は霞を彩る
久しく想う、離庭の客
事無くして、咨嗟しさ

川崎大師おみくじ39番

第三十九番

『凶』

望用方心腹
家郷被火災
憂危三五度
由損断頭材

意味を確認する

望用、心腹にあた
家郷火災をこうむ
憂危三五度
なお頭材を損断するがごとし

川崎大師おみくじ40番

第四十番

『小吉』

中正方成道
姦邪恐惹愆
壷中盛妙薬
非久去煩煎

意味を確認する

中正方に道を成す
姦邪恐らくあやまちを惹かん
壷中妙薬を盛る
久しきに非ずして煩煎はんせんを去らん

最新情報をチェックしよう!