川崎大師のおみくじの意味の解読・解説【41~50番】

川崎大師のおみくじは字も読めないし意味も難しい

川崎大師のおみくじも漢文で書かれている部分が非常に読みにくいおみくじとして有名です。

 

しかも、「凶」が多いと評判のおみくじ。

パッと出会ってしまって凶のおみくじだけでも心にダメージを受けてしまっても良い場面。そこで、仏様からのメッセージを受け取れないのではもったいないですよね。

また、一般的な神社ではあまりみない、末小吉や半凶や末凶など凶の種類が豊富であることなど珍しい点も特徴です。

川崎大師のおみくじの順番

川崎大師は全部で12種類の吉兆の表記、100種類のおみくじからなります。

  • 大吉
  • 中吉
  • 小吉
  • 半吉
  • 末吉
  • 末小吉
  • 小凶
  • 半凶
  • 末凶
  • 大凶

川崎大師のおみくじの構成

川崎大師のおみくじは「元三大師みくじ」を使って作られている実は日本でも多く使われているおみくじなのです。

元三大師とは、912~985年に生きた天台宗の最高の位の僧になります。直接この僧侶が作ったわけではないですが、後の天台宗の僧が元三大師から夢枕でのお告げを受けて作ったとされる伝説のあるおみくじになります。

構成は、

  1. おみくじ番号と吉凶
  2. 漢文
  3. 漢文から読み取れる御託宣
  4. 詳細項目について

という大きく4部構成になっています。

特に漢文の部分からメッセージを読みやすくしてくれている御託宣部分も漢字が多かったり、現代語とはちょっと違う言い方をしているので難しいとされます。

nagomeruでは送っていただいたおみくじの画像からこの部分を特にわかりやすい現代の日本語に直して読み解いていきたいと考えています。

川崎大師のおみくじの意味解説・解読

川崎大師おみくじ41番

第四十一番

『末吉』

有物不周旋
須防損半辺
家郷煙日裡
祈福始安全

 

 

物有り周旋せず
須(すべから)く半辺を損ずるを防ぐべし
家郷は煙火の裡(うち)
福を祈りて始めて安全  

川崎大師おみくじ42番

第四十二番

『吉』

桂華春将到
雲天好進程
貴人相遇処
暗月再分明

 

 

桂華春将(まさ)に到らんとし
雲天程(みち)を進むるに好し
貴人相遇うの処
暗月再び分明なり

 

川崎大師おみくじ43番

第四十三番

『吉』

月桂将相満
追鹿映山渓
貴人乗遠箭
好事始相斉

 

月桂将(まさ)に相満たんとし
鹿を追うて三渓に映ず
貴人遠箭に乗ず
好事始めて相斉(あいととの)う

川崎大師おみくじ45番

第四十五番

『吉』

有意興高顕
禄馬引前程
得遇雲中箭
芝蘭満路生

 

意(こころ)有りて高顕(こうげん)を興さんとすれば
禄馬、前程に引く
雲中の箭に遇うを得て
芝蘭、路に満ちて生ず

川崎大師おみくじ46番

第四十六番

『凶』

雷発震天昏
佳人独掩門
交加文書上
無事也遭巡

 

雷発し、天に震(ふる)って昏(くら)く
佳人独り門を掩(おお)う
文書の上に交加す
事無くして也(また)遭巡(てんちゅん)

川崎大師おみくじ48番

第四十八番

『末吉』

見禄隔前渓
労心休更迷
一朝逢好渡
鸞鳳入雲飛

 

禄を見るも前渓を隔つ
心を労して更に迷うを休(や)めよ
一朝、好渡に逢わば
鸞鳳、雲に入って飛ばん

川崎大師おみくじ49番

第四十九番

『吉』

正好中秋月
贍蜍皎潔間
暗雲知何処
故故両相攀

 

正に好し、中秋の月
贍蜍(せんじょ)、皎潔(こうけつ)の間
暗雲何れの処なるかを知らんや
故々両(ふたつ)相攀(よ)ず

川崎大師おみくじ50番

第五十番

『吉』

有達宜更変
重山利政逢
前途相偶合
財禄保亨通

 

有達(ゆうたつ)宜(よろ)しく更変すべし
重山、利まさに逢う
前途相偶合し
財禄亨通(こうつう)を保たん

最新情報をチェックしよう!