川崎大師のおみくじの意味の解読・解説【1~10番】

川崎大師のおみくじは字も読めないし意味も難しい

川崎大師のおみくじも漢文で書かれている部分が非常に読みにくいおみくじとして有名です。

 

しかも、「凶」が多いと評判のおみくじ。

パッと出会ってしまって凶のおみくじだけでも心にダメージを受けてしまっても良い場面。そこで、仏様からのメッセージを受け取れないのではもったいないですよね。

また、一般的な神社ではあまりみない、末小吉や半凶や末凶など凶の種類が豊富であることなど珍しい点も特徴です。

川崎大師のおみくじの順番

川崎大師は全部で12種類の吉兆の表記、100種類のおみくじからなります。

  • 大吉
  • 中吉
  • 小吉
  • 半吉
  • 末吉
  • 末小吉
  • 小凶
  • 半凶
  • 末凶
  • 大凶

川崎大師のおみくじの構成

川崎大師のおみくじは「元三大師みくじ」を使って作られている実は日本でも多く使われているおみくじなのです。

元三大師とは、912~985年に生きた天台宗の最高の位の僧になります。直接この僧侶が作ったわけではないですが、後の天台宗の僧が元三大師から夢枕でのお告げを受けて作ったとされる伝説のあるおみくじになります。

構成は、

  1. おみくじ番号と吉凶
  2. 漢文
  3. 漢文から読み取れる御託宣
  4. 詳細項目について

という大きく4部構成になっています。

特に漢文の部分からメッセージを読みやすくしてくれている御託宣部分も漢字が多かったり、現代語とはちょっと違う言い方をしているので難しいとされます。

nagomeruでは送っていただいたおみくじの画像からこの部分を特にわかりやすい現代の日本語に直して読み解いていきたいと考えています。

ネット上に上がっている写真や実際に私が参拝したときにひいたおみくじを解読してまとめております。今後の生き方の参考になれば嬉しいです。

番号によって確認ページを準備しております。知りたい番号をクリックしてください。

川崎大師おみくじ

1番~10番
11番~20番
21番~30番
31番~40番
41番~50番
51番~60番
61番~70番
71番~80番
81番~90番
91番~100番

ネット上に画像や文章があるもののみ記載しております。
不足しているものについて知りたい方は、お手数ですがお問い合わせフォームに全文もしくは画像を添付の上ご連絡いただければ解読させていただきます。

川崎大師のおみくじの意味解説・解読

個別の解説に「走り人」というものがあります。

走り人とは

「走人・走り人」とは『はしりびと』と読み、自分の元から離れていった人のことを指します。疎遠になった人、いなくなった人、失踪した人のなかで気になる人物を考えれば良い。

川崎大師おみくじ1番

第一番

『大吉』

七宝浮図塔
高峰頂上安
衆人皆仰望
莫作等閑看

威勢強く多くの人に尊ばる・人なり 凡そ人の上に立つ程の人なれば常に己を慎み大師を念じて和やかにすべし然らざれば人に疎まれ名を傷つけ勢威を失墜すべし

意味を確認する

七宝の浮図の塔
高峰頂上に安んず
衆人皆仰ぎ望む
等閑の看を作す莫れ

金銀など煌びやかな七宝で作った仏陀の塔が、高い峰の上に立っています。

人々皆はこれを仰ぎ見て尊いというが、ただその塔の見た目が素晴らしいのではないことを認識しましょう。

このおみくじを引いた方は威勢が良く多くの方に尊敬されるような人物です。人の上に立つだけの能力を持つ人だからこそ、己の言動を慎まなければなりません。大師様を念じて平和を大切にしましょう。これができない場合には、他人から嫌われて勢いが失墜するでしょう。

川崎大師おみくじ2番

第二番

『小吉』

月被浮雲翳
立事自昏迷
幸乞陰公祐
何慮不開眉

何事も初めは意に満たぬこと多きも焦らず真心こめて為さば大師の御加護によりて障害消え打ち開ける時来り悦びにあふべし

願望 初め意に副はざるも時を経て叶ふ
悦び事 時を待つべしやがて来るべし
交友 真心通ぜず苦慮するも後相共に了解すべし
恋愛 誤解ほどなく解けて楽しき時来るべし
婚姻 後まとまるも慎重に運ぶをよしとす
出生 安産なり
職業 初め苦労多したゆまざれば後功をみとめらる
住居 宅がへあし見合はすべし
造作 あまり手をつけね方よし
旅行 出るときより行先は楽し
方角 西南の方よし
訴訟 始め旗色悪きも後よしその時和解してよし
勝負 負越しなり
売買 急ぐは損なり
貸借 初め不調なれども後談まとまる
待ち人 遅くとも来るべし
失せ物 出でず
走り人 出先にて困り戻るべし
疾病 長引くとも本復すべし

意味を確認する

月は浮雲におおわれ
事を立てるに自ずから昏迷す
陰公のたすけを幸乞うも
何ぞはからん眉の開かざるを

月が雲の後ろに隠れてしまい物事を始めるときに先行きが読みにくく迷いが生じるでしょう。そんな時に月に向かって早く明るくしてくださいと助けを求めても、思った通りにはならず。その月はなかなか笑顔を見せてくれない。

最初のうちはうまくいかないことも多いですが、すべてに真剣に取り組みましょう。すると大師様の御加護によって問題は解消し、幸せを感じられる状態になってゆくでしょう。

願望 最初は思っているように進んでいないように感じるかもしれないが、時間がたって叶います。
悦び事 時が来るのを待てば、良いことがあるでしょう。
交友 思いが通じず苦労するけれど、あとでお互い理解できるようになるでしょう。
恋愛 誤解があるが、それは解けて楽しい時間がやってきます。
婚姻 結果としてまとまりますが、慎重に動くのがよいです。
出生 安産となります。
職業 最初は難しいと感じますが、しっかりと努力していれば後で成功します。
住居 家を帰るのは悪い、見合わせましょう。
造作 あまり作業しない方が良い
旅行 旅行に行くなら、行った先で楽しみがあります。
方角 西南の方が良い。
訴訟 始めはうまくいかなそうですが、あとで良くなる。その時には和解して良いです。
勝負 負が多くなります。
売買 急いでしまうと損してしまいます。
貸借 初めは不調ですが、後になって話がまとまります。
待ち人 遅くなるが来るでしょう。
失せ物 出てきません。
走り人 出先にて困って戻ってくるでしょう。
疾病 長引きますが、回復するでしょう。

川崎大師おみくじ3番

第三番

『凶』

愁悩損忠良
青霄一●香
雖然防小過
閑慮覚時長

川崎大師おみくじ4番

第四番

『吉』

累有興雲志
君恩禄未封
若逢侯手印
好事始●●

川崎大師おみくじ6番

第六番

『末吉』

宅暮鬼凶多
人事有爻訛
傷財防損失
祈福始中和

道に踏み迷ひ後本道に出づるが如し巳が過を改め誠をつくし一心に大師を念じ心の和をはかりて幸の至るを待つべし

願望 願ひごと叶はず思ひ止まるべし
悦び事 始め悪しく後吉
交友 反りて恨を受くる事あるも真を尽すべし
恋愛 仲たがひを生ずることあり心すべし
婚姻 悪し
出生 思ひしよりも遅れて産る但し軽し
職業 思はしからぬ事多かるべし心をつくすべし
住居 移るは悪し
造作 控目にする事よし
旅行 よろしからず
方角 東の方又は北の方よし
訴訟 勝目なし
勝負 勝負なし
売買 売てよし買は買つてのちよし
貸借 共に控ふべし
待ち人 来るともおそかるべし
失せ物 出でかたし
走り人 時を過さずば帰るべし
疾病 大病なれども治す注意して看護すべし

 

意味を確認する

宅暮鬼凶多く
人事爻訛こうか有り
財をいたんで損失を防ぎ
福を祈りて始めて中和を得ん

最悪の運勢で魔物のたたりと考えられる事象も多いでしょう。一身上の出来事に嘘や真実が混ざって混乱を生じるかもしれません。お金のことを心配して損失を防ぎ、神仏に福を祈れば人間の本道に立ち返ることができるでしょう。

願望 願い事は叶いません、今一度考えなおしましょう
悦び事 最初は悪いですが後になって好転する
交友 今までの状態から一転して恨みを買うこともあります、しかしそれでも誠実な対応をしましょう
恋愛 ケンカが起こることがあります、注意しましょう。
婚姻 悪い
出生 思っているよりも遅く生まれます、ただお産自体は軽いです
職業 予想外の事態が多いです、用心しましょう。
住居 家を移るのは悪い
造作 控目にするのが良い
旅行 良くない
方角 東の方か、もしくは北の方角が良い
訴訟 勝目なし
勝負 勝ち負けはつかない
売買 売りは良い、買いは後になって良いと判断できる
貸借 どちらにしても控えるのが良い
待ち人 来るのですが、遅くなるでしょう
失せ物 出るのは難しい
走り人 遅くなり過ぎなければ帰るでしょう。早く手を打つように。
疾病 大病ですが治ります。注意して看護しましょう

川崎大師おみくじ7番

第七番

『凶』

鳥の翅を失へるが如し進退両難の姿なり急がば思はぬ不幸に遇ふべし常にまことをつくして大師を念じて時の至るを待つべし

願望 叶ひがたきも末のためにはなるべし
悦び事 なし
交友 互ひに喰違ひあれど底意は変らぬなり
恋愛 苦慮あるべきも静かに雲のはるゝをまつべし
婚姻 悪し
出生 難渋なり
職業 仕なれたる事はよし変りたる事始むるは悪し
住居 当分今のまゝがよし
造作 半吉なり
旅行 悪し
方角 北東又は東の方よし
訴訟 有利の材料乏し先ず敗訴するべし
勝負 勝負なし
売買 見透し悪し共に暫く時を待つべし
貸借 貸回収遅るべし借は督促●るべし
待ち人 途に障ありて来らず
失せ物 出で難しされど早く尋ぬればでることあり
走り人 思はしからずしてかへる●し
疾病 本復しがたし若し長引けば助かるべし

意味を確認する

鳥が翼を失ってしまったように身動きとるのが難しい困難な状態、急ぐと思ってもみなかった不幸がやってきます。常に正直さを忘れず、大師様を念じて良いときが来るのを待ちましょう。

川崎大師おみくじ8番

第八番

『大吉』

勿頭中見尾
文華須得理
禾刀自偶然
当遇非常喜

心を凛として高くもち徳をほこらず実意を致さば大師の功徳により自ら幸は門辺に来るべし

願望 叶ふべしされどひが事ならば後の災あり
悦び事 心正しき人は喜びあり
交友 よき友を得べし
恋愛 すぐれた人に相愛をうく心を尊く持つべし
婚姻 初め憂あれども後にまとまるべし
出生 安産なり
職業 自らの才能をあらはし得てほまれあるべし
住居 よし信心深ければ後々までよし
造作 さわりなし
旅行 よしされど道にてゆだんせば損することあり
方角 南西又は東南の方よし
訴訟 大いに都合よく勝をうべし
勝負 心を高くもちてのぞめば勝利なり
売買 十分よしされど時を過せば悪し
貸借 不相応の考へにてなすべからず
待ち人 来るべし
失せ物 思ひもよらぬ所より出て来るべし
走り人 心得ちがひをさとりてかへるべし
疾病 本復すべし

意味を確認する

頭中に尾を見ることなか
文華すべからく理をべし
禾刀かとうおのずから偶然
まさに非常の喜びに遇うべし

川崎大師おみくじ9番

第六番

『大吉』

有名須得遇
三望一朝遷
貴人来指処
華果応時鮮

あたかも旭日天に昇るが如し願望所達の好機なり只管大師を念じ正道を躍進すれば大いに志望を遂ぐべし

願望 十分叶ふべし先輩の意見に従ふべし
悦び事 十分にあり
交友 有力な友の援けをうくべし
恋愛 幸なる愛をうく先幸よし
婚姻 大いによろし先も多幸なるべし
出生 安産なり
職業 自分の能力にほこるなかれ十分の力をあらはさん
住居 宅をかへてもよし
造作 さはりなし
旅行 よし行先も幸なり
方角 北西の方又は東の方よし
訴訟 勝算十分なり進みてよし
勝負 必ず勝つべし
売買 共によし大いに利あるべし
貸借 人にさからはぬやうにすべし
待ち人 来るべし殊に仕合せよし
失せ物 出づべし高き所をたづねべしおそくては出がたし
走り人 早速帰る迎へを出せばなほ早し
疾病 本復すべし

意味を確認する

有名すべからく遇を得べく
三望一朝にうつ
貴人来りて指す処
華果時に応じて鮮やかなり

まるで太陽が天に昇るような勢いで、願望実現するチャンスが訪れています。ただただ、大師様を念じて素直で正しい道を進むようにしていれば、願うように成功することができるでしょう。

 

 

最新情報をチェックしよう!