TAG

神社解説

【淡路国一之宮】伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)|国生み神話に関係する日本最古の神社

伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)とは 淡路島に鎮座する伊弉諾神宮は日本最古ともいわれる神社の一つです。「いっくさん」との愛称で呼ばれ親しまれています。御祭神は古事記や日本書紀で国生みの神話に登場する伊弉諾尊と伊邪那美になります。 男神である伊弉諾と女神の伊邪那美は日本の八島を作った神様。さらに伊弉諾は天照大神、月読、スサノヲなど三貴神をはじめ多くの神様を誕生させます。 伊弉諾は最初にできた淡路島の多 […]

【伊豆國一之宮】三嶋大社(静岡県三島市)

三嶋大社の創建時期は不詳で社名の由来も諸説ありますが、奈良時代の古書に記録が残っていることから、その歴史の長さがうかがえます。 源頼朝が篤く信仰し旗揚げの際に戦勝祈願を行ったことで有名で、境内には頼朝や妻の政子が休息したといわれる腰掛け石など頼朝ゆかりの場所が残されています。 頼朝以降の鎌倉幕府の将軍も代々参詣し、その後も争乱の際には数多くの武将が祈願に訪れました。さらに三島が宿場町として栄えたた […]

【上総国一ノ宮】春分・秋分のレイライン日本東端の神社「玉前神社」(千葉県一宮町)

1200年の歴史があるとされる玉前たまさき神社は、子授け、出産など女性を守る神様を祀る神社。 境内には「子宝・子授けのイチョウ」と呼ばれる三本のイチョウの木があります。雄木、雌木、子供の木の順に触ってお願い事をすると、子宝に恵まれるという言い伝えがあります。 また、玉前神社は春分の日、秋分の日に太陽の通り道となるレイラインを通されている神社。出雲大社、元伊勢、富士山、寒川神社と国内有数のパワースポ […]

宮崎の観光名所で縁結びで有名!青島神社(宮崎県宮崎市)

青島神社は鬼の洗濯岩という凸凹の地層が見える岩に囲まれた青島の中にあります。 青島は周囲1.5kmほどの小さな島で、亜熱帯性の植物が残っていることから国指定の天然記念物となっています。 創建の時期は不明ですが、平安時代にすでに「青島大明神」という記述が残っており、かなり古くから信仰があったものとされています。 昔は入島自体が禁止されていた神聖な場所。宮崎観光と合わせて参拝しやすい神社ですので是非参 […]

桃山様式の社殿が国宝の青井阿蘇神社(熊本県人吉市)

阿蘇神社には12の祭神が存在しますが、この青井阿蘇神社にはそのうちの建磐龍命をはじめとして3柱が祀られている。 創建されたのは806年で黒漆を基調とし、赤漆をアクセントにした桃山様式の楼門が有名です。極彩色が入ったこの楼門は江戸時代初期に作られたもの。一連の社殿が同時期に造営された貴重な建築ということから国宝に指定されています。地元では親しみを込めて「青井さん」と呼ばれており、大切にされている神社 […]

天空の宮「太郎坊宮」は勝ち運のご利益が得られる神社(滋賀県東近江市)

太郎坊宮(たろうぼうぐう)は正式名称は「阿賀神社」。通称として太郎坊宮や太郎坊阿賀神社として呼ばれている神社です。滋賀県の東近江市にある知る人ぞ知る神社。 天空の神社と例えたくなるような、高いところの岩に建つ姿は遠くから見ても圧巻です。 太郎坊宮のある赤神山は昔の人が神様が降りたと感じたのがすぐにわかる、オーラのある山の神様でした。 駐車場は一番上が楽です 誰もが楽をしたいとは思わないでしょうが、 […]

【伊予国一ノ宮】山の神様の総本社 大山祇神社へ参拝しよう(愛媛県今治市)

大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)は、自然豊かな瀬戸内海の大三島(おおみしま)にあります。今治港から船やフェリーで渡ることでもいけますし、しまなみ海道という広島県の尾道と愛媛県の今治をつなぐ高速道路でも行くことができます。大三島はかつては、神の島という意味の「御島」と呼ばれ、人々に崇められてきました。 各地の三島神社の総本山であり、日本総鎮守とも呼ばれる神社。 古くから瀬戸内海は海路の要衝で、平安 […]

九頭龍神社本宮は龍神パワーをもらえる箱根最強の神社(神奈川県箱根町)

九頭龍神社の御祭神 御祭神 九頭龍大神(九頭龍明神) 主なご利益は? 縁結び・心願成就・金運上昇 現在は縁結びの神様として女性を中心に人気がありますが、元々は会社の経営者や事業家などの成功者と呼ばれる方々も多く参拝しているといわれていました。 車で九頭龍神社本宮へ行きました 船に乗って行くだけが九頭龍神社本宮へ行く方法だと思っている方も多いかと思いますが、実は車と徒歩で普通にたどりつくことができる […]

神社の社格の順位について~神宮・大社・宮の違いとランクについて~

神社の参拝をしていると、○○神社というものが一般的である一方で大きな神社や有名な神社になると○○大社とか、○○宮とか名前が同じではないですよね。 なんとなく感じるこの神社の名前の最後につく部分は「社号」といいます。 現在使用されているものは「神宮」「大社」「宮ぐう」「大神宮」「神社」などの社号が一般に用いられている。今回はそれぞれの社号やちょっと変わった社号など解説していきます。 社号と社格は同じ […]

【遠江国一ノ宮】言霊の神様のご利益がいただける事任八幡宮(静岡県掛川市)

事任八幡宮ことのままはちまんぐうは旧東海道の日坂宿と掛川宿の間にある神社。神社の名称からも伝わってくるのですが、この神社は「言葉のままに願いが叶う」といわれる人気の神社です。通常の八幡宮は誉田別尊(ほむたわけのみこと)のみが祀られていることが多いが、事任八幡宮は玉依姫も合祀されている。非常に歴史が深く、延喜式には「己等乃麻知神社(ことのまちのかむやしろ)」と記載され、860年には従五以下に叙せられ […]